南アフリカ「大麻の私的な場での個人使用は合法」 憲法裁が判断

2018年9月19日

南ア、「大麻の私的な場での個人使用は合法」 憲法裁が判断
南アフリカ・ヨハネスブルクの憲法裁判所で、大麻の個人使用は合法との判断が下されて喜ぶ人々(2018年9月18日撮影)

【9月18日 AFP】南アフリカの憲法裁判所は18日、大麻の私的な場での個人使用は合法との判断を示した。

 ヨハネスブルクにある同裁判所では、判事の一人が「自らの消費のために、成人が私的な場で大麻を個人的に使用及び所持することは、今後犯罪とはみなされない」と述べると、傍聴席から歓声が上がった。今回の判断は、判事全員が一致したとされる。

 憲法裁はさらに議会に対し、今回の判断を反映させた法案を2年以内に策定するよう命じた。

 この判断は、公の場での大麻使用や、譲渡・売買を非犯罪化するものではないものの、個人的な使用および栽培は、成人であれば違法とはみなされないとしている。

 同国ではこれまで、大麻の所持・栽培・使用はたとえ少量であっても、原則として禁錮刑や罰金刑の対象となっていた。

 その一方、乾燥大麻や医療用マリフアナは、がんや緑内障、エイズといった重い病に伴う苦痛を緩和するものとして、一部地域で活用が進んでいる。

 また大麻の法律上の扱いは、世界各地で大きく異なっている。例えばポルトガルでは、所持及び使用が広く非犯罪化されているのに対し、サウジアラビアで使用すれば死刑に処される。

参考:AFP BB News – 南ア、「大麻の私的な場での個人使用は合法」 憲法裁が判断

憲法裁判所が羨ましくなるネ~

ペットボトル用水パイプキット「Top Puff (トップパフ / ウォーターパフ)」
【PR】ペットボトルに装着するだけ!
使い方はかんたん、便利なタバコ用水パイプキット「トップパフ」







米コカ・コーラ、健康飲料への大麻成分配合を研究

2018年9月18日

米コカ・コーラ、健康飲料への大麻成分配合を研究

【9月18日 AFP】米飲料大手コカ・コーラ(Coca-Cola)は17日、マリフアナ(大麻)の主成分を「健康飲料」に配合する研究を進めていると発表した。飲料業界では、大麻入り飲料の開発に乗り出す企業が増えている。

 コカ・コーラは声明で、「わが社はマリフアナ(乾燥大麻)にもカンナビス(大麻草)にも関心はない」とした上で、「精神活性作用のないカンナビジオール(CBD)の健康機能性飲料の成分としての活用が、世界中で広がっていることを注視している」と発表した。

 カンナビジオールはマリフアナに含まれる化学成分だが、「高揚感」をもたらす精神活性主成分のテトラヒドロカンナビノール(THC)とは異なり、興奮作用を持たない。てんかんなどの治療薬にも配合されている。

「この分野は急速に進化している」と同社。ただし「現時点では何ら決定に至っていない」としている。

 これに先立ち、同社が飲料開発のため、カナダのオーロラ・カナビス(Aurora Cannabis)と協議しているとの報道も浮上していた。コカ・コーラのトレードマークとなっているコーラ飲料の一部は、近年の健康に関する懸念の広がりで、売り上げが伸び悩んでいる。

参考:AFP BB News – 米コカ・コーラ、健康飲料への大麻成分配合を研究

10年位前に、コカ・コーラさんと下北沢限定ガンジャマンコーラつくったの思い出した~♪(ガンジャマンがラベルにデザインされたコーラね)

隠しケース・金庫(スタッシュケース)「20oz PET Bottle Coca-Cola (★591mlペットボトル コカコーラ)」
【PR】ジュースのペットボトル容器が 【隠しケース】 になりました!

スーパーマーケットやコンビニエンスストア、
近所ですぐ手に入るモノだからこそ、ステルス効果は抜群です!







ジョージア政府 医療用大麻の輸出検討を延期

2018年9月17日

ジョージア政府 医療用大麻の輸出検討を延期

ジョージア議会のイラクリ・コバヒゼ最高議長は輸出を目的とした医療用大麻(マリファナ)の生産に関して、検討を延期する意向を明らかにした。

同国のマムカ・バフタゼ首相は先週、同国政府が医療用マリファナの生産合法化を検討していることを明らかにした。同首相は先に、「マリファナの生産は厳しく取り締まる」と述べている。

コバヒゼ最高議長は、「これはジョージア国民にとり非常に重要なテーマだ。国民に対してさらに情報を提供する必要があるが、それには時間を要する。同国内務省の要請により、我々は国内におけるマリファナ使用に関する問題の検討に着手する。(マリファナ使用の罰金を廃止する)同国憲法裁判所の判断が示されてからは、国内では『空白』状態が続いており、その空白を埋めることが課題となる」と述べた。

ジョージア憲法裁判所は先に、「自由な自己開発の権利」保護のため、マリファナ使用に科していた罰金を違憲として廃止する判断を示している。

参考:スプートニク日本 – ジョージア政府 医療用大麻の輸出検討を延期

2015年4月までは「グルジア」と呼び知られていた、東ヨーロッパ・西アジアに属するジョージア国。
世界のあちらこちらで、今 大麻問題が見直されています。ほったらかしにしているのは、ホント日本くらいじゃな~い???

タバコトレイ「V Syndicate 420 LEAF (Vシンジケート 420マリファナリーフ総柄)」
【PR】420&マリファナリーフの総柄デザイン。

グラインダーカードが人気のVシンジケート社から、金属製のタバコトレイが登場!

★Lサイズ、新入荷しました!