2019年7月 のアーカイブ

大麻使用合法化についてセミナーを開催、職場での大麻使用に対する雇用主の対応を解説

2019年7月30日 火曜日

大麻使用合法化についてセミナーを開催、職場での大麻使用に対する雇用主の対応を解説
シカゴ周辺日系企業の関心は高く、ほぼ満席の会場

ジェトロは7月18日、シカゴ市郊外で日系企業を対象とした法務セミナーを開催し、イリノイ州で2020年1月から嗜好(しこう)用大麻の使用が合法化されるに当たっての雇用者の対応について解説した。

セミナーでは、嗜好用大麻の使用における雇用主の権利および従業員への対応を中心に講師から説明があった。雇用主がすべきことの1つとして、エンプロイーハンドブック(就業規則)の再確認が挙げられた。雇用主には、従業員の就業中の大麻使用を禁止する権利があるが、大麻使用を禁止する場合には、就業中の使用禁止を規則上で明文化するなどの対応が必要だという。

また、雇用主が従業員に対して行うドラッグ・テスト(薬物検査)は、明らかな理由がある場合のみ認められることや、ランダムにテストを行う場合には、従業員を恣意(しい)的に選択するなど差別的に扱ったり、従業員のプライバシーを不当に侵害したりすることのないよう留意が必要とした。

質疑応答では、日本人駐在員の嗜好用大麻の使用について質問があった。講師は、駐在員に限らず、日本国民は外国においても日本法の適用を受ける場合があり、そのため、米国でも米国法および日本法の双方が適用される可能性があると回答した。なお、大麻の使用が州法で合法であっても、依然として連邦法上は禁止されていることが付け加えられた。

参考:JETRO – 大麻使用合法化についてセミナーを開催、職場での大麻使用に対する雇用主の対応を解説

連邦法が禁止してよーが、もう解禁ですよね★

Zig Zag (ジグザグ)「ロゴTシャツ」
【PR】フランスの老舗巻紙メーカー
ジグザグの公式ロゴTシャツです。






NY州、娯楽目的の大麻使用を非犯罪化 合法化には至らず

2019年7月30日 火曜日

NY州、娯楽目的の大麻使用を非犯罪化 合法化には至らず

米ニューヨーク州は29日、娯楽目的での大麻(マリフアナ)使用を非犯罪化した。これにより少量の大麻所持は罰金刑となり、逮捕されることはなくなる。カナダ・オンタリオ州のフラムブローで1月撮影

[ニューヨーク 29日 ロイター] – 米ニューヨーク州は29日、娯楽目的での大麻(マリフアナ)使用を非犯罪化した。これにより少量の大麻所持は罰金刑となり、逮捕されることはなくなる。ただアンドリュー・クオモ州知事が目指す大麻使用の合法化には至らなかった。

ロビー活動を行うマリファナ・ポリシー・プロジェクトによると、米国ではコロラド州が2014年に初めて娯楽目的での大麻使用を合法化した後、現在は11の州とコロンビア特別区(首都ワシントン)で完全に合法化されている。このほか、ニューヨークを含む15の州が非犯罪化した。

クオモ知事は昨年12月、娯楽目的の大麻利用の合法化は19年の最優先事項の1つになると表明。大麻に対する課税で州政府は地下鉄改修などの必要な案件の財源を確保できるとしていた。ただ、州議会の民主党議員の間で業界の規制方法について意見が割れたことで、6月に合法化は頓挫した。

米国では連邦法の下で、大麻はなお非合法。オバマ前政権下で州政府が大麻合法化について独自の決定を下せるようになったが、トランプ政権は、州政府が合法化していても連邦法に則る必要があるとの立場を示している。

参考:REUTERS – NY州、娯楽目的の大麻使用を非犯罪化 合法化には至らず

前進あるのみ~♪

大麻堂オリジナル ガラスボング「ジェットバブルボング ★アイス」
【PR】気泡が大量発生する! 人気の《ジェットバブルボング》に、
活性炭フィルターと氷(アイス)を入れて使えるNEWデザイン登場!






ビヨンセの父、大麻ビジネスに勤しむ!?

2019年7月23日 火曜日

ビヨンセの父、大麻ビジネスに勤しむ!?

 ビヨンセの父、マシュー・ノウルズがマリファナに関するビジネスで忙しいようだ。ディスティニー・チャイルドのマネージャーを務めてもいたマシューだが、現在は大麻投資会社ボンジーと手を組み、大麻畑や調剤薬局に関する不動産業を手掛けているという。

 本人がニューヨークポスト紙のページシックス欄にこう話している。「私はマーケティングを得意としている。型にはまらずに考えるのが好きなんだ。流行の先端にいたいんだ、末端はごめんだ。土地を買っているんだ。生産者、調剤薬局、製造会社に貸し出しするんだ」

 そんな中、つい先日娘ビヨンセの夫ことジェイ・Zが大麻企業カリヴァのチーフ・ブランド・ストラテジストに就任し話題となっていたが、マシューは全く知らなかったという。

 「君たちと同じように知ったよ。『何て皮肉だ。自分が先だったらよかったのに!』って思ったさ。同じ週でよかったね。何をしているのかお互い知らなかったよ」とマシューは話し、2人が共同でビジネスを始める可能性については、早すぎると一蹴していた。

 一方、ジェイはその新しい肩書に関して、「俺は自分のやる事は何であろうと、正しく最高のレベルでいたいと思っている。大麻業界の未来を見据え、カリヴァの専門知識と起業精神を知るにつけ、この企画の最高のパートナーだと思ったんだ」と声明を発表、それに対してカリヴァのCEOデニス・オマリー氏はこう話していた。

 「これは業界の透明性という意味で劇的な変化となると考えています。多大な決定責任、謙遜、説明責任を持ってこのパートナーシップを進めていきたいと思います」「このポジションと共にミスター・カーター(ジェイ)は出所してきた人々の積極的な経済参加を促します。支援、職業訓練、更には従業員や労働環境にまつわる様々な事に貢献していきます」

参考:デイリースポーツ – ビヨンセの父、大麻ビジネスに勤しむ!?

一家、一族そろって大麻稼業に精を出す なんて理想的~♪

ペーパー「Empire $100 Bill (エンパイア 100ドル札)」 ★コーンタイプ
【PR】米100ドル札そっくりのタバコ用ローリングペーパーに
かんたん、詰めるだけのコーンタイプ新登場!