‘アメリカのマリファナ情報’ カテゴリーのアーカイブ

医療用大麻をペットに、法的にはグレーゾーンも 米国

2017年7月11日 火曜日

医療用大麻をペットに、法的にはグレーゾーンも 米国
米カリフォルニア州ロサンゼルスの自宅で、愛犬ケイリーの治療薬として大麻抽出液を与えるブレット・ハルトマンさん(2017年6月8日撮影)

【7月11日 AFP】朝のエサを食べ終えた黒のラブラドルレトリバーのケイリー(6)は、すっかり目が覚めた様子で飼い主のブレット・ハルトマン(Brett Hartmann)さん(30)の方をじっと見つめ、午前の投薬を待っている。

 口に薬を流し込むと、ケイリーはしっぽを振りながら、その液体をしきりになめる。ハルトマンさんは毎日朝夕に「医療用大麻」をケイリーに与えている。不安感を取り除くことが目的という。

 米カリフォルニア(California)州ロサンゼルス(Los Angeles)で暮らすハルトマンさんは、大学生時代にてんかんを患い、介助のためにケイリーを飼い始めた。その後、医療用大麻の服用でてんかんを克服したため介助は不必要となったが、今度はケイリーに問題が生じた。飼い主と離れることを極端に嫌がる分離不安の症状が表れたのだ。そこで、犬にも同様に大麻を与えてみたのだという。

「CBD(カンナビジオール、大麻由来成分)を与え始めて以来、分離不安症は和らいできた」とハルトマンさんは話す。

 米国では、医療用および嗜好用大麻の市場が数十億ドル規模にまで成長・成熟しているが、動物たちを対象とした動きでも同様の拡大がみられる。

 カリフォルニア州で人および動物用の非精神活性の医療用大麻を専門に取り扱う「トリートウェル(Treat Well)」創設者のアリソン・エッテル(Alison Ettel)氏は「われわれの会社は毎月約20%の成長率を記録し続けている」と近年の大麻市場の活況ついて説明する。

 エッテル氏は「1日に1~5匹のがん患者が来るが、その中でわれわれは驚きの結果を実際に目にしている」と話し、大麻が平均余命を延ばすのに役立っていることは肌で感じられると続けた。

 会社設立は約10年前で、当初は治療する動物の数も年間20匹程度だった。主に犬が対象だった動物の種類も、今では猫、トカゲ、カメ、アルパカ、馬と多岐にわたる。家畜も多い。

 医療用大麻は現在、29州とコロンビア特別区(District Of Columbia、首都ワシントン)で合法化されている。これに伴い、動物の患者数も急増しているのだという。

■「奇跡の薬」なのか?

 しかし、業界は活況を呈しているとはいえ、大麻は連邦レベルではいまだに非合法なままで、州レベルの大麻法はペットたちには適用されない。つまり、獣医師が大麻を処方することはできないため、ペット用の大麻を入手したければ、飼い主自らが許可証を入手する必要があるのだ。

 この法律のグレーゾーンに加えて、ペット用大麻の影響に関しては、研究が十分行われていないため、投与量についてはかなりの注意が必要となってくる。

 病気で苦しむペットに、痛み止めや従来の薬ではなく大麻の投与を支持する人々は、適切な使用下では大麻に重大な副作用が起きていないことをその主な理由として挙げる。

 それでも、獣医師らは大麻を「奇跡の薬」とみなす向きに警鐘を鳴らす。

 カリフォルニア獣医師会(California Veterinary Medical Association)のケン・パブロフスキー(Ken Pawlowski)会長は「犬や猫に対する研究さえないのだから、ましてやモルモットなどの他の動物の研究などない。だからたとえ何か潜在的なメリットがあったとしてもそれが何なのか私には分からない」と語る。

 同氏はまた、大麻を投与されたペットは気持ち良さそうにしているかもしれないが、それは病気が治ったことを意味するわけではないとも述べた。

 しかしハルトマンさんのような飼い主らの心は決まっている。

「われわれには非常に多くの成功事例がある」と、大麻コンサルタントとして働くハルトマンさんは言う。「私はてんかんの治療のために医療大麻を使うまで、ずっと反対派だったし、支持もしていなかった。でも、大麻は私の体を治すのに役立ったのだから、うちの犬たちに使うのも理にかなっているはずだ」

医療用大麻をペットに、法的にはグレーゾーンも 米国
ペット用の大麻抽出液の瓶。米カリフォルニア州ロサンゼルスで(2017年6月7日撮影)

参考:AFP BB News – 医療用大麻をペットに、法的にはグレーゾーンも 米国

医療大麻を研究する獣医学部なら、新設に賛成♪

ミニクッション、犬用おもちゃ 「RAW Cone Dog Chew Toy (ロウ ジョイント型ミニクッション ヘンプ素材)」
【PR】全長30センチのBIGジョイント!

