タバコは100歳からだけど大麻はOKに、ハワイで合法化へ


タバコは100歳からだけど大麻はOKに、ハワイで合法化へ

先日タバコを購入できる年齢を段階的に100歳まで引き上げる法案が大きな話題となったアメリカ合衆国ハワイ州。日本人観光客も多いため、喫煙者からすれば他人事ではありません。

そんなハワイ州ですが、レクリエーション目的の大麻が早ければ2021年2月にも合法化される可能性が高まってきました。

ハワイ州議会の上院司法委員会は現地時間の2月7日、レクリエーション目的の大麻合法化を推進する法案を満場一致で可決しました。

この法案は既存の医療大麻販売店が21歳以上の成人へのレクリエーション目的の大麻の販売と試験を認めると共に、1/2オンス(約14グラム)までの大麻の所持、使用、栽培を認めるもの。

販売される大麻には15%の税金が掛けられ、その一部は若年層の大麻使用や運転中の大麻使用の危険の啓発などに使われるとのことです。

なお、このレクリエーション目的の大麻は、既に医療大麻を管轄している州保健省が合せて管轄するとされています。

今後少なくとも2つの委員会での賛成を経て全議会での投票が行われるとのことで、最速で2021年2月にはハワイ州でレクリエーション目的の大麻が合法化されることになります。

以前BUZZAP!ではサイパン島を含む米領北マリアナ諸島がレクリエーション目的の大麻合法化に向かっている事をお伝えしましたが、日本人にとって極めてメジャーな観光地であるハワイでの大麻の合法化はより大きなインパクトをもたらしそうです。

参考:Buzzap! – タバコは100歳からだけど大麻はOKに、ハワイで合法化へ

1/2オンス(約14グラム)までじゃ ちょっと少ないケドね~~

ペーパー「Kashmir MedGrade (カシミール メディカルグレード)」 ★1 1/4サイズ
【PR】米国製、医療グレードを取得したオーガニックヘンプ100%の巻紙です。
タバコフリー、ビーガン対応、高品質のペーパーです。






コメントは受け付けていません。