‘アメリカのマリファナ情報’ カテゴリーのアーカイブ

大麻解禁が広がるアメリカの大麻関連ETFってどんなもの?

2018年2月17日 土曜日

大麻解禁が広がるアメリカの大麻関連ETFってどんなもの?

アメリカでの大麻娯楽使用合法化は9州にまで拡大

 今年1月1日、米国カリフォルニア州で大麻の販売が始まったことはまだ記憶に新しいところだ。娯楽使用の大麻販売解禁は6州目。2016年11月の住民投票で娯楽用大麻の合法化が承認されたことから、嗜好目的での大麻の売買や使用(21歳以上の成人が対象)に関してカリフォルニア州大麻管理局が法整備を進め、販売に至った。

 大麻の所有や使用は1人1オンス(約28グラム)までと制限されており、車の中で、職場で、公共の場での大麻の使用は原則禁止である。車の中での使用が禁止であることから、必然的に、大麻を使用しながらの運転は禁止となる。

 嗜好目的の大麻の生産・流通・販売には自治体および州のライセンス(認可)が必要となる。そのため、カリフォルニア州の全域において大麻が販売されるわけではない。

 米国ではじめて大麻が嗜好目的の使用が合法化された州はコロラド州で、2014年1月のことであったが、現在、娯楽使用の大麻販売が合法化され、かつ、行われているのは、コロラド州、ワシントン州、オレゴン州、アラスカ州、カリフォルニア州である。また、販売開始されていないが娯楽使用の大麻がすでに合法化されているのが、メイン州、マサチューセッツ州、ネバダ州で、1月24日にはさらにバーモント州が加わった。

 大麻合法化の経済効果については、米国リサーチ会社のアークビュー・グループがレポートで、2021年の合法大麻の米国消費者支出が208億ドルで、全体的な経済的影響が396億ドル、雇用が41万4000人、納税額が40億ドルを超える経済的な効果を公表している。(参照:US Legal Cannabis: Driving $40 Billion Economic Output)

大麻関連企業で構成されたETFも登場

 こうした市場動向を受けて、株式市場にも、米国市場では初となる大麻関連産業に関連する企業で構成されたETFが登場している。“ETFMG Alternative Harvest ETF(MJ)”(証券コード・MJX:US)である。

 MJXは”Prime Alternative Harvest Index”という医薬品およびたばこ業界で大麻と関連するビジネスを行っており、世界中の取引所に上場されている30社の株価から時価総額ベースで連動するように設計されたインデックスファンドである。30社の中の上位10社の内、8社がカナダ企業、1社が英国企業、1社が米国企業である。

 上位3社は、

 1位 CRONOS GROUP INC(クロノス・グループ、ティッカーシンボル:MJN CN)8.59%
 2位 AURORA CANNABIS INC COM(オーロラ・キャナビス、ティッカーシンボル:ACB CN)6.82%
 3位 CANOPY GROWTH CORP(キャノピー・グロース、ティッカーシンボル:WEED CN)5.92%

 である。(参照:Top Ten Fund Holdings)

 MJXの構成上位3社のビジネスについて、以下の通り、チェックしていきたいと思う。

医療用大麻生産企業に投資するカナダの「クロノス・グループ」

 クロノス・グループは、カナダで事業を展開している投資会社であり、5つの医療用大麻生産会社に投資を行っている。

 5社の内、クロノス・グループのコア・アセットは、医療用大麻生産会社のPeace Naturals、Original BC、Whistler Medical Marijuana Companyであるとしている。

 Peace Naturalsは クロノス・グループの100%出資会社で、医療目的の大麻使用規制(ACMPR : Authorized Licensed Producers of Cannabis for Medical Purposes)に基づいてHealth Canadaからライセンスを受け、大麻油の栽培および大麻の生産と販売を行っている。オンタリオ州シムコー郡に95エーカー(=384,451㎡)の土地を保有している。

 Original BCはクロノス・グループの100%出資会社で、医療用大麻の栽培と販売をライセンスされており、ブリティッシュ・コロンビア州オカナガン・バレーの中心部に31エーカー(=125,452㎡)の土地を保有している。

 Whistler Medical Marijuana Companyは、クロノス・グループが21.5%出資しており、ライセンスのもとで大麻油を栽培するとともに、大麻の生産と販売を行っている。

イタリア政府に医療用大麻供給の認定を受けたオーロラ・キャナビス

 オーロラ・キャナビスは、カナダで医療用大麻を製造販売している。オーロラ・キャナビスは、カナダ西部に位置するアルバータ州に専用の55,200平方フィート(=5,128㎡)の”Aurora Mountain”と呼ぶ製造施設を保有している。また、ケベック州ポイントクレアに”Aurora Vie”と呼ぶ製造施設を保有している。エドモントン国際空港の敷地内に“Aurora Sky”と呼ぶ800,000平方フィート(=74,322㎡)の製造施設を建設中である。さらに、100%子会社の“Aurora Larssen Projects Ltd”を通じて、ケベック州ラシュートに製造施設を建設中である。

