ニューヨーク州知事、嗜好用大麻の解禁に意欲


ニューヨーク州知事、嗜好用大麻の解禁に意欲
米首都ワシントンの議会議事堂前で開いた集会に参加した大麻賛成派の活動家(2017年4月24日撮影)

【12月18日 AFP】米ニューヨーク州のアンドルー・クオモ(Andrew Cuomo)知事(民主党)は17日、嗜好(しこう)用マリフアナ(大麻)の同州での解禁に意欲を示した。人口約850万人という全米最大の都市ニューヨーク市を擁する州だけに、実現すれば全米での合法化に弾みがつきそうだ。

 先ごろ行われた知事選で3選を果たしたクオモ知事は、かねて大麻の解禁には反対していたが、知事選の党予備選で解禁に前向きな女優のシンシア・ニクソン(Cynthia Nixon)氏の挑戦を受けていた。

「いっそのこと、成人が嗜好用大麻を使用するのを合法化しようではありませんか」。クオモ知事は2019年の優先政策をめぐり、ニューヨーク市立大学ハンター校(Hunter College of The City University of New York)で行ったスピーチでそう宣言。ドラマ「セックス・アンド・ザ・シティ(Sex And The City)」のミランダ役で知られるニクソン氏のお株を奪う形で方針転換した。

 米国では2014年のコロラド州を皮切りに、これまでに10州と首都ワシントンが嗜好用大麻を合法化している。世界ではニューヨーク州と国境を接するカナダが今年10月、主要国として初めて大麻を全面的に解禁した。

 ニューヨーク州の人口は約2000万人。

参考:AFP BB News – ニューヨーク州知事、嗜好用大麻の解禁に意欲

余談だけど、ニューヨークで流行ったモノって、1~2年遅れて日本でも流行るのよね~♪

活性炭シリコンパイプ「ビリアード」ふた、プラスチックフィルター、スクリーンつき
【PR】割れない。丸めて持ち運びもOK!

全長8.5センチ、短めサイズのシリコン製パイプ
フタつき火皿、フィルター、スクリーンがセットになりました!






コメントは受け付けていません。