米国でマリフアナ合法化支持が57%に、反対上回る=世論調査


米国でマリフアナ合法化支持が57%に、反対上回る=世論調査

[12日 ロイター] – ピュー・リサーチ・センターが米国の成人1201人に行った世論調査によると、大麻(マリフアナ)使用の合法化を支持する国民が全体の57%に達し、反対の37%を上回った。10年前、賛否の比率は32%対60%で、わずか10年の間に世論が逆転したことになる。

政党間の賛否は顕著に分かれており、民主党では合法化支持が66%、反対が30%だったのに対し、共和党での比率は支持が41%、反対が55%だった。

11月8日には、マサチューセッツ、メーン、カリフォルニア、アリゾナ、ネバダの各州が嗜好用マリフアナ合法化の是非を問う住民投票を実施。このほか、医療目的の使用合法化を問う投票も4州で行われる。

現在24州と首都ワシントンDCで一定の医療用マリフアナの使用が合法化されているとともに、少数の州では嗜好目的の使用が認められている。

参考:REUTERS – 米国でマリフアナ合法化支持が57%に、反対上回る=世論調査

最近、ロイターの大麻記事が増えています○
写真、カリフォルニアでのグロウ風景もナイスです!

【PR】大麻種子油を配合した スティックタイプの国産インセンス(お香)です。
マリファナの名品種をモチーフにした4フレーバーが新発売!

【PR】背番号はマリファナを意味する「420」
チームTMDのプルオーバーパーカです。






コメントは受け付けていません。