米国で芽吹く「マリフアナツーリズム」 合法化の動き追い風に



誰もが一度は経験する、、悪夢のバッドトリップステッカー!

米国で芽吹く「マリフアナツーリズム」 合法化の動き追い風に

 「マリフアナツーリズム」がビジネスとして広まる兆候は、マリフアナ愛好者にとって伝説的に重要な日である(2014年の)4月20日に現れた。この日、ある旅行予約サイトでは、コロラド州「デンバー」の検索が前年に比べ75%近く急増した。その数カ月前、嗜好(しこう)品としてのマリフアナの使用がコロラド州で合法化されていた。

 ホテル予約サイト「ホテルズドットコム」によると、今年4月20日にも同じ現象が起きた。「420」というのはマリフアナの俗語で、1970年代のカリフォルニア州北部の若者と麻薬文化に端を発している。

 現在、嗜好品としてのマリフアナの使用はコロラド、ワシントン、オレゴン、アラスカの各州とワシントンDCで合法化されている。医薬品としてのマリフアナの使用は全米の23州のほか、ワシントンDCで合法になっている。こうした地域では、痛みや吐き気といった症状改善のためマリフアナが使用されている。

 ホテルズドットコムのデータによると、人々は医療上の許可を受けていなくてもマリフアナの購入や使用が合法化されている地域に関心を示しており、こうした人々への旅行サービス提供に乗り出す業者が現れている。

 一方で、面倒な問題も引き続き存在しており、こうした産業の成長を抑えているようだ。(オバマ政権はマリフアナ使用について徐々に決定権限を州に移しているものの、連邦法ではマリフアナは禁じられている)

 シアトルの観光促進を目指す公式サイト「ビジット・シアトル」の広報担当者デービッド・ブランドフォード氏は、マリフアナを「どこで使用できるか知るのは難しい」とし、「法とその執行をめぐって疑問が存在する。難しい課題だ」と述べた。

 娯楽用マリフアナが合法化されている州でも、公共の場での使用は禁じられているほか、ホテルも大半は客室での使用を認めていない。一方、ブランドフォード氏によると、シアトル市近郊にはピュジェット湾やワシントン湖があり、カナダ国境近くのボートの上でマリフアナを使用する合法性をめぐって地元当局の間で混乱が生じているという。

 また、ワシントン州では、学校など子供たちを対象とする場所の1000フィート(約305メートル)以内でマリフアナの宣伝をするのは違法で、公共の不動産に広告を掲示することも違法だ。さらに、州境を超えてマリフアナを運ぶことも違法とされている。

 「ビジット・シアトル」の関係者は、観光客やマリフアナ事業がこうした法律に抵触する可能性があると懸念している。

 他の州は、マリフアナツーリズムの対象となり得る人々への広報活動を慎重に進めている。

 オレゴン州を紹介する観光サイト「トラベル・オレゴン」の広報担当者リニア・ギャグリアーノ氏は、「7月1日時点で、嗜好品としてマリフアナを吸うことは合法になったが、流通経路は存在しない」とし、「自分で育てない限り、手に入れる方法はない」と述べた。

 ギャグリアーノ氏によると、新たな州法に基づき、合法的なマリファナ販売が容易になる見込みだが、公の場での使用や広告に関する疑問は残る。そのため、オレゴン州はマリフアナ愛好家向けに旅行先として大々的な広報活動を開始する代わりに、州の食べ物や自然の魅力に焦点を絞った宣伝を展開している。

 こうした課題にもかかわらず、企業はマリフアナ関連事業から利益を上げる方法を探っている。

 世界最大のマリフアナツーリズム会社と称する「My 420 Tours」(2013年創業)は4月20日の週にデンバーで開かれたフェスティバル「ワールド・カナビス・ウィーク」開催中に初のツアーを実施した。(「420」というのはもともと1970年代初期のカリフォルニア州サンラファエルから来ている。当時10代の若者グループがいつも午後4時20分に集まると決め、マリフアナ工場のある荒地を探し回っていたことに端を発する)

 同社は交通手段とホテルのほか、調剤所ツアーやマリフアナ料理教室をはじめとする活動を盛り込んだツアーを提供している。ダニー・シェーファー最高執行責任者(COO)は、同社はマリフアナの使用を容認するホテルと提携しており、ツアー参加者は公共の場での使用を禁じる法を心配せずにマリフアナを試すことができると話す。

 シェーファー氏は、季節にもよるが、月間約300~600人が同社のツアーに参加するとみている。ツアー参加者の約70%は初めてコロラドを訪問する人々で、マリフアナをよく使用する人や初めて試す人々の両方が含まれ、退職記念として訪れる人々やマリフアナ関係の起業を目指す人々、さらに投資家もいるという。「世界中からのさまざまな訪問者が参加している」とシェーファー氏は語る。

米国で芽吹く「マリフアナツーリズム」 合法化の動き追い風に

参考:
The Wall Street Journal – 米国で芽吹く「マリフアナツーリズム」 合法化の動き追い風に
Market Watch.com – Marijuana tourism is a budding industry

「月間約300~600人が同社のツアーに参加するとみている。ツアー参加者の約70%は初めてコロラドを訪問する人々で、マリフアナをよく使用する人や初めて試す人々の両方が含まれ、退職記念として訪れる人々やマリフアナ関係の起業を目指す人々、さらに投資家もいる。」ふむふむ。(kg)

ヴェポライザー「Snoop Dogg × G Pro Herbal Vaporizer BUSH (スヌープドッグ×Gプロ ハーバルヴェポライザー ★ブッシュ)」[Grenco Science]
充実した【おまけグッズ】は必見!
スヌープドッグデザイン ヴェポライザー、新作「BUSH (ブッシュ)」


アムステルダムの全コーヒーショップを収録
ガイドブックの決定版!!!






コメントは受け付けていません。