大麻由来成分CBD、米政府が規制整備へ 市場拡大に弾み


大麻由来成分CBD、米政府が規制整備へ 市場拡大に弾み

大麻(マリフアナ)から抽出されるカンナビジオール(CBD)を使った食品やヘルスケア製品の人気が高まるなか、米政府がようやく規制の整備に乗りだした。米農務省がこのほど、原料であるヘンプ(麻の一種)の国内での生産に関する最終規制案を公表した。

これを機に、法的な位置づけがあいまいなCBD製品についてのルールづくりが進めば、市場の拡大に一段と弾みがつきそうだ。

CBDはストレス軽減などの効果があるとされ、食品・飲料業界などで注目されている。添加したグミやジュースなどのほか、オイルやローションも既に市販されており、「アリゾナ・アイスティー」や「ベン&ジェリーズ」といったブランドもCBD入りの商品の投入を計画している。

米国では複数の州がCBDの規制法を成立させた一方、連邦政府は基本的に放置した状態だった。2018年の改正農業法でヘンプとそれに由来する製品は規制薬物から除外されたとはいえ、CBDについては依然として法的にあいまいさが残る形になっている。

こうした中、農業省は10月末、国内のヘンプ生産について、CBDに関する規則を含む規制の暫定的な最終案を連邦広報に掲載した。これはCBD市場にとって、農業法以降で最も大きな変化の始まりになりそうだ。禁酒法の廃止になぞらえてもいいくらいかもしれない。

連邦政府がやっと、全米規模のCBD市場の整備に役立つ基準づくりに着手したということだからだ。それによってCBDはいよいよ片隅から中心に躍り出て、商品の安全性や品質の一定性も高まると期待される。

ここへ来て連邦政府が重い腰を上げた背景には、CBD市場の拡大がある。米国では今年、CBD関連商品の売り上げが130億ドル(約1兆4000億円)に達する見通し。つまり、CBDはもはや無視できないほど存在感を高めており、信頼できる情報や一律の規制がなければ混乱がさらに増えていくのは避けられない。

連邦政府も遅ればせながら、必要な仕組みを引っさげて、シーン(パーティーとは言わない方がよいか)に登場したというわけだ。

農業省の規制には、連邦政府によるヘンプ農家への支援に関する規定などが盛り込まれる見込みだ。農家は保険やローンを利用しやすくなり、融資の拡大や生産量の増大につながりそうだ。一方で厳しい規定もあり、消費者側にとってはメリットがあるだろうが、メーカー側にとってはコスト負担が増えるとみられる。

例えば、栽培したヘンプについては、収穫の15日前までに麻薬取締局(DEA)認定の研究機関にサンプルを送り、認証を受けなくてはならないとされている。

ただ、連邦政府機関でヘンプとCBDの規制に本腰を入れはじめたのは、現時点では農業省だけにとどまっている。食品医薬品局(FDA)はCBDを成分とするてんかん治療薬「エピディオレックス」を承認しているものの、CBDについては、FDAの規制対象である医薬品の活性成分に分類している。

FDAは10月末、「さまざまな種類のCBD製品が合法的に市販されるようになる経路の可能性」を引き続き探っていくと表明した。CBD製品の製造は、現在はFDAの審査対象外だが、農業省の動きを受けて状況が変わる可能性も出ている。

例えば、業界団体の米食品製造業協会(GMA)もFDAに対して、CBDに関して「入り組み、矛盾するものも多い州や地方自治体の規制」に代わる、最終規則を定めるよう求めている。

一方、農業省は、精神活性作用があり、CBDに含有されることもあるテトラヒドロカンナビノール(THC)についても、規制の整備に取りかかっている。同省によれば、ヘンプのTHC含有量の上限を、カナダをはじめとする多くの国と同じ0.3%に定める方向という。FDAもそれに準じる公算が大きい。

CBD製品をめぐっては、人気の陰で誇大広告も目につくようになっている。CBDを、万能薬か何かのように思い込んでしまう消費者もいるようだ。だが、規制が整備されれば、そうした状況も改善するかもしれない。

FDAはこれまでに、CBD製品について医薬品のような効能があるとうたうメーカーに警告を発している。連邦政府が規制の整備を進めるにつれて、製品の売り文句からうそや誇張が減っていけば、メーカーの淘汰(とうた)も進んでいく可能性がある。

CBD関連企業にはマネーが向かうようにもなっている。米たばこ大手アルトリア・グループは、カナダの大麻製造会社クロノス・グループに18億ドルを出資した。先に触れたアリゾナ・アイスティーだけでなく、ビール会社なども売り上げアップにつなげようとCBD入りの製品開発を進めている。

CBD市場がこのまま急成長を続けていけば、GMAが求めるような連邦政府による規制が整うのはおそらく時間の問題だろう。

確かに規制を嫌がる業界は多いが、CBD市場が食品・飲料業界で真に離陸するためには規制整備が不可欠だったと、後になれば分かるだろう。まず農業省が動きはじめ、FDAもそれに続こうとしている。ようやく連邦レベルの規制が整いそうな気配だ。

企業側にとっては、事業に当たって準拠できる基準ができるということが、それは煩雑な事務手続きに対処しなくてはならなくなる(そのためのコストが発生する)ということでもある。ただ、それと引き換えに、製品は品質が管理され、消費者は保護され、企業も一層の成長が期待できるようになる。全米規模のCBD市場は、大麻の幻覚が生み出すような夢物語ではなくなりつつある。

参考:Forbes Japan – 大麻由来成分CBD、米政府が規制整備へ 市場拡大に弾み

ほ~らもう、ニッポンもCBDを無視できなくなっている・・・♪

タバコトレイ「Super Skunk Rollin Tray (スーパースカンク ローリングトレイ)」
【PR】胸にリーフマーク、ジョイントをくわえた赤目のスカンクをデザインしたメタルトレイです。
名品種スカンク ファンにおすすめする1枚です。






コメントは受け付けていません。