大麻ぐんぐん成長 鳥取・智頭で収穫ピーク



本場オランダ産
「マリファナ」の味がする電子タバコ用 E-リキッド

大麻ぐんぐん成長 鳥取・智頭で収穫ピーク
高さ4メートル近くにまで育った大麻。和紙の原材料などに使われる=28日、鳥取県智頭町八河谷

 鳥取県智頭町八河谷の畑で、産業用に栽培されている麻の大麻が大きく成長。生産者が3メートル以上に育った繊維用大麻の収穫作業などに追われている。

 生産者の上野俊彦さん(35)は2013年に県から栽培者免許証の交付を受け、陶酔作用の原因となる成分が非常に少なく、薬物としては使用されない「トチギシロ」を約120アールで栽培している。

 日本では太平洋戦争前まで日常的に大麻が栽培され、衣料や燃料など生活に欠かせなかった。上野さんは地域活性策として伝統産業の復活に取り組んでいる。

 大麻は成長が早く、5月下旬に植えた種は大きく育ち、4メートル近いものも。茎、茎の皮、実を和紙の原材料や油、炭などに使う。

 上野さんは「農作物なので天候に左右されるが、今年は雨が少なく期待できる。昔こうして日常にあった風景を取り戻していきたい」と話していた。

参考:日本海新聞 – 大麻ぐんぐん成長 智頭で収穫ピーク

大型ポスター「Tom Masse Mountain High (トム・マッセ ★マウンテンハイ)」
国道420号線沿いの大麻畑に囲まれたガソリンスタンド。

トム・マッセによる緻密でトリッピーなだまし絵ポスター。いつまで眺めていても飽きません!


本場オランダ産
「マリファナ」の味がする電子タバコ用 E-リキッド






コメントは受け付けていません。