2012年11月 のアーカイブ

携帯&小型ベポライザー人気の秘密&5秒気化の最速ベポ「Magic Flight」再入荷

2012年11月27日 火曜日

最近ほとんど毎日のようにベポライザーの威力について訊かれるんですが、日に日にベポ人気が上昇してきてるなぁ、、と言うか、もはや流行になりつつある状況かもしれませんね。

というわけで、人気の携帯ベポ「マジック・フライト」再入荷です!

数あるベポライザー機器の中でも特に人気の高い「携帯&小型」ベポライザー。

最近ではこの手のタイプの勢いは凄まじいものがあります。

ではなぜ携帯&小型がイケてるのか、いくつかポイントを挙げてみましょう。

 

☆「ベポライザーは煙と違い「蒸気(風呂の湯気みたいなもんです)」なので、煙に比べほとんど香りがしない」

ということは周囲に迷惑がかからない⇒例えばキャンプやイベント、トイレなどでも問題なし!

タバコを取り巻く日本の現状を考えると、これはかなり好ポイントではないでしょうか?

☆「最新のベポライザーは気化まで早くて小さい!しかも電源要らずのワンタッチ操作」

ちょっと前までのベポライザーは、性能は良くても気化までまぁまぁ時間がかかるのが難点でした。(気化まで40秒でも早かった)

しかも電源が必要で大きさもデカイのがほとんど。日本の住宅事情柄、なかなか使いづらいという意見もありました。

でも今のマシンは小さい!気化まで早い!まして電源など不要!(マジック・フライトなんて本体6.5cmで、気化まで5秒ですよ!)

しかもUSBで充電できる機能まで付いてるマシンもあるんだから(Atmos Rawなど)、目からウロコの方も多いんじゃないでしょうか?

布団の中でゴロゴロしながらでも使えますからねー

☆煙じゃなく蒸気なので、タールや不純物による健康被害がほとんどない

これは携帯&小型とは関係ないかもですが重要なポイント!

タバコを吸わない人、タバコの煙が嫌いな人、健康に気を使っている人など問題なく使ってもらえるんじゃないでしょうか?

実際海外の医療現場でも活用されてるわけですし、言ったらジョギングしながらでもOKですもんね。w

とまぁこんな感じなんですが、ベポライザーかなりいい感じじゃないですか?

まだまだ言い足りない事がたくさんありますが、それはまた店頭でお会いした時にでも。

しかしながら、この間アメリカはワシントン、コロラドで大麻が合法になり、世界は少しずつ「変化」してきているにもかかわらず、あいも変わらずダメ・ゼッタイの日本の現状… 。

何か「変化」できない理由でもあるんですかねー??やっぱ原発なんかと同じような感じなんですかねー??

わかっちゃいるけど止められない状態になっちゃってるんですかねー??

ホント不思議。。。

(良し)

 

ハンディ・ヴェポライザー 「MAGIC FLIGHT (マジック・フライト)」
ハンディ・ヴェポライザー 「MAGIC FLIGHT (マジック・フライト)」

ハンディ・ベポライザー「ATMOS RAW」
ハンディ・ベポライザー「ATMOS RAW」

ヴェポライザー 「TOP-VAPOR VP210」(ボルケーノタイプ/VOLCANO)
ヴェポライザー 「TOP-VAPOR VP210」(ボルケーノタイプ/VOLCANO)






雑誌「SPECTATOR」最新号 vol.26 OUTSIDE JOURNAL 2012入荷!

2012年11月26日 月曜日

スペクテイター26号 2012年11月22日発売号
(SPECTATOR 2012 OUTSIDE SPECIAL ISSUE)

特集「OUTSIDE JOURNAL 2012・山とサブカルチャー」

「OUTSIDE(=アウトサイド)」は「外側」や「野外」を意味するコトバ。バックパッキング・ムーヴメントの歴史から最先端のアウトドア・カルチャー のシーンを巡るレポートまで、都心や部屋の「外側」で起きている出来事や文化に注目したアニュアル特集号。読めばアウトドアライフが、もっと楽しくなる。 そんな一冊です!

