2013年5月 のアーカイブ

鳥取県で大麻栽培が復活 群馬から移住、智頭の上野さん

2013年5月29日 水曜日

久々に、明るい大麻ニュースが 鳥取県から届きました!

↓↓↓

鳥取県智頭町八河谷で、約60年ぶりに大麻栽培が復活した。栽培に乗り出したのは昨年3月に移住してきた上野俊彦さん(33)。先月末に鳥取県から大麻栽培者免許証の交付を受けた。繊維や種を使って神事道具や麻みそを作る考えで「いろんな活用方法があり、大きな産業になりうる可能性があると思う。徐々に大きくしていきたい」と意気込んでいる。

大麻は一般的に“麻薬”と解釈されることが多いが、第2次世界大戦前の日本では主要農作物として全国で栽培され、草履や衣類、燃料、紙など生活に欠かせない物を作るために幅広く利用されていた。戦後、大麻取締法が制定され、石油化学繊維の台頭によって栽培者は激減。1950年に全国に約2万5千人余りいた栽培者は、2011年には50人にまで減ったという。

上野さんは東日本大震災をきっかけに家族と八河谷集落に移り住んだ。移住前に働いていた群馬県の農場で大麻を栽培した経験があり、「いつか大麻栽培をしたいと思っていた」。

そんな折、地区の高齢者から以前は八河谷でも大麻が栽培されていたことを聞いて一念発起。町も賛同し、免許証取得を支援した。中国・四国地方で免許所持者は上野さんだけという。

栽培種は、栃木県で栽培されている「トチギシロ」。陶酔作用の原因となるTHC(テトラヒドロカンナビノール)成分が0・3%以下と少なく、薬物として利用されることはないという。

盗難対策として栽培農地は鉄柵で囲い、大麻取締法の適用対象外となる成熟した茎や種子、それらの製品以外は焼却または埋設により処理する万全の備えで臨む。

大麻は100日で3~4メートルにもなる一年草で、生命力が強いのが特徴。上野さんは、もうじき苗を畑に植え替え、本格的な栽培を始める。ことしは種取り用として2アールに約660株を植え、収穫した種を使って麻みそを作る。来年以降は繊維用の栽培も行い、しめ縄など祭事用の神事道具を作って町内の神社に使ってもらおうと考えている。

上野さんは「大麻イコール麻薬という偏見はあると思うけど、戦前は当たり前に栽培されていた。真剣に取り組むことで、少しずつ理解してもらえれば」と話している。

◆参考:日本海新聞「大麻栽培が復活 群馬から移住、智頭の上野さん」

「大きな産業になりうる可能性があると思う」と語る上野さん
間違いないですね☆☆☆☆☆(kg)


みんな大麻を活用している
世界の大麻事情を探る 大麻堂DVD
《おトクなセット割引はじめました!》






~政治をマツリゴトに~三宅洋平「参議院選挙立候補フライヤー」到着!!

2013年5月26日 日曜日

レゲエ・ロックバンド 犬式や(仮)ALBATRUSのボーカル&ギターで活躍、ご存知の方はたくさんいらっしゃると思いますが、三宅洋平さんが7月の参議院選挙に立候補します!

ヘンプ(大麻)についても正しい知識を持ち、常々その有用性をアピールしてくれている彼(麻ふんどし愛用者!)が掲げている政策は以下の9条

三宅洋平 政策9ヶ条

1. 文化を最大の輸出品に
2. 復興から保障へ
3. 除染から廃炉ビジネスへ
4. 送電線から蓄電技術へ
5. 消費増税から金融資産課税へ
6. 大規模農業から家庭菜園へ
7. 官僚主権から住民主権へ
8. 破壊から再生の公共事業へ
9. 憲法9条を世界遺産に

———-

【参議院選挙への立候補宣言】(フライヤーより)

夜中にダンスしたっていいじゃないか。
戦争なんて無い方がいいに決まってる。
原発だって無い方向を全力で探りたい。
「手作り」や「自然」を大切にしたい。
大事な情報はオープンであるべきだ。
文化や教育にちゃんと税金を使ってもいいだろう。
もっとファンキーで多様な社会にしたい!
命、大切だろう!!

いま、こういう感性を共有している人たちがけっこう沢山いる気がします。
そして彼らは、思いとはかけ離れていくクニのあり方を、憂慮しています。
そんな人たちが結びつくきっかけとして「選挙に参加する」が在れたら。

「人間が地球にとって有益な微生物であれる社会をつくりたい。」

そのためにまずは話し合いへ混ぜてもらいに、国会へ行こう。
教わることも、教えられることも沢山あるはず。
とことん話し合って、
チャランケ(アイヌ語:部族間の話し合い)して、
お互いに学ぶ先に、素敵な答えは必ずあると信じています。

例えば、「経済優先」の是非を論争するのではなく、
「経済の質」を話し合い、その意味を膨らませたい。

一緒に、勉強していきませんか?
云いたい事の云い方を。
聞きたい事の聞き方を。
伝えたい事の伝え方を。
支えたい人の支え方を。

相乗り大募集。
よろしくお願いします。

いつものスタンスで、
マツリゴト。

三宅洋平 日本アーティスト有意識者会議(NAU)代表

———-

 

「全国比例区」での挑戦ということで、
北海道から沖縄まで日本全国が選挙区。

興味のある方はぜひフライヤーを手にとってみて下さいね!

もっと詳しく知りたい方はTwitter等からも情報ゲットできますよ!
⇒◎三宅洋平Official WEB
⇒◎三宅洋平Twitter
⇒◎三宅洋平Official blog

三宅洋平 – Gipsy Song 2013年4月25日

三宅洋平ファンディングパーティー at seco bar 渋谷 2013年5月21日

(仮) ALBATRUS – 祝島帰り – live @ 虹空 2013 ASO

(仮) ALBATRUS – 1/470 Party People – live @ 虹空 2013 ASO

犬式 – 手芽口土(てめくちつち)


三宅洋平が地球を舞台に世界中を駆け巡る音の旅
『第2章』ネパール編


三宅洋平も愛用!「麻ふんどし」


三宅洋平ソロCD リリース記念 ポロシャツ






下北沢Cafe Kickに大麻堂オーナー麻枝光一がトーク・ゲストで出演!

2013年5月23日 木曜日

2013.5.27(月) Wold’s End Cafe~世界の果てに何思う?
19:30スタート
CHARGE ¥1,500 (+2drink)

☆Live Music : 善賊和也(善賊和也と大きな鯨/Sundrum)、ににぇむにぇ(アフリカの弦楽器コラ弾き語り女性デュオ)

☆Talk Guest : 麻枝光一(大麻堂オーナー/作家 マリファナ青春旅行)

☆Live Painting : 飯野モモコ

<Cafe Kick>世田谷区北沢2-8-8 NSビル3F Tel 03-6407-1688(大麻堂から徒歩約3分)

”土の匂いのする音楽のルーツを求めて世界の果てまで行ってみたくなる。バックパックに必要最低限のものを詰め込み、世界中を放浪する旅人に憧れて。”

日本中または世界の辺境を旅しているミュージシャン・作家・アーティストを招いて開催されるこの企画、当店麻枝オーナーも旅にまつわる面白話をたっぷりトークする予定!

もしかしたら、マリファナ青春旅行だけでは収めきれなかった必殺のマル秘旅トークが出ちゃうかも!?

Cafe KICK 店舗情報

(良し)

 
マリファナ青春旅行 ★(上・下)セット
マリファナ青春旅行 ★(上・下)セット