嗜好用大麻、合法化で鎮痛剤関連の死者20%減 米研究


嗜好用大麻、合法化で鎮痛剤関連の死者20%減 米研究
販売薬局で取引される大麻製品

【8月9日 AFP】米国で嗜好(しこう)用マリフアナ(大麻)を合法化した州では、オピオイド系鎮痛剤の過剰摂取に関連する死者数が20%を超えて減少しているとの研究結果が7日、発表された。大麻業界にとっては歓迎できる研究結果となった。

 米疾病対策センター(CDC)によると、米国では2017年、オピオイド過剰摂取による死者は4万7600人に上った。ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は同年、「オピオイド・クライシス(鎮痛剤危機)」を国家の非常事態と宣言した。

 その一方で、大麻の法的地位はこの20年間で大きく変化した。現在、10州と首都ワシントンで娯楽目的での使用が許可されており、来年1月にはイリノイ州がこれに続く見込みだ。また、医療大麻による治療は34州と首都ワシントンで認められている。

 学術誌「エコノミック・インクワイアリー(Economic Inquiry)」に掲載された最新の論文の執筆者らは、過剰摂取による死亡率を合法化の実施前と実施後、さらには合法化のさまざまな段階にある州の間で比較することにより、死亡率の低下において「今回の研究で特定した因果効果が極めて確固としたもの」と考えられることを明らかにした。

 計量経済分析の結果、低下の割合は20~35%の範囲で、因果効果が特に顕著なのはフェンタニルなどの合成オピオイドに起因する死であることが分かった。最新の公式データによると、米国で最も死につながる恐れの高い薬物がフェンタニルなのだという。

 論文の筆頭執筆者で、米マサチューセッツ大学アマースト校(University of Massachusetts Amherst)の経済学者のネイサン・チャン(Nathan Chan)氏は、AFPの取材に対し「周知の通り、オピオイドのまん延は近年、急激に拡大している」「これが意味することは、誰にでも影響は及ぶが、合法化した州では合法化していない州ほど悪影響を受けないということだ」と語った。

■影響する要因は…

 ただ、合法化の行為自体によってこの効果が生じるわけではない。チャン氏と米コロラド州立大学(Colorado State University)の共同研究者らは、販売薬局を通じて合法的に大麻を入手できる州において最も大きな死者数の減少が見られたと論文に記している。

 今回、影響する要因についての調査は行っていない。ただ、自己治療を行う人が増え、より多くの人が大麻の使用で痛みに対処していることから、「そうした人が中毒性のオピオイドに手を出す可能性は低い」ことが考えられるとの見方をチャン氏は示した。

 今回の研究結果は、生まれたばかりの合法大麻業界には歓迎されるものとなった。ただ、他の研究で同様の結果が再現されるまでは慎重に取り扱われることになるだろう。

 このテーマに関する一部の先行論文では逆の結果になることが明らかになっている。すなわち、大麻の使用が非医学的に処方されるオピオイドの使用を減少ではなく増加させるという結果だ。

 だが、大半は経済学者でなく医師が執筆したこれらの先行論文では、正相関と因果関係を適切に区別できていないと、チャン氏は指摘する。これは、特定の薬物の使用者が複数の薬物に引き寄せられることを踏まえて明らかにすべき重要な区別だという。

 今後の研究でチャン氏は、今回の成果を成し遂げたメカニズムの特定に取り組み、自身の代用理論を検証したいと話している。

参考:AFP BB News – 嗜好用大麻、合法化で鎮痛剤関連の死者20%減 米研究

合法国で研究が進み、良い結果がどんどん出てきますね

ビーチタオル、バスタオル「What's Your Pleasure? (どの品種がお好みですか?)」
【PR】「どれがお好みですか?」の言葉の下に、マリファナ人気9品種がずらり!

ディスペンサリー(医療大麻薬局)で品種を選んでいるときのような雰囲気が味わえる大判タオルです。






コメントは受け付けていません。