無漂白ヘンプ生地でつくった犬用トイ(おもちゃ)が、RAWから登場!
本体中央にRAWロゴ入り、先端部分はほっこり燃焼中です。






米ラスベガスで大麻解禁 「大麻フレンドリー」なホテルも登場

2017年7月7日 金曜日

米ラスベガスで大麻解禁 「大麻フレンドリー」なホテルも登場

7月1日にオープンした、米ネバダ州ラスベガスの嗜好用大麻販売店「Shango Premium」で最初に大麻を購入したTick Segerblom上院議員

7月1日の午前0時過ぎ、米ネバダ州ラスベガスの嗜好用大麻販売店「Shango Premium」がオープンした。この店で最初に大麻を購入したのはネバダ州上院議員のTick Segerblomだった。彼は自分の苗字と同じ名を持つ大麻の品種、Segerblom Hazeを巻いたジョイントを手にした。

カジノリゾートとして知られるラスベガスでの嗜好用大麻の解禁は、地元経済に多大な貢献をもたらすと見られ、この分野で新たなビジネスを立ち上げる起業家も多い。数年前に大麻を解禁したコロラド州では2015年に、1万8000名の大麻関連の雇用が生まれた。ワシントン州シアトルの企業、Pacific Century Holdingsは5000万ドルのファンドを設立し、当局の定める規定に合致する大麻栽培工場用の土地を購入しようとしている。

ネバダ州でもこの分野での競争が高まることは容易に想像がつく。現地でコンサルティング事業を行うSocial Media UnicornのCEO、Krista Whitleyは「ラスベガスで開催されるカンファレンスとの相乗効果で巨大な需要が見込める」と語る。現地では既に“大麻フレンドリー”な宿泊施設をリストアップしたサイトも登場している。

米国では各州で嗜好用大麻の解禁が進むなか、当局の対応が解禁日の前日になってようやく決まるような混乱も起こり、起業家らにとってはそれが悩みの種だ。

しかし、当局の動きがどのようになろうとも、起業家らに求められるのはビジネスを成功に導く基本原則を守ることだ。「大事なのは顧客のニーズをしっかり理解し、親しみやすいブランドを構築することだ」とラスベガスで生花店事業等を行うRemedyのゼネラルマネージャーのBraly Joyは述べた。

「顧客らと大麻関連製品を正しいやり方でつなげていくこと。そこに力を注げば注ぐほど、ブランドに対する信頼が生まれ、大きな成果を生み出すことになる」とJoyは話した。

参考:Forbes Japan – 米ラスベガスで大麻解禁 「大麻フレンドリー」なホテルも登場

上院議員が一番乗りってイイですね~♪

HIGH TIMES(ハイタイムス)<br />
「Snapback CAP (スナップバックキャップ)」★クロニック(マリファナリーフ)
【PR】米マリファナ情報誌「HIGH TIMES(ハイタイムス) 」のCAP。
フロントにマリファナリーフをデザインしました。スラング英語で「大麻」を意味する“クロニック”アイコン。
巻きタバコ用のフィルターになるミシン目入り商品タグ付き。少量入荷!






大麻合法化の米ネバダ州、7月から嗜好用マリフアナ販売可能に

2017年7月3日 月曜日

大麻合法化の米ネバダ州、7月から嗜好用マリフアナ販売可能に

[29日 ロイター] – 全米で唯一ギャンブルと売春が合法化されているネバダ州で、今度は嗜好用大麻(マリフアナ)の使用が認められ、1日から十数店舗で販売が開始される。

マリフアナ使用は昨年11月に住民投票で合法化法案が可決されて実現した。

州税務当局の広報担当者によると、認可を受けた店舗は、21歳以上の顧客に対し、嗜好用マリフアナを最大1オンス(28グラム)まで販売できる。2015年に医療用マリフアナ販売の認可を受けた店舗のみが嗜好用の販売認可を申請できる。

最終的な認可店舗数は確定していないが、これまでに州全域から60件の申請があり、多くはラスベガスで開店する見通しという。

参考:REUTERS – 大麻合法化の米ネバダ州、来月から嗜好用マリフアナ販売可能に

ハゲ~!!のジョニーデップが主人公を演じる
名ドラッグムービー「ラスベガスをやっつけろ」を思い出しますナ~


【PR】ネオン管とヤシの木を用いて、1980年代を意識したFUNK BOOGIEなデザインのマリファナ名品種Tシャツです。
「CHRONIC Paradise (クロニックの楽園)」
大麻堂オリジナルTシャツ No.284「CHRONIC Paradise (クロニック パラダイス)」【マリファナ名品種】


【PR】リアルなマリファナ味の電子タバコ「E-Njoint (エンジョイント)」 (ニコチンゼロ)