嗜好用大麻、約8億ドルの税収予想 NY市会計監査官が合法化促進


嗜好用大麻、約8億ドルの税収予想 NY市会計監査官が合法化促進

 【15日付ニューヨーク・デイリー・ニュース】ニューヨーク市のスコット・ストリンガー会計監査官は15日、ニューヨーク州で嗜好用大麻が合法化された場合、市で年間11億ドル(約1210億円)、州全体では年間31億ドル(約3400円億円)を売り上げる産業に発展し、7億7200万ドル(約850億円)の税収をもたらすとの予想を発表した。
 大麻常用者は市に55万人、州全体では150万人、また1人当たり年間約2080ドル(約23万円)を大麻の購入に費やしていると推定され、この金額は、嗜好用大麻を既に合法化しているワシントンDCやコロラド州の大麻常用者が費やす金額とほぼ同じだという。
 市は大麻の購入に25%の物品税を課すことができ、これにより年間3億3600万ドル(約370億円)の税収が見込まれる。また、州は10%の物品税および通常の消費税を課すことができるため、年間4億3600万ドル(約480億円)の税収が見込まれる。市外居住者が市内で大麻を購入する場合もあることから、さらなる税収が期待される。
 同会計監査官は「この調査結果は、ニューヨーク市および州が嗜好用大麻の合法化を進めることで、どれほどの利益を得ることになるかを示している」と述べ、合法化を促した。

参考:Daily Sun New York – 嗜好用大麻、約8億ドルの税収予想 NY市会計監査官が合法化促進

税率高いナーー

大麻堂オリジナルTシャツ No.295「Come Fly With Me」
【PR】「一緒に吸おうよ~」と微笑む3人に、思わずニコリ♪

FUNKYでDISCOなデザインは、すべて手描き。
ジョイントとブラント、さりげないSMOKEさで着こなしやすいのも うれしい1枚です。






コメントは受け付けていません。