医療用大麻、米国で高齢者の利用急増


医療用大麻、米国で高齢者の利用急増
米カリフォルニア州ブレントウードに大麻クラブを共同で立ち上げたメリールー・モリナロさんとカイル・ジョンソンさん

【8月25日 AFP】米カリフォルニア州在住のカイル・ジョンソン(Kyle Johnson)さん(68)とマーサ・マクベス(Martha Macbeth)さん(63)は、体の苦痛を緩和するために大麻を利用している。これまで、ジョンソンさんは腰痛と不眠症、マクベスさんは座骨神経痛にそれぞれ悩まされていた。

 多くの州が合法化を進め、大麻への注目が集まる中、高齢者の間でも痛みを緩和する手段として大麻を使う人の数が急増している。ジョンソンさんとマクベスさんもそうした利用者だ。

 今年から嗜好(しこう)用大麻を合法化したカリフォルニア州は、合法大麻の国内最大の市場となった。

 サンフランシスコを拠点とするスタートアップ企業「オクタビア・ウェルネス(Octavia Wellness)」は、同州の高齢者を対象に大麻を提供している。コンサルタントを務めるマクベスさんは、「好奇心と興味を持った数多くの高齢者が、痛みと睡眠障害を取り除くためにここを訪れる」と話す。

 マクベスさんによると、大麻への関心は非常に高く、老人ホームで行う大麻製品の説明販売会は、白髪の潜在的顧客で常にあふれるほどだという。

 商品は、チンキ剤、スプレー、食品、またローションやオイルなど局所用があり、服用者は気分の高揚なしに広範な病状を緩和することができる。マクベスさんは、「(カリフォルニア州北部の)サンノゼ(San Jose)で最近行った説明会では、400人が参加を希望した」ことを明らかにし、その数に圧倒されたと述べた。

 複数の調査データによると、米国で大麻利用者の拡大が最も進んでいるのが高齢者で、この傾向が続けば、大麻消費量でより若い世代を追い越す可能性があることが明らかになっている。

■少量で始めて、徐々に増やす

 米当局の薬物使用と健康に関する全国調査によると、65歳以上のマリフアナ利用者は、2006~2013年に250%増加している。また、50歳以上を調べた別の調査では、2006~2016年に71%の増加が示されている。

 医療用大麻は29州で合法化されている。そのうちの一つであるカリフォルニア州では、大麻の売り上げが2020年までに65億ドル(約7200億円)に達すると予測されている。

 専門家らによると、関節炎から神経症、不眠症、慢性痛に至るまで、さまざまな病気の治療のために多くの高齢者が大麻に目を向け始めているという。オピオイドを含め、処方薬による副作用を避けようとする理由もそこにはある。

 高齢者の大麻利用に関する著書があるビバリー・ポッター(Beverly Potter)氏は、「高齢者の中には、1日に飲む処方薬が20を超える人もいる…これらの薬は初めは効き目があるが、その内に効果が薄れることが多い」と指摘する。

 ポッター氏はAFPの取材に「(大麻を)試してみたい人への私のアドバイスは、多くの人が言っているのと同じで、『少量で始めて、徐々に増やす』だ」と述べ、「その目的は気持ちの高揚ではなく、自分の体について知る方法を学ぶこと」と続けた。

 最近、サンフランシスコ東方にあるブレントウード(Brentwood)の高齢者居住地区で、近隣住民のメリールー・モリナロ(Mary Lou Molinaro)さんと共同で大麻クラブを立ち上げたジョンソンさんは、「3月にクラブを発足させ、最初の会合には160人が参加した。参加者らが心配していたのは、医療用大麻の利用、あるいはそれへの興味について、他人に知られることだった」と説明した。

 67歳のモリナロさんは、大麻の医療目的での利用と高揚感を得るための利用を同一視する人には「私を見て。ハイになって歩き回っているように見える?」と質問するという。

 そして、「多くの場合、自分に合う適切な製品を使うことで、ヘロヘロにならずに苦痛から解放される」ことを説明した。

参考:AFP BB News – 医療用大麻、米国で高齢者の利用急増

クスリをもらいに病院通いしている日本の高齢者にも、ぜひ!大麻を試してもらいたいナ♪

ワッペン「Smoking Smiley (スモーキングスマイリー)」
【PR】ジョイントをくゆらせて、目が半開きになったスマイルマークのワッペンです。






コメントは受け付けていません。