2020年7月 のアーカイブ

大麻成分で医療従事者の負担軽減を ブラジル連邦大、300人に実験

2020年7月26日 日曜日

大麻成分で医療従事者の負担軽減を ブラジル連邦大、300人に実験
医療用大麻の普及を目指すブラジルのNPO「ABRACE」の施設で栽培されている大麻=ブラジル・パライバ州(Cesar Matos氏撮影・時事)

 【サンパウロ時事】ブラジルのサンタカタリナ連邦大学(南部サンタカタリナ州)が、新型コロナウイルスと最前線で闘う医療従事者にマリフアナ抽出成分を投与し、ストレス軽減効果を測る臨床試験に乗り出す。全国300人以上を対象に8月に開始し、来年3月に結果をまとめる方針。
 研究責任者のエリキ・アマゾナス准教授は「3月から医療従事者は疲労困憊(こんぱい)だが、ほぼ放置され、辞める人が出ているようだ。マリフアナ抽出油がストレス解消や緊張緩和に効果があるか見極めたい」と指摘。共同研究者で医療用大麻普及NPO「ABRACE」の薬剤師ムリロ・ゴウベア氏は「こうした研究は、国内での大麻成分利用を促進させる上で必要不可欠だ」と期待する。
 実験では、一方のグループに医療業務に支障を来さないよう、酩酊(めいてい)作用をもたらすテトラヒドロカンナビノール(THC)をごく少量に抑えたマリフアナ抽出油、もう一方にただの液体を投与。効果の有無を調べるという。
 感染者、死者がともに米国に次いで世界で2番目に多いブラジルではここ数日間、1日約6万人のペースで感染者が増加。医師や看護師は極度の緊張と感染の危険にさらされている上、「そばに寄るとコロナがうつる」といった偏見も加わり、心身の不調を訴えて離職する者も少なくない。

参考:時事ドットコム – 大麻成分で医療従事者の負担軽減を ブラジル連邦大、300人に実験

ストレス解消や緊張緩和、きっと日本人にも最適ですね♪

大麻堂×チャッカーズコラボ ガラスボング「ちゃっかりボング」
【PR】巷で話題のもくもくバンド・チャッカーズとのコラボ喫煙具 
拳銃型ガラスボング「ちゃっかりボング」解禁!!






病院トンブリ、医療用大麻で3大学と協力 タイ

2020年7月22日 水曜日

病院トンブリ、医療用大麻で3大学と協力 タイ

3大学と協力することになった私立病院チェーンを運営するタイのトンブリ・ヘルスケア・グループ
左から2番目がトンブリのブーン会長

私立病院チェーンを運営するタイのトンブリ・ヘルスケア・グループは、医療用大麻の研究開発で3大学と協力する。高品質の医療用大麻製品を開発し、適正価格で提供できるようにする。21日付バンコクポストが報じた。

トンブリのブーン会長によると、政府が民間企業と個人による商業目的の医療用大麻栽培を解禁したことを受け、大学と協力して研究開発することを決めた。国立のシーナカリンウィロート大学、マヒドン大学、カセサート大学の3大学と、大麻の研究開発と栽培、医療用大麻製品の生産で協力する趣旨の覚書を取り交わした。

3大学のうちシーナカリンウィロート大学は、医療用大麻の開発のほか、同大学が指導している心臓病の臨床研修病院の運営でもトンブリ・ヘルスケアと協力覚書を交換した。

参考:NNA ASIA – 病院トンブリ、医療用大麻で3大学と協力

トンブリ・ヘルスケア・グループ(Thonburi Healthcare Group)、略してTHG♪
日本からも近く、今注目を浴びているタイの合法大麻シーンから目が離せません!

ヘンプ(大麻製)ペーパー「LEGALIZE TOKYO (リガライズトーキョー)」 1 1/4サイズ
【PR】大麻堂 × LEGALIZE TOKYO
コラボレーションのオリジナルHEMPペーパーが発売です。






新型コロナの死因となる重篤な肺炎に大麻の有効成分「THC」が効果、動物実験で100%が生存

2020年7月8日 水曜日

新型コロナの死因となる重篤な肺炎に大麻の有効成分「THC」が効果、動物実験で100%が生存

医療大麻が現在世界で猛威を振るう新型コロナウイルスに対抗する助けになる可能性が示されています。詳細は以下から。

アメリカ合衆国のサウスカロライナ大学のAmira Mohammed博士らの研究チームは、新型コロナの大きな死亡原因とされる「急性呼吸窮迫症候群(ARDS)」に大麻の有効成分である「THC」を用いる動物実験を行い、100%のケースで効果が確認されたことをジャーナル「Frontiers In Pharmacology」に報告しています。

急性呼吸窮迫症候群は重症肺炎、敗血症などの原因によって肺で炎症性細胞が活性化されることにより、肺胞や毛細血管に損害を与え、肺に水が溜まって重度の呼吸不全が引き起こされる、極めて重く危険な症状の総称です。

新型コロナウイルスによる肺炎が原因でこの急性呼吸窮迫症候群(ARDS)が引き起こされることはすでに知られていますが、その肺炎の発症時に起こるのが神経伝達物質サイトカインの放出です。

サイトカインは細胞から分泌される低分子のタンパク質の総称ですが、この中で免疫の働きを高めるものが「暴走」し、正常な細胞を攻撃して、炎症が広がって重篤化したり血栓症を引き起こす状況を「サイトカインストーム(免疫暴走)」と呼びます。

新型コロナの感染症においてはこのサイトカインストームが肺炎を重篤化させて急性呼吸窮迫症候群のトリガーとなり、最悪の場合は死に至ることになります。

大麻に含まれる、ハイになることでも知られる有効成分「THC」は、医療大麻の研究の中で抗炎症性物質として機能することがすでに広く知られています。

Mohammed博士らはTHCが肺の炎症を食い止める可能性があるのではないかとの仮説を立て、急性呼吸窮迫症候群を発症したマウスに投与しました。

するとTHCがサイトカインストームに対して炎症性サイトカインを強く抑制。免疫細胞が炎症を拡散させるのを抑え込んで致命的な症状を防ぐことができ、100%のマウスが生存しました。

現時点ではあくまで動物実験での成果という段階ですが、重症化を防ぐという意味でワクチンとは違ったアプローチでの新型コロナへの治療薬としての活躍が期待できそうです。

参考:Buzzap! – 新型コロナの死因となる重篤な肺炎に大麻の有効成分「THC」が効果、動物実験で100%が生存

得体の知れないワクチンより、断然大麻っしょ~!

大麻堂オリジナルTシャツ No.316「アダムスジョイント」
【PR】「アダムは、ジョイントを片手に神と何を語り合うのか?」

ミケランジェロ作 “アダムの創造(Creazione di Adamo)”をテーマにした1枚です。