【ホント?】大麻がエボラ出血熱の特効薬として注目される


【ホント?】大麻がエボラ出血熱の特効薬として注目される

エボラ出血熱は昨年12月から西アフリカでの流行が認められ、今年に入って急速に感染が拡大。これまでに9,936名が感染し、4,877名が死亡している(10月22日、WHO調べ)。現地で対応にあたる医療従事者の感染、死亡も相次ぎ、収束の見込みすら立たない深刻な状況だ。

エボラ対策に追われる医療の現場では「ジーマップ(ZMapp)」や「アビガン(ファビピラビル)」をはじめとする薬が試験的に投与されて一定の成果をあげているが、実際の効能はまだ医学的には確かめられておらず副作用などの問題も残っている。そこで注目を集めているのが副作用のない自然の生薬で、その最有力候補がなんと、大麻だというから驚きだ。

■ウイルスが急速に変異していることが判明

9月12日に「Science」に緊急掲載された論文は、医療、医学関係者のみならず社会全体に大きなショックをもたらす内容であった。

感染がはびこる西アフリカ・シオラレオネで感染者から採取したエボラウイルスのサンプルを遺伝子解析した結果、ウイルスが急速に変異していることが判明したと、この論文は主張しているのだ。これが何を意味するのかといえば、エボラ自体が刻々と変異しているため、ワクチンの開発に際限がなくなるということである。ある時点で開発したワクチンの“有効期間”は極端に短くなり、再び迅速にワクチンを開発しなくてはならないという、まさにイタチごっこの様相を呈することが必定となってしまった。

この論文の発表が世界中の懸念を増加させ、現在、各国政府と多くの医療機関で新たなエボラ治療法の開発に向けた必死の取り組みが行なわれている。ちなみにこの論文の執筆者の1人、シェイク・ウマル・カーン医師(39歳)は100人以上の感染者の治療に奮闘し「シエラレオネの英雄」と称されたが、残念ながらエボラに感染して7月29日に亡くなっている。

■大麻に含まれる化学物質「カンナビノイド」とは 

エボラウイルスは人体の細胞間情報伝達分子であるサイトカインを過剰に産生させ、いわゆる「サイトカインストーム(Cytokine Storm)」を引き起こし感染者を死に至らしめるといわれている。サイトカインストームは肉体を毒素性ショック状態(Toxic Shock)に陥らせ、血管の中に多数の微小な血栓を形成することにより多臓器不全を発症させて死へと導くのだ。

人体が作り出すサイトカインの生産をコントロールすることができれば、エボラに感染しても毒素性ショック状態に陥ることはないのだが、この鍵を握るのがなんと大麻であるというのだ。大麻は自然界の中で最もサイトカインの生産を安定させる生薬のひとつであるという。

元・胸部心臓外科医のデイビット・アレン博士は、大麻に含まれる化学物質のカンナビノイド(cannabinoid)は人体の免疫機能のコントロールを司り、ウイルス感染に対する耐性をもたらす優れた抗感染作用を有していると、大麻医療情報サイト「Cannabis Digest」で主張している。カンナビノイドは既に、菌類やバクテリアの繁殖を抑制し、これまでの抗菌物質と異なる働きの新しい抗菌物質であると見なされているという。

「さらなる研究とテストが必要とされているが、幸運なことに、カンナビノイドは生で食べる分には危険な副作用がないため、(特別な医療体制がなくとも)エボラ感染地帯を広範囲に医療支援することができる」(デイビット・アレン博士)

■大麻が医療の世界に出る時が来た

医療情報サイト「NewCure.org」の創立者、ブレッド・ムーアハウス氏もまた、大麻はエボラの致死率を劇的に低下させ、予防はおろか治療にさえ有益であると同ウェブサイトで言及している。

「十分なリサーチは既に終わっている。最新の研究では大麻は様々な病状、 ―例えばハンセン病― に効果があることが分かっている。また、大麻は自然生薬として最高の抗レトロウイルス薬であることから、現在はHIVの治療に用いることや、免疫機能の増強を目的にした研究が行なわれている」(ブレッド・ムーアハウス氏)

大麻はアメリカでは23州で医療用として、2州では嗜好品として合法化されているものの厳しく規制されており、加えて新薬開発における厳格な規則は、大麻の医療研究を妨げているという。また、エボラ菌について研究するにはレベル4以上の研究施設で行なうことが義務づけられていることもあり、大麻によるエボラ治療の研究は極めて困難な状況にあるらしい。

それでも、ムーアハウス氏は大麻が抗炎症薬や免疫機能増進薬として、今、世に出る時が来たことを確信しているという。これまで世界各国で行なわれた研究によれば、大麻は医療分野での活用に大いなる可能性を秘めていて、多くの疾病の治療に応用できるということだ。

日本では麻薬のイメージしかなさそうな大麻だが、実はその優れたヒーリング効果、免疫機能の増進効果は世界中で多くの注目を集めているといってよさそうだ。そしてエボラ出血熱への特効薬として大麻による治療法が確立される日がやってくるのか、今後に注目したい。
(文=仲田しんじ)

参考:
トカナ – 【ホント?】大麻がエボラ出血熱の特効薬として注目される
Collective Evolution – Doctor Suggests That Marijuana Can Protect You From Ebola
Digital Journal – Can Cannabinoids in Cannabis Paste Fight Off Ebola?

今さらだけど、大麻ってスゲーな(kg)

メタルパイプ 「THE PIECE PIPE (ピースパイプ)」
北欧スウェーデン製 世界最高峰の携帯用パイプ






コメントは受け付けていません。