ミシガン州でレクリエーション目的の大麻が10州目の合法化、全米の1/5に達する


ミシガン州でレクリエーション目的の大麻が10州目の合法化、全米の1/5に達する

ミシガン州でレクリエーション目的の大麻が合法化となりました。詳細は以下から。

アメリカ合衆国の中間選挙と同時に行われた投票で、五大湖を面してカナダと接し、あのデトロイトを擁する米国中西部のミシガン州でレクリエーション目的の大麻が合法化されました。

レクリエーション目的の大麻の合法化は10州目ですが中西部では初となり、これで全米50州のうち、1/5で大麻が合法になります。

今回の合法化では21歳以上の大人に少量の大麻の所持、栽培と使用が認められます。この法改正の効果は公認されてから10日以内に発効するため、今月中にも実質的に解禁されることになっています。

また、大麻栽培や加工、販売のライセンスに関係する法整備は来年に掛けて実施される見込みです。

今回の法改正に尽力したMarijuana Policy ProjectのエグゼクティブディレクターのSteve Hawkinsさんは「大麻合法化への強力なサポートは沿岸部だけでなく中西部に、そして全米にも広がっている。レクリエーション目的の大麻は全米の1/5の州で、医療大麻に至っては3/5の州で合法化されている。連邦法も改正されるべき時だ」と述べています。

参考:Buzzap – ミシガン州でレクリエーション目的の大麻が10州目の合法化、全米の1/5に達する

まだまだ序の口さ~♪

タバコトレイ「OCB Tokyo (オーシービー ★トーキョー/東京・新宿)」
【PR】フランスの人気ペーパーOCBから、金属製のタバコトレイが登場!
夜の東京・新宿の交差点とネオンサインをデザインしました。






コメントは受け付けていません。