月別アーカイブ: 2月 2011

マリファナガール #9


マリファナガール #9

ファンにはたまらない!
無漂白ペーパーが大人気のRAWから金属製のタバコトレイ4サイズ登場!


カテゴリー: マリファナガール | コメントは受け付けていません。  


グラミー賞3冠のレディー・ガガが曲作りのために大麻を吸うと告白


ladygaga
以下セレブレティニュースより

独創的な発想の持ち主として知られるレディー・ガガが、テレビ局CBSのインタビュー番組「60 Minutes」に登場し、曲作りのためにたくさんの大麻を吸うと正直に告白した。

ガガはアメリカ時間2月13日に開催された第53回グラミー賞で最優秀ポップ・アルバムなど3部門を受賞した。その授賞式の前番組であった「60 Minutes」でのインタビューで、ガガは司会者であるアンダーソン・クーパーに、「私は曲を書く時にたくさんの大麻を吸うのよ。私はしらふでまじめな人間ではないので、この番組のために嘘をつくことはしないわ」と言い、堂々と大麻使用を明かしたのだ。

バラク・オバマ大統領が過去に大麻を吸ったと認めているほど、アメリカでは大麻使用に対してかなり寛容である。ブラッド・ピットやセス・ローゲンなどは大麻を使用することで知られており、彼らはインタビューでそれを認める発言をしている。

影響力のあるレディー・ガガの大麻使用の告白は、アメリカでの大麻合法化に関する議論を再燃させるかもしれない。

■関連記事
大麻使用認めたレディ・ガガ×スヌープ・ドッグ(大阪店ブログ)

アップルボング
Tシャツ #218 「APPLE BONG(アップルボング)」


カテゴリー: ニュース | コメントは受け付けていません。  


マリファナガール #8 リーフのビキニを着る女


マリファナガール #8

ハーブ(たばこ)カット専用の包丁とまな板です。
ハンディサイズのグラインダーに比べ、多量のハーブを細かくできます。
■ざくざくハーブカッター「Black Leaf Weed board (ブラックリーフ ウィードボード)」


カテゴリー: スモーキン♪, マリファナガール | コメントは受け付けていません。  


沢尻エリカの新恋人は大麻栽培インストラクター


以下zakzakより
離婚をめぐってお騒がせの女優、沢尻エリカ(24)に新恋人が浮上した。お相手は何とスペイン人で、職業は「大麻栽培インストラクター」を自称しているという。この男性、エリカ様との肉体関係までほのめかしているようだが、果たして-。

 “新恋人”の存在を報じたのは14日発売の「週刊ポスト」(小学館)。男性は29歳、バルセロナ在住のスペイン人で、職業について「マリフアナ(大麻)栽培のインストラクター。(弟の店で)栽培法や使用法を教えている」と、同誌の取材に答えている。
沢尻エリカの新恋人。大麻インストラクターのガルシア氏
大麻栽培インストラクター ガルシア氏と栽培中の大麻

 スペイン国内では大麻の売買は禁じられているものの、50グラム程度の保持や使用、栽培は処罰されないという。

 身長180センチ超の男性は、沢尻とのツーショット写真を複数、インターネットの会員制交流サイト「フェースブック」にアップしている。頬を寄せてウインクしたり、屋外にリラックスした表情で並んだりと、画像からは2人の親密さがうかがえる。

 男性は夫のマルチクリエイター、高城剛氏(46)とも親しいようだが、沢尻に関し「僕にとっては“恋人”」と表現。また、同誌記者に沢尻との「ベッドの上の関係」について問われると、にやけ顔で「人間の関係さ」と答えたそうだ。

 いくらスペインで合法とはいえ、“大麻男”と関わって大丈夫なの!? なお、沢尻の母、リラさんは新恋人の存在について、同誌の取材に完全否定している。


スペインでの状況
医療大麻 – Wikipediaより
スペインでは1990年代後半から2000年代前半にかけて医療大麻の非犯罪化と合法化運動が行われ、2001年にカターニャの議会は全会一致で医療大麻が合法化された。それに次いでアラゴンとバレアレス諸島の議会でも合法化された。スペインの刑法では大麻の販売が禁止されているが、使用は禁止されていない。2000年前半まで刑法では大麻の医療使用とリクリエーション使用とが区別されていなかった。しかし次第に、いくつかの判例では使用目的によって判決に変化が見られるようになった。2006年からは大麻種子の販売が合法化され、公共の場での所持・使用は禁止されたが、プライベートでの所持・使用は認可された。さらに個人の土地で大麻の栽培が認可された。

いくつかの研究では癌、エイズ、多発性硬化症、発作、喘息などの患者に治癒効果があることが報告されている。これらの研究は様々なスペインの機関が指揮を執り、マドリード・コンプルテンセ大学のエマニエル・グスマン教授を筆頭にラ・ラグーナ病院のルイス・ゴンザレス・フェリア神経科医またはバルセロナ大学によって行われた。

法律制定後、いくつかの大麻クラブがバスク国とカタルーニャ州で設立された。これらのクラブは欧州内でも初めての非営利団体で会員は大麻の栽培費用を負担する形式になっている。2006年にはクラブの会員は裁判で大麻の所持と販売を放免された。

■関連記事
マリファナのビニールハウス栽培 IN スペイン

MADE IN スペインの大麻(ヘンプ)製ローリングペーパー
MADE IN スペインの大麻(ヘンプ)製ローリングペーパー


カテゴリー: ニュース | コメントは受け付けていません。  


ムツゴールド動物王国#1 マリファナと猫


ムツゴールド

マリファナキャット
くんくん


カテゴリー: ムツゴールド動物王国 | コメントは受け付けていません。