 今年1月18日、オーロラ・キャナビスは、ドイツの100%子会社Pedanios GmbHを通じて、イタリアで医療用大麻の生産と流通を監督する国防省を通じてイタリア政府に医療大麻を供給するサプライヤーに選定されたというニュースが出たばかりである。(参照:Aurora Exclusive Winner of First Italian Government Medical Cannabis Tender

ソフトジェルなどさまざまな大麻製品を作るキャノピー・グロース

 キャノピー・グロースは、子会社を通じ、カナダで医療用大麻を製造販売している。同社は、乾燥、油、およびソフトジェルの大麻製品を提供しており、オンラインで製品を販売している。同社は、以前はTweed Marijuana Inc.として知られており、2015年9月にCanopy Growth Corporationに社名を変更した。本社は、カナダ・オンタリオ州のスミスフォールズ。

 キャノピー・グロースのコア・アセットは医療用大麻の“Tweed”、“Spectrum Cannabis”、“Bedrocan”である。

 キャノピー・グロースの株価は、1年前の3倍以上、2年前の10倍となっている。

 1月初旬には米政府が大麻合法化拡大政策を撤回するとの噂や、資産管理会社であるBancorpが法的懸念があるため、ファンドの撤退を含む見直しを検討しているというニュースが報じられたり(参照:Bloomberg)と不安定な要素はあるものの、今後、大麻合法化の動き、大麻産業に関連する企業で構成されたETFや構成銘柄の企業動向や株価動向に注目していくのも面白いかもしれない。

参考:HARBOR BUSINESS ONLINE – 大麻解禁が広がるアメリカの大麻関連ETFってどんなもの?

スモーカーよりも 患者さんよりも、
大麻合法化に 一番目を血走らせているのは デイトレーダーなのかもね♪

ガラス水パイプ「Rooster Perc (ルースターパーコレーター)」
【PR】サイケデリックなルースター(おんどり)を載せたパーコレーターが目を引く
耐熱強化ガラス製のボトル型 水パイプ。高さ20センチ。






カリフォルニア州で「大麻関連」求人が急増、全米トップに

2018年2月17日 土曜日

カリフォルニア州で「大麻関連」求人が急増、全米トップに

今年から大麻の栽培・販売・消費が解禁された米カリフォルニア州は、世界最大の嗜好用大麻市場に成長しようとしている。大麻関連で新たな雇用も生まれており、農場や加工施設、販売店のスタッフのほか、法律アドバイザーやセキュリティなどの関連分野の求人も増えている。

求人サイトの「ZipRecruiter」によると大麻関連で現在、米国で最多の求人広告が出稿されているのがサンフランシスコとロサンゼルスの2都市だという。「カリフォルニア州は大麻を解禁したばかりだが、大麻関連の求人件数は米国で最多となっている。次に多いのはコロラド州のデンバーとワシントン州のシアトルだ」とZipRecruiterは報告している。

業界団体の「Consumer Research Around Cannabis」のレポートでは、ロサンゼルス大都市圏の21歳以上の人口は約1370万人で、そのうち530万人が大麻ユーザーであると推定されるという。投資企業「Ackrell Capital」によると、カリフォルニア州の医療大麻市場は2017年に38億ドル規模に達していた。

しかし、州レベルで大麻の合法化が進むなかで、米連邦政府は今も大麻の合法化に反対しており、大麻関連の起業家が罪に問われる可能性もある。トランプ政権で司法長官を務めるジェフ・セッションズは長年、大麻の合法化に反対の姿勢を貫いてきた。

セッションズは先日、州レベルでの大麻の合法化の根拠となる「コールメモ」の無効化を検討すると発言し、関係者らを震え上がらせた。彼はまた、大麻やその他のドラッグ使用が、米国で問題化しているオピオイド系鎮痛剤の乱用の原因となっているとも述べた(医療関係者はセッションズの認識は間違いだと指摘している)。

仮に米国政府が全面的に大麻を解禁した場合、1000億ドル(約10兆円)の市場が生まれるとAckrell Capitalは試算している。

参考:Forbes Japan – カリフォルニア州で「大麻関連」求人が急増、全米トップに

セッションズ長官は 大麻にイヤな思い出でもあるのかな~?

