‘アメリカのマリファナ情報’ カテゴリーのアーカイブ

嗜好目的の大麻合法化を支持 米ニュージャージー州の次期知事

2017年11月21日 火曜日

 【15日付FOX5】ニュージャージー州の次期知事に選出されたフィル・マーフィー氏(民主)は15日、朝のテレビ番組「グッド・デー・ニューヨーク」に出演し、嗜好品としての大麻使用合法化を支持していると話した。
 同氏は、大麻合法化は財政難にある同州に歳入をもたらすとし、同州議会が合法化法案を可決した際は、知事就任後100日以内に法案に署名すると言明した。4人の子どもの父として、この結論に達するのは容易でなかったというが、「大麻は既に普及しており、州はこれを受け入れつつ適正に規制するべきである」と話した。また大麻の合法化は社会的公正にプラスの効果を与えると主張している。
 同州上院議会には、少量であれば大麻を個人的に所持し使用することを認める法案が提出されている。同法案では各地方自治体で大麻の販売を許可するかどうかを決め、許可しない地方自治体は、大麻販売による推定約3億ドル(約340億円)の年間税収の配分を受ける資格がなくなる。
 一方、合法化に反対する声もある。依存症専門家のハリス・ストラタイナー医師は、大麻の使用は、より効果の強い麻薬常用のきっかけになると批判している。
 全米の8州およびワシントンDCでは、嗜好品としての使用が合法化されている。

参考:Daily Sun New York – 嗜好目的での大麻合法化を支持 NJの次期州知事

ニュージャージーだったら、ニューヨークからたくさんの観光客を見込めるモンね☆

Master of Life (マスターオブライフ) 長袖TシャツCutsigh ∞ SHOHEI コラボ 「LOOP (ループ)」★ガラスパイプ [MOL035]
【PR】ギタリスト Cutsighと 画家 SHOHEIによる 共同プロジェクト「LOOP」
話題のSMOKE ボールペン画の長袖Tシャツが入荷!!!






学問として「大麻」を教える米国の大学、各地で新コース開講

2017年11月1日 水曜日

学問として「大麻」を教える米国の大学、各地で新コース開講

新学期の始まりとともに、米国各地の大学で大麻について学ぶコースが開講されている。卒業単位に含まれる正規の授業はもちろん、社会人向けの講座もあり、学問の分野も生物学、医学、法学など多岐にわたる。

カリフォルニア大学ロサンゼルス校では、ジェフ・M・チェン博士率いる40名のチームが大麻研究センターの開設に向けて活動中だ。現在は医療用使用と副作用に関する研究がメインだが、いずれは学部を横断する組織を目指しているという。「大麻はいくつかの病気に対する安価かつ安全で効果的な代替治療薬となる可能性を秘めています」とチェン博士は話す。

医療目的で大麻を使用する人々がいる以上、大学が大麻に関する知識や技術を正規の学問として受け入れることは必須と言える。バーモント大学メディカルスクールでは2016年、「医療大麻」コースがスタートした。

大麻の化学成分、医療効果、使用法、大麻が法制度に与える影響などについて学ぶ同コースはこれまで毎回約80人が受講している。大麻そのものが教室に持ち込まれることはないが、学生は授業の一環でバーリントンのダウンタウンにある大麻薬局に行くことが可能だ。

化学成分について学ぶ回では、教授が大麻に含まれる有機化合物テルペンのサンプルを用意し、それぞれの相互作用や香りに与える影響を説明する。同メディカルスクールでは他に、医師や看護師、薬剤師などの医療従事者を対象とした7週間のオンラインコースや8時間のオンラインモジュール(科目)も開講している。

大麻産業で働く人々を対象にしたコースもある。大麻に特化した教育機関として2007年に設立されたカリフォルニア州のオークスターダム大学は、大麻ビジネスの経営から栽培法まで幅広い講座を提供する。

参考:Forbes Japan – 学問として「大麻」を教える米国の大学、各地で新コース開講

先月ニュースになったミシガンの大学に続き、米国のあちこちの大学で大麻講座♪ KNOW MARIJUANA!

大麻堂オリジナル 活性炭ガラスパイプ「NO スクリーン (ノー スクリーン)」
【PR】消耗品のアミが要らないから 「経済的」
活性炭フィルターが使えて、水パイプのような吸い心地。

お手ごろハンディパイプの新定番!
「NO スクリーン (ノー スクリーン)」

★限定3カラー、新入荷しました!






米酒販売大手、カナダの大麻栽培会社に200億円超出資

2017年10月31日 火曜日

米酒販売大手、カナダの大麻栽培会社に200億円超出資

【10月31日 AFP】米国でビール「コロナ(Corona)」などの販売を手掛ける酒類販売大手コンステレーション・ブランズ(Constellation Brands)が、カナダの大麻(マリフアナ)栽培会社キャノピー・グロース・コーポレーション(Canopy Growth Corporation)の株式を9.9%取得したと発表した。出資額は2億4500万カナダドル(約216億円)。

 コンステレーション・ブランズは株式取得について、「今回の出資と協力は進化する消費者動向と市場の動きを把握し、対応するというわが社の長期戦略と一致する」と説明する一方、「政府レベルで法的に許可されるまで、米国やそれ以外の市場でマリフアナに関する製品を販売する計画はない」としている。

 同社のロブ・サンズ(Rob Sands)最高経営責任者(CEO)はマリフアナ市場の将来性に対する期待を示した上で、「キャノピー・グロースには(マリフアナ)市場に関する法や規制、経済動向を熟知した経験豊富な首脳陣がいる」と述べた。

 カナダではすでに医療用マリフアナの使用が認められており、来年7月には嗜好(しこう)品としての使用も全面的に合法化される。米国でも29州で医療用マリフアナの利用が許可されているものの、嗜好品として使用が認められているのは数州にすぎない。

参考:AFP BB News – 米酒販売大手、カナダの大麻栽培会社に200億円超出資

コロナビールが飲みたくなってきた♪

カレンダー「Trailer Park Boys Wall Calendar 2018 (トレーラーパークボーイズ 2018年)」
【PR】カナダの人気 大麻ドラマ
「Trailer Park Boys (トレーラーパークボーイズ)」

公式カレンダー 2018年版 入荷しました!