■ A HISTORY OF THE PACKPACKING & COUNTER CULTURE「対抗文化視点によるバックパッキング・ムーヴメント年表」
『禅ヒッピー』から『BE-PAL』まで。古今東西の印刷物を通じて辿るアウトドア・カルチャーの歴史

■ MOUNTAIN LIFE REPORT「いま、山で生活するということ」
自分に嘘をつかずに自由に生きるには? 長野県の山麓に移住した同世代の暮らしを巡るレポート
取材・文/NUMA

■ MEET THE PUBLISHER「山のメディアのつくりかた」
自身でメディアを立ち上げ、山の文化を発信し続けているインディペンデントな発行人(パブリッシャー)へのインタビュー
ニール・ハートマン『Car DANCHI』発行人
若菜晃子『murren』編集・発行人
取材・構成/青野利光

■ LET’S MYOG「自作アウトドア・ウェア&ギアの世界」
アウトドアの道具は自らの手で作る! 最先端バックパッキング・ムーヴメント、MYOG(=MAKE YOUR OWN GEAR)の全貌
取材・文/三田正明

■ NATURE & ECOLOGY Part One「ノグソのすすめ 地球に「愛」のお返しを」
肩書き=糞土師(ふんどし)。ノグソが生態系に与える効能についての研究を重ねている伊沢正名さん(『くう・ねる・のぐそ』著者)インタビュー
取材・構成/赤田祐一

■ NATURE & ECOLOGY Part Two「山を食べる 採集生活という生き方」
京都・大文字山の近くに暮らしながら食べられる山菜・キノコの採集をテーマに表現活動を続ける安田陽介(『大文字山を食べる』著者)さんとの対話
取材・構成/赤田祐一

■BACK IN THE DAYS「ヤスヒコさんに会いにいく 小林泰彦インタビュー」
アウトドアについて語るならヤスヒコさん抜きには始まらない。数々のアウトドア文化誕生の場面に立ち会ってきた元祖アウトドアズ・マンとの貴重な対話
取材・構成/青野利光

■ OUTDOOR WRITING「Fear of Falling」
アウトドア&アドベンチャー文学界の巨匠が綴ったアウトサイドなエッセイ傑作選。ヨセミテのクライミング体験とアドレナリンをめぐる話
文/ティム・ケイヒル
写真/渋谷ゆり

■ OUR FAVOURITE SHOP「スカイハイ・マウンテン・ワークス店主・北野拓也インタビュー」
神戸・六甲山の麓にオープンした店を拠点に、独自のカルチャーを発信しているアウトドア・ギア&ウェア・ショップ訪問記
取材・構成/三田正明

 

自分もまだ全部読んでないんですが、とりあえずタイトルからして気になった「ノグソのすすめ 地球に「愛」のお返しを」から読んでみました。

で、面白いです。

地球のためにウンコと野グソについて本気で考え、実践している素敵なおじさんの話。

田舎育ちなんで、子供の頃はよく野グソしてましたけどねー。最近はめっきり。。

いつか野グソしつつ、語らいつつ、そんで1服しつつ…なんて時代が、、ってやっぱそれは無理だなぁ~w

(良し)

 






ちょっと足元が冷え込むなと感じたら、早めのNorth Faceスニーカーがベターです!

2012年11月19日 月曜日

いやー本格的に寒くなってきました下北沢東京店!毎年のことながら、なぜかレジカウンター内の冷え込みが尋常じゃありません。。

せっかくのあったかスモーキング・ライフを満喫していても、こうも冷え込んでちゃ意味がない!

というわけで、今回は個人的にもかなり重宝しているNorth Faceの足あったかスニーカーを紹介したいと思います。

ぱっと見ダウンジャケットのようですが、中綿にはハイテク素材「Primaloft」を採用した保温力抜群の1足!

Primaloft(プリマロフト)は天然羽毛に匹敵する柔らかな感触と軽さ、保温性を発揮するハイテク素材。(実際、プリマロフト綿入りアウターはエベレスト登頂にも使われたらしいです)

またアッパーには撥水リップストップナイロンが使われているので少々の雨や雪でもOK!

では履き心地の方はどうなのか?これがまたフッワフワ♪ 歩き心地も最高ー!

個人的にはローテクスニーカーばっか履いてたので、昨今の技術の進化にびっくり!

こりゃ溜まりに溜まった足の疲れも取れるかも!?

1足各¥9,975とそんなに高くないのと、それでこの機能をゲットできると考えたら、寒がりホッコリストの方ならアリだと思いますよー

やっぱあったかいって素晴らしいですねー

(良し)

 

THE NORTH FACE(ザ・ノースフェイス)NSE Tranction Chukka WP(ヌプシトラクションチャッカ)