ニューヨーク市保健局 大麻入り食品の販売禁止


ニューヨーク市保健局 大麻入り食品の販売禁止


ニューヨーク市保健局(New York City Health Department、DOH)は、レストランやバーに対し、大麻から抽出されるカンナビジオール(CBD)を使用した食品や飲料の販売を禁止すると命じた。販売は、食品添加物としての安全性が確認できるまで禁止される。

保健局は1月よりCBD入り食品の禁止を開始し、レストランに対応を求めていた。Eaterによると、これまでにグラマシーパークのFat Cat Kitchenなど、5箇所で禁止が命じられた。

CBD食品は違法?

CBDは、テトラヒドロカンナビノール(THC)と作用が異なり、精神活性化する作用や、依存性などの症状は見られない。
トランプ大統領が署名し2018農場法案(Farm Bill)では、規制物質法(Controlled Substances Act, CSA)より、THC濃度が0.3%未満の大麻製品が除外された。同法案により、大麻入り食品の製造や、流通および販売は、合法とみなさる。
昨年より、ニューヨークでもCBD入りコーヒーやアイスクリームなどが既に販売されており、米コカコーラもCBD入り飲料の開発を検討すると発表している。

一方、米食品医薬品局(FDA)の法律では、大麻成分を添加した食品の販売は禁止されている。DOHは、FDAに従い販売禁止を行ったとされる。

DOHは、昨年インスタグラムで人気となった活性炭入りアイスクリームやドリンクの販売禁止を命じた。

参考:mashup NY – ニューヨーク市保健局 大麻入り食品の販売禁止

安全性が確認されるまで とあるけど、CBDにどんな危険性があるんだろう??
亜硝酸ナトリウムやアセスルファムK、ハッピーパウダーなど、コワ~い食品添加物は沢山あるのにネ・・・

雑誌「SPECTATOR (スペクテイター) vol.43 わび・さび」
【PR】日本古来の美的感覚“ わび・さび”。

多くの歴代の表現者たちを魅了してきた特別な概念にまつわる全てをマンガとイラストを交えてわかりやすく説いた“わび・さび”入門の決定版!
みなさんも本特集を手がかりに“わび・さび”ワールドへTune In! してみてください。






コメントは受け付けていません。