2016年2月 のアーカイブ

「ボブ・マーリー」ブランドの大麻製品が発売、ボディケア用品も

2016年2月19日 金曜日

「ボブ・マーリー」ブランドの大麻製品が発売、ボディケア用品も

ミュージシャンによるマリファナ関連ブランドの立ち上げが相次いでいる。だが、ボブ・マーリーに太刀打ちできるアーティストはそういないだろう。伝説的なレゲエ歌手、マーリーの遺族らが立ち上げた「マーリー・ナチュラル」はボブの71回目の誕生日にあたる2月6日、その名を冠したマリファナを発売した。

ブランドの創設は、1年ほど前に発表されていた。当初はカリフォルニア州内で販売を開始。段階的に市場を拡大し、2017年には国外進出も目指す考えだ。

マーリー・ナチュラルが販売するのは、異なる株の大麻とヘンプシード(麻の実)から抽出したオイルなど。「ゴールド」と「レッド」、「グリーン」、「ブラック」の4種類のマリファナのうち、主成分THC(テトラヒドロカンナビノール)の含有量が最も多いのは「ブラック」。

同社はヘンプシード(麻の実)オイルを使ったボディケア製品など、マリファナ関連製品も取り扱う。ウェブサイトではすでに、喫煙や保管用のアクセサリーを販売しており、いずれもガラスと木材を使用した、美しい外観と機能性を備えた製品となっている。

マーリー・ナチュラルはボブ・マーリー自身と同様、「平均的」な同業者とは一世を画した地位の確立を目指す。高品質のマリファナを販売する高級ブランドとして認知されることを目標としているようだ。

ボブ・マーリーとマリファナは、切り離して考えることができない。作詞した多くの曲にマリファナのことがうたわれており、愛用者であることを隠そうともしていなかった。マーリーの家族はこれまで、発売するどの商品にもボブの名前を必ず明記することで知られていたが、マーリー・ナチュラルは完全に、「ブランド」を重視しているもようだ。

米国ではミュージシャンが続々とマリファナ・ビジネスに乗り出している。ラッパーのウィズ・カリファが独自のマリファナ「カリファ・クッシュ」(Khalifa Kush)を近く発売すると表明。スヌープ・ドッグ、ウィリー・ネルソンも同様の計画があることを明らかにしており、今後もほかのミュージシャンらが後に続くとみられている。

編集 = 木内涼子

参考:Forbes – 「ボブ・マーリー」ブランドの大麻製品が発売、ボディケア用品も


ボブ・マーリーやチーチ&チョンなど、多くの有名人に贈られ、愛用されたことでも有名な
ハワイ・マウイ産の溶岩石を素材に用いたセレブレーションパイプ。
プレゼントギフトにも最適の高級ハンドメイドパイプ

ラスタカラーの煙を大きく吸い込む
レゲエの神様・ボブマーリーの姿をデザインした大型ポスター

レゲエの神様 ボブマーリーのローリングペーパー。素材はもちろんヘンプ(大麻)製!






八方美米・八方美菜~微生物の旅~Altz約5年ぶりの新作MIX CDが到着!!!

2016年2月13日 土曜日

兵庫県・姫路を拠点に、農薬や化学肥料、自然飼育でない動物性肥料をいっさい使わずに土の力(微生物・菌・虫・草)を整えることで野菜を作りつつ、田んぼを舞台とした「田んぼフェス」などユニークな活動をしている八方美米・八方美菜より、Altzの約5年ぶりとなる最新Mix CDが届きました!!

東京店先行入荷、近々オンラインショップにもUPしますのでお楽しみに♪


*このミックスができるまで*

Altzさんとは2013年にFab Spaceのお座敷イベントチルラクチンで出会いました。目的の一つに“寝かす”という異例のこの名物イベントの深い時間に、坦々と、でも優しいDJと振る舞いに惹かれ、気づいたらTanbo Fesにお誘いしていました。

Tanbo Fesの面白さの源でもある出演者へのお礼はお野菜やお米というスタンスをいち早く面白いと受け入れてくれた人です。それから2年半、野菜やお米を毎月送らせていただき食べてもらった上で感じたものでミックスを作って欲しいと頼んでいたものが出来上がりました。

~微生物の旅~の名前の由来通り、体験型大冒険アドベンチャーミュージック。自分がミクロの大きさになって、土の中から田んぼに水が入り、時間も空間もない意識の世界にまで浮遊していくような音楽でした。夜ひっそり聴いたり、野菜を調理したりしている時、様々な場面で聴いてほしい50分弱に仕上がっています。最後の「間」の時間に訪れる音がいつもよりクリアになっていることを感じられるはずです。

ミックスのカバーをデザインしてくれたのは7年来の付き合いにもなる丸井“Motty”元子。評判も良かった一回目の八方美米のイベントでフライヤーを作ってくれたのもMottyです。デザインもまた、お野菜とbartered(物々交換)してもらっています。

つまりこのミックスは野菜とお米のエネルギーによって生み出された作品です。純八方美米・八方美菜産のこの作品。ぜひ、現物を手にっとてエネルギーを受け取ってください。

八方美米・八方美菜代表 島袋隆史






JA農業協同組合新聞コラム「大麻は大魔か」

2016年2月12日 金曜日

JA農業協同組合新聞コラム「大麻は大魔か」

大麻は大魔か
 
 医療用大麻は米国、欧州では医薬品として末期癌患者に対する鎮静剤、腰痛緩和剤等の疼痛管理としての使用が増大している。
 大麻の主要成分であるTHC(テトラヒドロカンナビノイド)の含有量は日本産0・1%と低く品種改良もされていないが、欧米では品種改良が進み含有量は14~19%まで高くなり、1970年代と比較して20倍に達している。
 カナダ政府は医療用大麻の市場は今後10年で13億カナダドルの規模に拡大する見通しを示している。欧米では大麻の医療・栽培分野での研究開発が進むなかで我が国では大麻取締法の規制によりほとんどなされていない。
 江戸時代には外科医花岡青洲は世界で初めてチョウセンアサガオとトリカブトを主成分とした6種類の薬草を使用して全身麻酔薬を完成させていたが、明治に入り西洋医学一辺倒の流れのなかで忘却された。
 この遅れをと取り戻すために、我が国の最新技術を誇り、厳密な管理が可能な「密閉型植物工場」での大麻栽培・品種改良を厚労省の友人に提案したところ、残念ながら「違法ハーブ」の取り締まりが最重要課題の一つであり、理解が得にくいと言われた。だが、医療用大麻,麻としての大麻栽培技術開発とその産業化こそが、規制緩和の正しい道と考える。

- 加藤 一郎(前全農代表理事専務)

参考:JA農業協同組合新聞コラム – 大麻は大魔か

「密閉型植物工場」、すごい表現すね・・
「グレイト OUTDOOR」をお忘れなく~(kg)


チャンバー(火皿)を3基 搭載した
ボング型ワックス用ヴェポライザー「アイオニクス T101」 登場!
ボング型ヴェポライザー「Ionix T101 (アイオニクス T101) ワックス用」

ヘンプオイルを配合した スティックタイプの国産インセンス(お香)です。
マリファナの名品種をモチーフにした4フレーバーが新発売!