映画「最強のふたり」勝手にレビュー★★★★★医療大麻


今日は昨日観た映画をご紹介します。

邦題「最強のふたり」(ツタヤ新作コーナーにあり)
日本公開2012年9月1日

結論から申し上げますと、秀作です。

パラグライダーの事故で首から下が麻痺してしまった富豪のフィリップ。

介護役として雇われたのは、刑務所を出所したばかりの黒人青年ドリスだった。実話を基に、ふたりの男の交流を笑いと涙を交えて描く人間ドラマ。

てな感じなんですが、もう最高にして最強の映画でした。

出演者の演技、構成、セリフすべてにおいてパーフェクツ!!!!!

こんなワンシーンもあったので、一部貼り付けます↓

家の中でも、外にいても度々発作に襲われてしまう主人公のフィリップ(白人)

それを見て、ここぞとばかりにポケットから「ある物」を取り出すドリス(黒人)

大金持ちで、人生において「マリファナ」なんて無縁であったフィリップは戸惑います。

まさに「医療大麻」

その後、二人でレストランで食事をするのですが副作用で「ご機嫌」になってしまいます。

もう笑いが止まらないお二人。

ずっとクスクスしておりますw

フィリップはマリファナ初体験というシーンでしたが、まんざらでもない様子。

このあとも喫煙シーンあるのですが、それはお楽しみに♪

とにかく「障害者」という比較的重い題材にもかかわらず、笑いあり涙ありのヒューマンドラマになっております。

実話を基にしたフランス映画(フランス映画ですが、難しくないです)なんですが、ほんと最後まで惹きつけられます。

これはいい作品です。

恋人、ご家族でどうぞ♪

個人的には★5つ

予告編トレーラー動画↓

ではまた次回。

WA






コメントは受け付けていません。