2018年9月 のアーカイブ

米、医療大麻の乱用防止に韓国ブロックチェーン技術活用

2018年9月29日 土曜日

米、医療大麻の乱用防止に韓国ブロックチェーン技術活用

韓国の某ブロックチェーンスタートアップ(創業初期企業)が、医療大麻の先進国である米国に対し、誤用・乱用防止技術を提供することになった。誤用・乱用を防ぐため、病歴など購入者の生体情報をブロックチェーンに保存するという。

プリズム社は26日、「米国ネバダ州にある医療大麻生産会社リブラと、米国内の誤用・乱用を防ぐためのブロックチェーン技術の提供、そして韓国の医療大麻モデル事業への共同参加に向けた了解覚書(MOU)を締結した」と明らかにした。

プリズムは、ブロックチェーン基盤のヘルスケアプラットフォームだ。生体情報を人工知能(AI)で分析し、個々人に沿った健康ソリューションを提供する。今年初めには仮想通貨「PSM」を発行、世界3カ所の取引所で上場した。一方のリブラは大麻の栽培や生産、流通許可を保有する米国ネバダ州の企業。

プリズムが提供するブロックチェーンの技術とは、疾患情報を入力すれば、その症状に合った医療大麻の購入をサポートするというもの。これを通じて誤用・乱用を防止することができるというのがプリズム側の説明だ。

プリズムのキム・ソンジン代表は「リブラの工場を訪れてみたが、JANコードを1枚1枚記録しながら医療大麻の管理を行っていた。ここにブロックチェーン技術を適用させれば、もっと容易に管理できる」と話した。

米国では32の州政府が医療大麻を合法としている。しかし、一部個人が大量購入後に横流しをしたり、未成年者による誤用・乱用が問題となっている。

リブラの最高経営責任者(CEO)ハンドリック・スティーブン氏は「プリズムの技術を適用させれば、不法流通および誤用・乱用問題をより簡便に解決できると期待している」と語った。

参考:fnnews.jp – 米、医療大麻の乱用防止に韓国ブロックチェーン技術活用

ま、大麻を誤用・乱用したトコで、ボ~っとしたり、寝落ちしてしまうくらいが関の山でしょーケド♪

Master of Life (マスターオブライフ) 長袖TシャツCutsigh ∞ SHOHEI コラボ 「LOOP (ループ)」★ガラスパイプ [MOL035]
【PR】ギタリスト Cutsighと 画家 SHOHEIによる 共同プロジェクト「LOOP」
話題のSMOKE ボールペン画の長袖Tシャツが入荷!!!






大麻料理を振る舞ったコンビニ店員を逮捕、タイ北部チェンマイ

2018年9月29日 土曜日

大麻料理を振る舞ったコンビニ店員を逮捕、タイ北部チェンマイ

タイ警察はタイ北部チェンマイで2018年9月27日、匿名の通報によって大麻検査を行ない、陽性反応が出た20歳のコンビニ店員の男を、大麻使用の疑いで逮捕しました。

各報道によると、コンビニ店員の男は大の大麻好きで、度々大麻を使った料理をしており、この日は大麻入りのチキンカレーを職場に持参し、休憩中に食べていました。時には同僚にも大麻料理を振る舞うことがあったそうで、「美味しい」と評判だったとのこと。

現在タイでは医療大麻合法化に向けた動きが活発ですが、今の所、嗜好品としての大麻が合法化される予定はありません。

参考:タイランドハイパーリンクス – 大麻料理を振る舞ったコンビニ店員を逮捕、タイ北部チェンマイ

チキン&ガンジャカリー、ンマそう★

大麻堂オリジナルステッカー★Fセット 5枚組 ガンジャマン、KUSH パープル、裏スカンク、アップルボング、麻人
【PR】『煙たくて、笑える』
大麻堂オリジナルステッカー。

Fセットは、
大麻堂のマスコット、世界のIT企業、強力マリファナ品種などをモチーフにした5枚組です。






米大麻入り飲料市場、22年までに680億円規模に拡大も-カナコード

2018年9月28日 金曜日

米大麻入り飲料市場、22年までに680億円規模に拡大も-カナコード

マリフアナ(大麻)から抽出される化合物を配合した飲料の米市場は向こう4年以内に6億ドル(約680億円)規模に膨らむ可能性があると、カナコード・ジェニュイティのアナリストが予想した。リテール向け大麻製品の他の分野の伸びを上回るペースだという。

  カンナビジオール(CBD)かテトラヒドロカンナビノール(THC)の成分を含む飲料が米食用大麻製品市場に占める割合は2022年までに20%前後と、現在の6%から拡大する可能性があると、カナコードのボビー・バールソン氏がリポートで指摘。本流のビール・清涼飲料水メーカーは市場参入を熱望しており、「コロナ」ビールなどを販売する米コンステレーション・ブランズが今年に入りカナダで大麻を栽培加工するキャノピー・グロースの筆頭株主となったほか、モルソン・クアーズ・カナダはハイドロポセカリー(HEXO)との合弁を設立。米コカ・コーラも構想を練っていることを明らかにした。

  バールソン氏は「大麻とアルコールの代替関係に関する山のような証拠を背景にビール業界の関心が高まっており、大手清涼飲料水メーカーはCBDが戦略上重要なウエルネス商品に無理なく適合するとの見方を強めている」と分析した。

  精神活性作用のない大麻成分であるCBD入り飲料の需要が22年までに2億6000万ドルに達する一方、THC配合飲料の需要は3億4000万ドルと、今年見込まれる1億600万ドルから増えるとカナコードは予想している。

原題:Cannabis-Laced Drinks Seen as $600 Mln Market in U.S. by 2022(抜粋)

参考:Bloomberg – 米大麻入り飲料市場、22年までに680億円規模に拡大も-カナコード

コンビニレジで年齢認証「はい」を押して、大麻飲料購入したいナ~♪

シリコン・ガラスボング<br />
「Waxmaid Horn Silicone Water Pipe (ワックスメイド ホーンシリコンウォーターパイプ)」
【PR】耐熱強化ガラス製のボング本体に、耐熱シリコン製のカバーがついた
タバコ用ハイブリッドボング「ホーン(角)」登場!