「汚れた大麻」が環境を破壊し、生命を脅かす──マリファナの合法化と禁止で揺れるアメリカの暗部


「汚れた大麻」が環境を破壊し、生命を脅かす──マリファナの合法化と禁止で揺れるアメリカの暗部

カリフォルニア州で2018年1月、嗜好用のマリファナが合法化された。その一方で、販売が禁止されている大半の州に出荷する目的での違法栽培が社会問題化している。違法業者たちは殺鼠剤や農薬を大量に使って環境汚染を巻き起こし、医療大麻を利用する患者の生命を脅かす存在になりつつある。マリファナの合法化と禁止で揺れるアメリカの暗部に迫った。

このマリファナの物語は、死んだ鳥たちが詰め込まれた引き出しから始まる。カリフォルニア科学アカデミーでキュレーターを務めるジャック・ダムバッカーは、同アカデミーが所蔵する標本コレクションのなかから、1羽のアメリカフクロウを手にとり、その羽毛をなでた。

一見すると健康そうに見えるが、生きていたときの肝臓には邪悪な「何か」が潜んでいた。抗凝血性の殺鼠剤だ。この殺鼠剤は、ネズミを出血多量にすることで死に至らしめる。そして必然的に、それを補食するフクロウなどの体内に蓄積されていく。

この毒物の出所はどこなのだろうか──。おそらく、カリフォルニア北部で行われている違法の大麻栽培所だろう。

「栽培所の現状はひどいものです」と、ダムバッカーは語る。「撤去するのに何百万ドルという税金が使われているのですから」

「汚れた大麻」が環境を破壊し、生命を脅かす──マリファナの合法化と禁止で揺れるアメリカの暗部

違法の大麻栽培に使われた殺鼠剤の影響で死んだ鳥たちの標本。PHOTOGRAPH BY WIRED US

マリファナは薬局の棚の上や、密売人のポケットのなかに突然現れるわけではない。誰かがそれを栽培しているのだ。カリフォルニア北部では多くの場合、その誰かとは不正な大麻農家のことを意味する。

彼らは公有地を不法占拠して、農薬などで生態系を汚す。作物を収穫したあとには、小さなスーパーファンドサイト(有害廃棄物に汚染されたことで、環境保護庁により浄化の必要性が認められた土地)を残していく。

合法のオーガニックな大麻の栽培場を運営している事業者は多い。しかし、大麻栽培は必ずしもクリーンなゲームではないのだ。

闇市場へと流れていく違法栽培のマリファナ

カリフォルニア州で大麻が娯楽目的でも使用されるようになったいま、生産者は一種の「審判」に直面している。自身の行いを改めて合法な商売をするのか、合法な市場から退場するのかどちらかを選ぶことになるのだ。

連邦政府による大麻の禁止が撤廃されるまでは、カリフォルニア州の栽培者は合法の市場をスキップして、マリファナがまだ違法である多くの州の闇市場に出荷する恐れがある。これは公衆衛生にとって悪いニュースである。だが、カリフォルニア州の野生動物にとっては、さらに悪いニュースだ。

米国で大麻を買うと、それがカリフォルニア産である確率は最大75パーセントだ。なにしろカリフォルニア州ハンボルト郡だけでも、15,000人もの個人栽培者がマリファナを量産している。このうち2,300人が許可を申請しているが、実際に取得しているのは91人にすぎない。

研究グループの推測によると、カリフォルニア州で行われている個人栽培の15~20パーセントで殺鼠剤が使用されている。ネズミは灌漑パイプや作物を噛み荒らすからだ。

さらにたちが悪いのは、荒れ果てた公有地に分け入り、そこで勝手に大麻を栽培している連中である。彼らのほぼ全員が殺鼠剤を使用している。

「殺鼠剤を大量摂取したネズミは、血液凝固が妨げられて死ぬことになります」とダムバッカーは語る。「打撲や切り傷を負うと血が固まらず、出血多量で死ぬのです」

壊れゆく食物連鎖

そしてもちろん、ネズミに害をもたらすものが、アメリカフクロウに益をもたらすはずがない。殺鼠剤がどれだけの影響をアメリカフクロウにもたらすのかは、いまのところ明らかになっていない。だが研究グループは、殺鼠剤による衰弱の可能性を指摘している。

