カリフォルニア州、住民投票で嗜好用大麻合法化 全米5州目


 米カリフォルニア州で8日、娯楽用大麻(マリフアナ)の所有・使用を合法化する法案が住民投票で承認された。開票速報によると、この州法修正案第64号に対する賛成は54.3%、反対は43.7%だった。

 AP通信は、投票締め切り後15分足らずで同修正案可決を予測。同州は8日夜、娯楽目的の大麻使用を承認する全米4州目となった。一方、フロリダ州とノースダコタ州では医療用大麻を合法化する法案が可決された。

 コロラド、ワシントン、オレゴンの3州では既に娯楽用大麻の使用・所有が合法化されている。

参考:The Wall Street Journal カリフォルニア州、住民投票で大麻合法化 全米4州目

予想通り、カリフォルニア州で嗜好(娯楽)用大麻が合法化されました。
リンク記事、アラスカ州とワシントンD.C.(コロンビア特別区)が抜けていますね。正しくは、カリフォルニアが全米5州目になります○

【PR】大麻種子油を配合した スティックタイプの国産インセンス(お香)です。
マリファナの名品種をモチーフにした4フレーバーが新発売!


【PR】リアルなマリファナ味の電子タバコ「E-Njoint (エンジョイント)」 (ニコチンゼロ)






コメントは受け付けていません。