【急成長マリファナ】、アメリカ最大の百均チェーンも大麻抽出CBD製品の販売を拡大!


【急成長マリファナ】、アメリカ最大の百均チェーンも大麻抽出CBD製品の販売を拡大!
22州に340店を展開するスプラウツ・ファーマーズ・マーケットのサプリメント売り場にあるCBDコーナー。入り口近くの目立つ場所になるエンド陳列で「CBD塗り薬(Topical CBD)」に「今流行っています!(Trending Now!)」とあり、売れ筋であることがわかる。他のお店でCBDクリームを買いに来たお客さんに聞くと、首や肩、腰の痛みに効くと言っていた...

■44州に1.6万店のダラーストアを展開するダラーゼネラルは10日、大麻から抽出されるカンナビジオール(CBD)を使用した製品をテネシー州とケンタッキー州にある20店舗で販売を始めることを発表した。

大手チェーンストアが大麻成分を含むCBD製品の流通拡大させていることでCBD市場が急成長しているのだ。

ダラーゼネラルが扱うCBD製品は軟膏やクリーム、様々なソープとなるボディケア用品などで価格帯は7〜20ドルとなる。サプリメントなどの食品は扱わない。

ダラーゼネラルでは来年の春までにはCBD製品をテネシーやケンタッキーの2州に加えて、テキサス州やフロリダ州の7つの州でも販売を拡大し1,100店で取り扱うとしている。

なお大麻の茎や種子に含まれるCBDは、大麻のもう一つの成分であるテトラヒドロカンナビノール(THC)と作用が異なり、精神を活性化する作用はなく、ハイになるなど幻覚作用はない。

CBDは不安や痛み、不眠、炎症、さらにはガンにまで効果があるなどとうたわれてはいる一方、信頼のおけるリサーチはほとんど行われていないという。

 CBD製品は今年、販売を開始する大手チェーンストアが次々に現れて、雨後のたけのこの状態となっている。

ドラッグストアチェーンではウォルグリーンやCVS、ライト・エイドがCBD製品の取り扱いを始め、スーパーマーケットでは最大手となるクローガーもCBD市場に参入を果たした。

アマゾン傘下のホールフーズ・マーケットも4分の3となる359店(29州)でCBD製品を扱っているのだ。

サプリメントを販売するチェーンのGNCやビタミンショップ、ティーンアパレルのアメリカン・イーグルやアバークロンビー&フィッチ、美容のアルタ・ビューティなどもCBDを含む外用薬を取り扱い始めており、コスメチェーンのセフォラやアルタでも30〜60ドルの価格帯でオイルやローションなどの製品の販売を開始している。

チェーンストアが扱うCBDは外用薬なのだが、マットレスのオンライン販売で急成長しているキャスパーは、CBDを含んだ睡眠用グミの販売を始めた。

キャスパーが扱うCBDスリーピング・グミはプラス(PLUS)で、メラトニン1mgとCBD25mgを含んでおり14個入りで35ドルとなっている。

 CBDがブームになっている一方で食品医薬品局(FDA)は先月25日、CBD食品に関する新たなガイドラインを明らかにした。

FDAはまた「CBD食品の安全性について科学的な根拠が不足しており、安全性を裏付ける確証がまだできていない」としCBDメーカー15社に違法販売しているとの警告書を送ったことを公開したのだ。

 FDAは研究不足としてるもののCBDの販売を開始する大手チェーンは今後も拡大していくだろう。ウォルマートやターゲットでもいずれ競合に押される形でCBDに手を付けることになるのだ。

参考:Blogos – 【急成長マリファナ】、アメリカ最大の百均チェーンも大麻抽出CBD製品の販売を拡大!

●●●●●●●●●

大麻堂オリジナル 活性炭ガラスパイプ「NO スクリーン (ノー スクリーン)」
【PR】消耗品のアミが要らないから 「経済的」
活性炭フィルターが使えて、水パイプのような吸い心地。

お手ごろハンディパイプの新定番!
「NO スクリーン (ノー スクリーン)」

アニマル柄3デザイン、新入荷しました!






コメントは受け付けていません。