フクロウの肝臓から殺鼠剤が見つかるのは珍しいことではない。そうしたフクロウは通常、市街地でネズミをつかまえている。だが、冒頭で取り上げたサンプルはそうではなかった。「データを実際に見てみると、殺鼠剤にさらされたフクロウの一部は、近くに道路も走っていない森の奥地で生息していたことがわかったのです」とダムバッカーは話す。

この地域の衛星画像を確認した研究グループは、そこに違法の大麻栽培所を見つけ、点と点を結びつけることに成功した。そこから判明したのは、マリファナの栽培に使用されている殺鼠剤が、食物連鎖のピラミッドをのぼりつつある──という可能性だった。 

栽培者がカリフォルニア北部で引き起こしている大損害は、過去に起きた環境破壊と不安なほど似ている。インテグラルエコロジー研究センターのエグゼクティヴディレクターで、ダムバッカーとともに研究論文を書いたムーラッド・ガブリエルは、「かつてカリフォルニア州がゴールドラッシュに対してとったのと、まったく同じアプローチをとるわけにはいきません」と話す。

ゴールドラッシュの当時は違法の金採掘が蔓延したことで、生態系が破壊されてしまった。「150年経ったいまも、わたしたちはその対処に追われているほどです」

汚染された大麻が人体に及ぼす危険

カリフォルニア北部が直面している問題は、あなた自身の問題になる恐れもある。もしあなたが、いまも違法とされる州でマリファナを買っているなら、である。

「こうした大麻が、消費者向けの食品に使われるべきではない農薬に汚染されていることを、はっきりと示すデータもあります。しかも1~2種類ではありません。何種類もです」とガブリエルは語る。「しかもそれは、人体にも害を及ぼしかねないレヴェルなのです」

カリフォルニア州オークランドにある古いクッキー工場の向かいには、ごくありふれた外観をした建物がある。CWアナリティカルと呼ばれる研究所で、ここではマリファナに天然および人工の有害物質が含まれていないかを調べるテストが行われている。

白衣に身を包んだ技術者たちがせわしなく動き回り、大麻を溶液につけて溶かしている。その傍ら、小部屋の前方では机の奥の男性が、クライアントと何やら相談している。

この研究所を運営しているのは、あごひげをたくわえた生粋のアラバマ育ち、ロバート・マーティンだ。彼は10年ほど前から、FBI捜査官の怒りを買うリスクを冒しながら、カリフォルニア州の薬局で売られる医療用大麻がクリーンで安全であることを保証してきた。

そして、嗜好用大麻の時代に入ったいま、カリフォルニア州はマーティンに対して、検査すべき新たな“敵”が記されたリストを渡した。フクロウの殺鼠剤汚染を聞いて、栽培に用いられる危険な薬品の影響を心配している人もいるだろうが、マーティンのような科学者がちゃんと検査をしてくれているのだ。

「科学的に正当な方法で検査を行っています。顔をペイントしたり、髪の毛に花を刺したりはしていません」とマーティンは語る。「わたしたちは、この業界の別の顔を示すためにここにいるのです」。それはつまり、臨床的で実証的な側面だ。

「ダーティーな大麻」を汚染するもの

マーティンが代表を務める商用大麻研究所協会(ACCL)には、20を超えるメンバーが加盟している。こうした研究所では、送られてきたマリファナは検査を通過するか、廃棄に直面するか、いずれかの道をたどる。