コンセントレート、ワックス用ツール「DabPadz Dab To The Future (ダブパッド ダブトゥザフューチャー)」
【PR】ボングやパイプなどが置ける、直径20センチのラバーパッド。
使用中のガラス喫煙具を破損から守り、
ベタつくWAX、こぼれたタバコ葉、灰などの汚れを受け止めます。






会社を辞めて、こうなった。【第65話】大麻とヨガでセルフケア!? 西海岸で人気の「ガンジャ・ヨガ」に潜入。

2018年2月13日 火曜日

会社を辞めて、こうなった。【第65話】大麻とヨガでセルフケア!? 西海岸で人気の「ガンジャ・ヨガ」に潜入。

2018年1月より大麻が全面合法化された米・カリフォルニア州。ヘルスコンシャスな人々が暮らすサンフランシスコ、オークランド地区ではマリファナにヨガを組み合わせた「ガンジャ・ヨガ」が人気です。日本では違法の大麻ですが、いったい西海岸の人たちはどう使用しているのでしょう? 探ってみました。

2018年1月よりカリフォルニア州で大麻が全面合法化。

2010年代より大麻合法化の追い風がかかるこちらアメリカですが、ついに2018年1月1日よりカリフォルニア州でも21歳以上であれば嗜好・娯楽目的の大麻が解禁に。今年中にカリフォルニアを含む全9州とワシントンD.C.が全面合法化、医療目的では全30州が大麻の売買・所持を認めることになります。とはいえ、連邦政府としてはヘロインやLSDと同じく大麻は非合法なので、アメリカ=大麻OKの国だと早合点してはなりません。

ジョギング、瞑想、最新の健康食品などでのセルフメンテナンスに余念がない西海岸で暮らす人々ですが、全面解禁にともなって大麻とヨガを組み合わせた「ガンジャ・ヨガ」なるものがサンフランシスコとオークランド地区で人気なのだとか。とはいえ私を含む日本人は大麻取締法で禁止されているので、21歳以上で合法の州に滞在したとしても大麻所持はNGです。でも、どんなものなのかは見てみたい……。

そこでホームページから「私は日本からやってきたので、違法薬物に指定されている大麻を吸えません。でもどんなクラスなのかを拝見してみたいので、ヨガだけ参加しながらみなさんとお話をしてもいいですか?」と問い合わせると、「もちろん! ヨガ自体がとても素晴らしいものだから、別に大麻を使わなくったって大丈夫。大麻があるほうがヨガを深められる場合もあれば、無いほうが内側に入っていけるときもある。ここでは、『必ず大麻を吸わなきゃダメ』とは決して言いませんので、あなたの過ごしやすい方法で心と体を癒してあげて下さい」と、とても丁寧な返信が。

お土産つき、ヨガレッスン90分と大麻で25ドル。

フレンドリーな担当者から追って送られてきた申し込み用ウェブサイトの情報を確認すると、授業料は25ドル (インターネット申し込み手数料を含み、26.87ドル)。所要時間は2時間で、大麻代は無料だそうです。21歳以上であるか。また、ヨガならびに大麻の危険性がゼロではないことを理解したうえで、万が一何か事故等があったときは、申込みをした当人が全責任を持つといった2つの質問項目に同意をしたうえで支払いを済ませると、開催場所の住所が送られてきます。向かった先は、オークランドのダウンタウンにある古い雑居ビル。がっちりオートロックがかかっていて「まるでスパイの落ち合い場所だな……」と少々緊張しながらインターフォンを押すと、ヒョウ柄のオシャレなヨガウェアに身を包んだ受付の女性が迎えてくれました。

初めての参加者にはギフトがあるということで受付の女性が配っていたのは、マリファナ用電子パイプブランド『Dipstic Vapes』の10%割引券とステッカー、合法大麻ショップ『HARBORSIDE』のライター、そしてオーガニックオリーブオイルとアロエジュースに大麻有効成分のCBD(カンナビジオール)と向精神作用があるTHC(テトラヒドロカンナビノール)がブレンドされた『TOPICANNA』のカンナビス クリーム。こちらは肌に直接塗布し、関節炎や偏頭痛などの痛みの緩和に役立つとされるそうです。

開催場所は、クリエイティヴ広告会社のオシャレオフィス。

会場はキッチン付きの広いフロアで、専用のウッドテラスに出てダウンタウンのビル群を見下ろせる贅沢空間! そもそもはポップで独創的なクリエイティブ広告を生み出すことで有名な某広告会社のオフィスということで、納得です。

