2010年10月 のアーカイブ

世界一幸せな国にある大麻吸い放題の自治区“クリスチャニア”とは?

2010年10月5日 火曜日

こんにちわ!

秋の夜長に漫画を読んでるちーちンです♪

特にちーちンは“つげ義春”先生が大好きです!

有名な作品は“ねじ式”ですね!“山椒魚”や“夜が掴む”もおススメですよ♪

 

さてさて、話が少し脱線しましたが、今回ご紹介するのは先日放送されたテレビ番組、

スーパープライム(日テレ系)の中で紹介された、世界一幸せな国の大麻解放地区の映像です!

世界一幸せな国とは??それは北ヨーロッパにある国

デンマーク王国

のことなのです!! (詳細はこちら)

なぜ幸せな国かというと、この国は社会福祉制度が徹底しており、教育や最先端の医療を国民全員が無料で受けれる国なのです!!

ホームレスの人も日本円にして30万以上以上生活保護を受けれるようで、そのすべてが税金でまかなわれています!給料の半分が税金に取られるんですって!!(以上番組より抜粋)

日本じゃ大ブーイングになるかもしれませんね(笑)

そんな国に、デンマークの法律ではなく独自の自治ルールに沿って生活をしている自治区があります。

それが。。。

クリスチャニア!!!

10098031523

なんとこの地区は一切の撮影が禁止されています!

そんな中、隠し撮りした映像を元に製作されたのが今回の映像です!

ここは大麻を吸うことを自治会で認めている地区で、もちろんデンマークの法律では日本と同じく“大麻は違法”です。 

同じ違法の国でも少し日本と違った事情があるようです。

さて前振りが長くなりましたが、本編をご覧ください


[携帯用リンク(YOUTUBE)]

いかがでしたか?

すごいですねクリスチャニア。。。

これを見て思ったのがオーストラリアの“ニンビン”に似てるなということです!

ニンビン知ってる人ならわかっていただけると思います!

ニンビンもヒッピーが切り開いた街でそこではマリファナの祭典が開かれています♪

(ニンビンの詳細はこちら)

そして気になったポイントをいくつか挙げると、、、というか製作者への訴えになってしまいますが、、まずこれ!

1004

“麻薬の売人通り”

とても恐ろしい名詞です。正直心臓がドキッとする響きです!

覚せい剤やコカインなどを売っているイメージを持ってしまいます。

続いて。。。

100402

“白昼堂々”

悪事を明るいうちに行い、けしからんという感じですね

そして、こんな映像もありましたね。。。

100403

 その後

100403-2

この後、なぜ違法の大麻と穏やかな暮らしが結びつくのかを“不思議”で片付けてしまいました。

一方的に警察の取り締まりコメントで締めくくられています。

1004pm

その不思議も自治会のトーマス氏から大麻を解禁している理由をインタビューした映像を織り込んでおけば視聴者の疑問も少しは晴れたかも知れませんね。

でも、番組中にちゃんと最高の映像が出ています。

100404

“大麻以外の薬物禁止”!!!!!!!!!!!

注射器や錠剤や麻薬吸引具などをクラァァッシュ!!!

その両隣は“拳銃の禁止”と“暴力の禁止”ですね!

自治ルールに“しっかり”と記載されているではありませんか(´∀`)♪

40年の歴史の中で作られたルール。破れば即時追放。

これは理由なくたまたま大麻を選んだわけでなく話し合い、理由、根拠の上に生まれたものと思います。

“大麻がOK”と“大麻以外はNG”では大きく意味合いが変わってきます。

クリスチャニアは“大麻以外はNG”な所なのです!

これでは冒頭の“麻薬の密売”は誤訳と思われます。自治会の“トーマス氏”が自治ルールで禁止しているドラッグの密売という表現をするとは思えません。

きっと「ここが大麻の販売通りだよ」と誇らしげ(?)に言ったと思われます。(デンマーク語がわからないので真相は不明)

100407

”豊かなクリスチャニア(笑)

クリスチャニアは決して無法地帯、危険地帯ではなく、住民以外の人間もそこを楽しむことのできる、秩序のある場所なのです。

。。。。。といくつか指摘してまいりましたが、共感していただける方、反対の意見の方いらっしゃるかと思います。

そもそも番組の趣旨が“日本では考えれない禁断ワールド”なのでこういう進行が正しいのかもしれません。

ただ大麻に何の興味もない方がこれを見られたら“大麻は麻薬で怖い”からの“麻薬を許す外人は理解できない”という印象が残る可能性が非常の多い、というかtwitterの番組に対するコメントにもそういった声が多かったです。

と、批判的なことを書いてきたちーちンですがこの番組で知るまでクリスチャニアを知りませんでした。

撮影禁止区域というのがずっと壁になっていたからでしょう。ディレクター様、製作者様、体を張っての取材お疲れ様でした。

貴重な映像も見ることができ、大変勉強になりました。ありがとうございました。

 

いつかは日本でもクリスチャニアを“麻薬無法地帯”としてではなく“人生のひとつの選択”として紹介できる日が来ればいいなと思いました(´∀`)♪

以上秋の夜長に大阪より愛をこめてちーちンがお送りしました!

皆さんさよなら×3~ (´∀`)/



Master Of Life ガラス・インセンスバーナーCタイプ 壺形(光る お香立て)★LEDコースター付き


大麻堂オリジナルDVD 「アムステルダム・ドリームス」


ラグラン7分袖Tシャツ #052 「ノーザン・ライト 2010」


【日本唯一の大麻専門誌】 「HEMP MAGAZINE JAPAN vol.1」

東京店ツイッター メルマガ