仮想通貨Dashが大麻産業に本格参入、決済システムで銀行を代替


仮想通貨Dashが大麻産業に本格参入、決済システムで銀行を代替

仮想通貨のDash(DASH)が、ウォレット開発企業であるVegaWalletと提携したことを発表した。今回の提携により、VegaWalletはDashの仕組みを利用して、合法大麻産業のための決済システムを開発するという。将来的には、在庫管理や従業員管理のシステムなども開発するようだ。

Dashは、支払いに特化した仮想通貨で、ビットコインをベースに2014年に開発された。送金は独自技術であるInstantSendにより1秒から2秒で完了し、手数料は約0.001DASH(約8円)で済む。またコンセンサスアルゴリズム(合意形成方法)はPoWを採用している。また、匿名送金技術であるDarksendにより、送受信者の特定ができないようになっている。

VegaWalletは、マルタのスタートアップ企業で、ウォレットや仮想通貨のPOSシステム(店舗管理システム)を提供している。昨年9月にICOを実施しており、約630万ドルの資金調達とERC20ベースの仮想通貨VGWの発行を行っている。

Dash財団は一昨年に、大麻産業の現状と問題について言及しており、また昨年9月には、同産業に支払いサービスを提供するAlt Thirty Sixと提携している。今回のVegaWalletとの提携により、Dashの大麻産業への参入がより現実的な取組みとなった。

大麻は主に、医療品と嗜好品の2種類に分けられるが、国連の麻薬単一条約により世界的に規制薬物とされている。そのため多くの国では、嗜好品としての大麻の流通は禁止されていた。

しかし、2013年に南米ウルグアイが、世界で初めて大麻を合法化したことを皮切りに、各国で規制の緩和が図られている。アメリカでも現在大麻の保有が一部の州で許可されている。合法化で生まれる大麻の市場規模は年間17億から35億ドルに上るとも言われている。

しかし、依然として非合法の国や地域があることや、法整備が不完全であることから、大麻業者は銀行口座を開設できない状況にあるという。そのため大麻の取引や販売は現金で行われ、強盗のリスクを伴いまた多くの防犯コストが発生している。そこで、Dashは今回の提携により問題を解決しようとしている。

今回の提携に関して、VegaWalletのCEOであるTarek Hajri氏は、次のように述べた

「大麻産業は、仮想通貨市場と同様に成長している。今回の提携で、支払いシステムの現状を、ブロックチェーンにより改善する」

なお、日本には大麻取締法があり、医療品としてでも利用が禁止されている。

参考:マネックス仮想通貨研究所 – 仮想通貨Dashが大麻産業に本格参入、決済システムで銀行を代替

大麻産業と仮想通貨が相性良く、お互いバンバン成長して、銀行はどんどん おいていかれて、タマラなくなった銀行が連邦政府に国としての解禁・合法化を求める みたいな20XX年が来るかもネ?

ペーパー「Empire $100 Bill (エンパイア 100ドル札)」 ★コーンタイプ
【PR】米100ドル札そっくりのローリングペーパーに
かんたん、詰めるだけのコーンタイプ新登場!
キングサイズ、3本入り。入れ物はタバコケースとしても活用できます。






コメントは受け付けていません。