マーティンのチームは主に、ふたつのものを検出しようとしている。「微生物学的汚染物質」と「化学残留物」だ。

「微生物学的汚染物質とは、バクテリアや菌類です。何が検出されるかは、大麻がどのような状況で栽培されたのかに左右されます」とマーティンは語る。例えば、栽培者による乾燥や保存加工のプロセスがよくないと、コウジカビの発生につながる恐れがあるという。一方、化学残留物とは殺虫剤や除草剤などだ。

「微生物学」のほうは単純明快である。技術者が大麻のサンプルに溶液を加えて、それをプレートのうえに広げて培養器に入れる。「検査される大麻のうち、約12~13パーセントから、高レヴェルの好気性細菌が検出されます。また、約13~14パーセントからは高レヴェルの酵母菌やカビなどの菌類が検出されます」と、ラボマネージャーのエミリー・サヴェッジは話す。

これに対して、「化学」のほうは少し厄介だ。この検査では、大麻は質量分析計と呼ばれる機器に通される。これはサンプルの構成要素を分離するための装置で、栽培者が使う殺菌剤「ミクロブタニル」などの一般的な化学物質を発見できる。

流通業者と(合法の)栽培者は18年7月1日から、自分たちが販売する大麻に重金属や大腸菌などのバクテリア、殺虫剤として一般に使用されるアセフェートなどの化学物質が含まれていないかを確認する検査を受けなければならない。この義務化は一般の消費者だけでなく、とりわけ健康状態が悪化して医療用マリファナを必要とする患者にとって重要な意味をもつ。

ある研究グループは、汚染されたマリファナを吸う行為(加熱して蒸発させるヴェイピングも含む)は、一部の患者に致死性の感染症をもたらす恐れがあると警告している。病原体が肺の奥深くにまで到達するからだ。

全面禁止か、解禁による適正な規制か

「だからこそ禁止を撤廃し、大麻を合法化して規制しなければならないのです。誰もが満たさねばならない基準を設定できるように」。そう語るのは、カリフォルニア州オークランドにあるハーバーサイド医療大麻薬局でオペレーション部門のディレクターをつとめるアンドリュー・ディアンジェロだ。

CWアナリティカルなどのラボは、検査結果を州に報告しなければならない。場合によっては、州のガイドラインによって廃棄を命じられることもある。

すべて問題ないことが確認されたら、そのマリファナは薬局での販売許可を与えられる。「このプロセスが、これらのサプライチェーンがクリーンでヘルシーであるという信頼感を人々に与えるのです」と、ディアンジェロは話す。

ただし、もちろん安全は無料ではない。この安全性監査にかかる費用を捻出するため、カリフォルニア州は嗜好用大麻に対する実効税率を45パーセントに設定しようとしている。

ディアンジェロはこの税率を「あまりに高すぎます」と指摘している。なぜなら、利用者を厳しい安全基準を満たす必要はない「闇市場」に押し戻すことになるのではないかと懸念しているからだ。「われわれの薬局も、いまよりもっと混んでいるべきなのです」

そして闇市場は、冒頭で紹介したような生態系の破壊につながる。違法栽培は消費者にも、環境にも害をもたらすのだ。唯一の根本的な解決策は、禁止を撤廃し、適正な規制をかけることにある。少なくともフクロウたちは、それに感謝してくれるだろう。

「汚れた大麻」が環境を破壊し、生命を脅かす──マリファナの合法化と禁止で揺れるアメリカの暗部

参考:WIRED – 「汚れた大麻」が環境を破壊し、生命を脅かす──マリファナの合法化と禁止で揺れるアメリカの暗部

いや~ 殺鼠剤入りガンジャは、、、、税率45%も流石に高い・・・
こういう問題を回避するためには、自家栽培の合法化も必須ですね。

大型ポスター「Weed Gnomes (ウィードノーム / 大麻の妖精) ★ブラックライト対応」
【PR】収穫したマリファナバッズ(大麻の花穂)に火を点けて、
カタツムリに乗ってチルしたり、2人がかりで特大ジョイントを巻く姿も!

大麻の妖精をデザインした、ブラックライト対応 大型ポスターです。






コメントは受け付けていません。