大麻で料理を新たな高みへ、米カリフォルニア州のシェフの挑戦


大麻で料理を新たな高みへ、米カリフォルニア州のシェフの挑戦

 【8月10日 AFP】米カリフォルニア(California)州のシェフ、クリストファー・セージ(Christopher Sayegh)氏(24)は、大麻化合物が入った注射器を2本手に取り、少量をザクロのシャーベットや和牛に注入した。大麻を使った新しいメニューを開発しているのだ。

 米国で嗜好(しこう)目的の大麻使用を合法化する州が増える中、セージ氏は高級フランス料理を新たな高みへと押し上げる試みに挑んでいる。

 レストラン・ホテルの格付け本「ミシュランガイド(Michelin Guide)」の星を獲得しているニューヨーク(New York)とカリフォルニアの店で料理の腕を磨いたセージ氏は、大麻を使ったメニューで高級フランス料理を再定義することが自分の使命だと語った。米国ではマリフアナに対する偏見が少しずつなくなっていくにつれ、大麻入りの料理の人気が徐々に高まっている。

 ロサンゼルス(Los Angeles)にある自身の会社「ザ・ハーバル・シェフ(The Herbal Chef)」でAFPのインタビューに答えたセージ氏は「脳で感じる体験を提供しようとしているんです」と語った。

 カリフォルニア州では今年11月に21歳以上の成人に対する嗜好用大麻の合法化をめぐる住民投票が予定されている。同州の新たな「ゴールドラッシュ」の機会を捉えようとする企業家が増える中、セージ氏は食用大麻の利用に取り組んでいる。

 アラスカ(Alaska)、コロラド(Colorado)、ワシントン(Washington)州など既に5州が嗜好用大麻を合法化しており、大麻がこれまで以上に一般的に受け入れられるようになるにつれて、さらに多くの州が合法化の流れに続くはずだ。

 医療用大麻の使用はカリフォルニアを含めて23州で認められており、こちらもさらに増えるとみられている。大麻は連邦法ではいまだに違法薬物とされているにもかかわらず、だ。

 カリフォルニア州に本拠を置く大麻関連の投資・調査会社のアークビュー・グループ(Arcview Group)によると、米国における合法的な大麻の売上高は2015年には前年比232%増の12億ドル(約1200億円)に達し、2020年までに220億ドル(約2兆2000億円)を超えるとみられている。セージ氏のような企業家たちが大麻を使った料理の市場に参入するには十分な予測だ。

 大学を中退して料理の世界に入る前に分子生物学を専攻していたセージ氏は、約2年前に大麻ビジネスに参入して以来、売上高は急増していると話した。

 セージ氏は今のところ、医療用大麻の使用が認められている人々にのみ料理を提供しているが、嗜好用大麻の合法化をめぐる11月の住民投票が済めば、より多くの人に提供できるようになると期待している。

 1人当たり300~500ドル(約3万~5万円)するコース料理は、客をただ陶然とさせるだけでなく、他に比べられるもののない「没入感のある」旅へといざなうものだとセージ氏は言う。

 セージ氏は「料理が進むにつれて、私は文字通り人々の脳内の化学物質に変化を与えているんです」と、料理に一味添えるために使う小さな注射器を並べながら情熱的に語り、「交響曲のようなものですね」と付け加えた。「効き目が表れるときと薄れていくタイミングを料理と調和させないといけないからです」

 ヨルダン系移民の子孫であるセージ氏は、大麻入りの詰め物をブドウの葉で包んだものや、大麻入りのファラフェル(ひよこ豆をすりつぶして油で揚げた料理)などの中東料理の新メニューの開発を試みている。

 セージ氏は一方で、大麻入り料理に対する米国人の抵抗がなくなるにつれて、それらを食べてハイになることが軽々しく受け止められないよう消費者に周知する必要があると警鐘を鳴らす。同氏は、自分が作る料理が強力であることを理解し、慎重に調理していると語る。

「大麻は他のどんな食材とも違います」とセージ氏は言う。「大麻を調理するときは熱が非常に大事ですし、それだけではなく文字通り人を旅にいざなうわけですから、極めて慎重になる必要があります。責任を持ってきちんと料理しなければいけません」

参考:AFP BB NEWS – 大麻で料理を新たな高みへ、米カリフォルニア州のシェフの挑戦

ガンジャ寿司の開発も進んでいるとか???

ハンディヴェポライザー「MAGIC FLIGHT Muad-Dib Concentrate (マジックフライト ムアドディブ コンセントレート)」
【PR】史上最速、わずか3秒で気化できる
ハンディヴェポライザー「マジック・フライト ワックス用」

使用法もカンタン。本体に単3形 乾電池を1本差し込むだけ!
本体は木製で、手のひらやポケットにすっぽり入るハンディサイズ、充電電池を使用し、リサイクルにも貢献します。アメリカ製。






コメントは受け付けていません。