大嘗祭に向け大麻収穫 織物を作り献上、徳島


大嘗祭に向け大麻収穫 織物を作り献上、徳島
大麻を収穫する「抜麻式」(15日、徳島県美馬市木屋平)

徳島県美馬市木屋平で15日、11月にある皇位継承の重要祭祀「大嘗祭」で献上される麻織物「麁服(あらたえ)」の材料となる大麻が収穫された。今後、茎の繊維で紡いだ糸で織り上げられる。古代から麁服を調達してきたとされる「阿波忌部(あわいんべ)氏」の直系、三木信夫さん(82)は「まだ糸にしていくための出発点。完遂できるよう尽力する」と話した。

4月に種まきされた大麻は青々と成長し、3メートルほどに。収穫は「抜麻式」と呼ばれ、三木さんが見守る中、NPO法人「あらたえ」のメンバーが畑から抜き取った。殺菌し繊維を丈夫にするための「初蒸式」では、葉を落とした茎を高さ約1.3メートルの木おけに入った熱湯にくぐらせた。

次は茎の皮を剥いで繊維にし糸を紡ぐ工程に移る。古代に阿波忌部氏が拠点を置いたとされる徳島県吉野川市の山崎忌部神社で織り上げられる。

麁服の献上は鎌倉時代や南北朝時代は古文書で確認されたが、それ以降はなく、長年途絶えていたが、大正天皇の大嘗祭で三木さんの祖父が復活させた。

参考:日本経済新聞 – 大嘗祭に向け大麻収穫 織物を作り献上、徳島

3メーターのまっすぐな茎、よい繊維が取れそう☆
開花期直前の今 収穫するのは、株がオス・メスに分かれて枝が茂ると まっすぐな繊維が取りにくくなったり、茎が硬くなって都合が悪かったりする理由もあるのですね~

Master Of Life「ヘンプの甚平 麻の葉 総柄」
【PR】ヘンプ混生地を素材に用いた Master of Lifeオリジナル甚平。
高温多湿な季節に最良のノーストレスな着心地が魅力です。






コメントは受け付けていません。