集合した後、始めの約30分間はお茶を飲んだり自己紹介をしながら、テーブルに置かれたさまざまな大麻製品を自由に試すといったサロン的な時間を過ごします。「ガンジャ・ヨガ」オークランドを運営するジェシカ・ドゥガンさん(通称:ジェスさん)が作ったスペシャルカカオドリンクも振る舞われ、大麻が吸えない私はこちらをゴクゴク一気飲み。ローズ水とカカオ、そしてアーモンドミルクに蜂蜜を加えたというなんとも乙女なレシピでウットリです♡ ちなみにジェスさんによれば、カカオは古代マヤ文明より “ハートを貫く水” と言われて儀式に使われていたのだとか。彼女がこのドリンクをセレクトしたのは「ガンジャ・ヨガ」では何よりも安全で信頼できるコミュニティ作りを重視しているため。このサロンのひとときは参加者が日常生活のストレスや不安を解放させるレッスンへと向かうためのとても大切な憩いの時間なのだそうです。

ちなみにお手製ドリンクを用意し、ヨガも指導してくれたジェスさん(写真上)は、もともとフェス専門のジャーナリストだったのだとか。カリフォルニアに渡ってから大麻専門の投資会社で働いた後、「ガンジャ・ヨガ」創設者のディー・デュソーさんと出会って共同運営パートナーとなったそうです。

ところで参加者のなかにマーメイドのような金髪巻き毛ロングヘアの美女がいたのですが、「日本からやって来た」と言うととても親切にしてくれました。ジェスさんも金髪碧眼の美女だし、「美人と会えるからヨガを習いたい」と下心丸出しで言っていた男友だちの道理はあながち外れていないなと、ふと思ったりして。話がソレましたが、この日の参加者は10名で年齢層は20〜50代といったところ。男女比は1:9でした。

さて、大麻をシェアしあったり談笑するうちに参加者の気持ちがほぐれてきたところで約90分間のヨガクラスがスタート。お気に入りの大麻電子パイプやイディブルと言われる食用大麻があれば、ヨガマットまで自由に持っていってOKで、参加者はみなそれぞれのペースでポーズをとりながら大麻を吹かしていました。

クラスで提供されていたイディブルには、クッキー、グラノーラ、パワーフード入りなどさまざまな種類がありました(すべて写真のものは、ティーパック程度のサイズ)。向精神成分のTHC(テトラヒドロカンナビノール)を25mg含み、吸うタイプと違って効き目を実感できるのは胃腸に消化される3-4時間後なんだそうです。「強い大麻酔いをする可能性もあるので、未経験者は家に持ち帰って1/4程度からじょじょに試すほうがいいわ」というのがジェスさんからのアドバイス。

ストレッチに近いようなポーズをゆっくりと心地良いペースで行い、特に子どものポーズ(写真上)がふんだんに一連の流れの中に取り入れられていました。ジェスさん曰く、ガンジャ・ヨガは単なるヨガにマリファナを加えたものというわけではないそうです。つまり、騒がしい日常の喧騒からしばし離れて、それぞれの精神の内側に入っていくワークなのだとか。確かに通常のヨガクラスに比べて、参加者たちは自分と周りの人の動きを比べたりせずに、求めるままに体を動かしているように感じました。

違法ドラッグから彷彿される薄暗さや、アングラな様子はまったく感じられず、拍子抜けするほど終始爽やかでスタイリッシュなクラスでした。終了後に「頭のなかのおしゃべりが止んで、穏やかな気持ちになったわ」という参加者の感想を聞きながら、「朝の4時から夜の9時まで瞑想し続けて8日目の夜に一瞬感じられたそれが、そんな一瞬で得られるのか……」と愕然としたのも事実。でもま、自分にドSな私には地味に日々黙々と瞑想するほうが向いていそうです。

SEE YOU!

会社を辞めて、こうなった。【第65話】大麻とヨガでセルフケア!? 西海岸で人気の「ガンジャ・ヨガ」に潜入。

会社を辞めて、こうなった。【第65話】大麻とヨガでセルフケア!? 西海岸で人気の「ガンジャ・ヨガ」に潜入。

会社を辞めて、こうなった。【第65話】大麻とヨガでセルフケア!? 西海岸で人気の「ガンジャ・ヨガ」に潜入。

参考:an an web – 会社を辞めて、こうなった。【第65話】大麻とヨガでセルフケア!? 西海岸で人気の「ガンジャ・ヨガ」に潜入。

アンアンが「ガンジャ」と載せる時代!
こりゃ~まもなく合法ですな┗─y(´ー`)y-~~

CHANVRE (シャンブル)「ヘンプナチュラルオイル&ヘンプナチュラルバーム トライアルキット」
【PR】シャンブルの定番アイテム HEMPナチュラルオイルと、全身に使えるHEMPナチュラルバームのお試しサイズをセットにしました。
コスメを収納できるロゴ入り巾着袋つきで、持ち運びや旅行に便利、プレゼントとしても喜ばれるキットです。