カナダ、大麻合法化を法制化の見通し G7で初

2017年4月18日

カナダ、大麻合法化を法制化の見通し G7で初

 カナダ政府は、嗜好品としての大麻使用を来年までに合法化する法案を議会に上程し、その内容を明らかにした。法案が通過すれば、大麻合法化は主要7カ国(G7)では初めて、世界では2カ国目となる。

 議会が承認すれば、18歳以上のカナダ国民は2018年7月までには店頭で大麻を購入できるようになる。トルドー首相率いる自由党が13日に提出した法案の下では、連邦政府は大麻製造業者に免許を与え、販売方法については各州に委ねる。

 カナダの若者が大麻を手に入れにくくすることもこの法案の目的であり、未成年者への大麻の販売は犯罪となる。

 大麻の合法化はトルドー氏が掲げた選挙公約の一つであり、同氏はこれが違法な大麻取引を厳しく取り締まる最善の方法だと主張している。同氏は昨年、「最も重視するのは、子どもを守り、街を守ることだ」とした上で、現行制度は「若者の大麻使用を防いでおらず、あまりにも多くの国民が少量の大麻所持で犯罪者になってしまっている」と述べた。

■小売市場、80億ドル規模との予測も

 長く待ち望まれたこの法律はカナダ国民に広く支持されており、議会の通過は容易とみられる。この法案はカナダの成人が最大30グラムまでの大麻を所持することや、世帯当たり4株までの大麻草を栽培することを認めている。大麻の価格設定や販売場所については各州に判断を委ねる。現在、オンタリオやケベックなどの州は、酒類の販売を国有の販売店のみに限定している。

 法案が承認されれば、この新たな規制産業が同国経済の拡大に寄与するとアナリストは期待する。デロイトは、大麻の小売市場は年間売上高が50億ドル(約5460億円)から80億ドルになると見積もっている。同社の昨年の調査によると、大麻関連の観光事業や税収、研究施設の活動も含めた市場価値は200億ドルを超える可能性がある。

 トルドー氏が首相に就任して以来、同国の医療用大麻の製造企業は投資を引き寄せている。免許を持つキャノピー・グロースなどの大麻製造業者の株価はこの1年で3倍以上になった。

 米国でも近年、大麻への見方が軟化してきている。米ギャロップが昨年10月に実施した世論調査では、国民の60%が大麻の合法化に賛成しており、47年前に同じ調査を始めて以来で最高の水準となった。米国では8州で、程度は異なるものの大麻使用が合法化されている。連邦法の下では依然として違法であるため、一部の企業や投資家は成長する大麻ビジネスへの投資をためらっている。

参考:日本経済新聞 – [FT]カナダ、大麻合法化を法制化の見通し G7で初

ウルグアイに続き、カナダも 嗜好大麻合法国に☆

●●
【PR】【希望者 無料プレゼント・4月20日マリファナの日記念】
日本では入手できないアメリカのマリファナ雑誌・ステッカー 【商品総額¥1,000以上ご購入の方 対象】







ウィズ・カリファが大麻をテーマにしたゲーム「Wiz Khalifaの大麻農場」を4/20リリース

2017年4月18日

ウィズ・カリファが大麻をテーマにしたゲーム「Wiz Khalifaの大麻農場」を4/20リリース

Wiz Khalifa(ウィズ・カリファ)が大麻をテーマにしたゲーム「Weed Farm」を4/20にiOSでリリースすることが判明した。

Wiz Khalifaの「大麻牧場(Weed Farm)」はゲーム会社Metamokiと協力して開発され、 プレイヤーは大麻農場を成功に導くことが求められる。iPhoneでゲームをしている様子がTwitterにアップロードされている。

Wiz Khalifaポケモンよりおもしろいと豪語している。

またメーリングリストに登録するとコロラド州までの飛行機チケット、宿泊券と Wiz Khalifaの大麻販売所ツアーなどが当たるとのこと。

ウィズ・カリファが大麻をテーマにしたゲーム「Wiz Khalifaの大麻農場」を4/20リリース

参考:
FNMNL – Wiz Khalifaが大麻をテーマにしたゲーム「ウィズ・カリファの大麻農場」を4/20にリリース
Wiz Khalifa’s Weed Farm

優勝したら、 ウィズカリファと回せるかも♪?

ガラスパイプ「モンスターボール」
【PR】ポケモンGOのモンスターボールをイメージしたガラスパイプです。







【世界初】ウルグアイ、嗜好用大麻の市販を7月に解禁

2017年4月10日

【世界初】ウルグアイ、嗜好用大麻の市販を7月に解禁

【4月7日 AFP】南米ウルグアイの大統領府は6日、嗜好(しこう)品としてのマリフアナ(乾燥大麻)の販売を今年7月に解禁すると発表した。登録したウルグアイ国民と同国永住者は薬局で購入できるようになる。嗜好品としてのマリフアナが市販されるのは世界で初めて。

 ウルグアイでは2013年にマリフアナの栽培と販売、消費を完全に合法化する画期的な法案が可決されており、今回の措置はその施行で最後の仕上げとなる。

 薬局での販売はこの法律の最も革新的な(そのため物議を醸している)点だが、これまで保留され、解禁に向けた明確な日程も示されていなかった。

 タバレ・バスケス(Tabare Vazquez)政権はこうした状況に終止符を打ち、国家薬物審議会のトップを兼任するフアン・アンドレス・ロバジョ(Juan Andres Roballo)大統領府副長官は記者会見で、薬局での販売解禁は「7月の第2週」をめどに行われると明言した。

 法律ではマリフアナの購入希望者に国への登録を義務づけており、所定の手続きを満たしたうえで購入が認められる。1か月の購入上限量は40グラムまでとなっている。

 ロバジョ副長官によれば、登録できるのはウルグアイ国民と同国の永住者のみ。登録は5月2日まで受け付ける。

 国家薬物審議会のディエゴ・オリベラ(Diego Olivera)事務局長によれば、マリフアナは1グラム当たり1ドル30セント(約145円)で5グラム入りと10グラム入りのパックで販売されるが、当面は5グラムパックのみの販売となる。売り上げの一部は政府の薬物使用防止プログラムに充てる予定だ。

 人口約340万人のウルグアイで、マリフアナの常習者は約15万人いると推定されている。

参考:AFP BB News – ウルグアイ、嗜好用大麻の市販を7月に解禁 世界初

月40グラムまで、1グラム145円!良心的♪

Tシャツ No.282 10Hundred コラボ 「Ganjaman (ガンジャマン)」
【PR】米国・シアトルで活動するアーティスト
10ハンドレットとのコラボTシャツ「ガンジャマン」