‘医療大麻・医療マリファナ’ カテゴリーのアーカイブ

『X-MEN』シリーズのパトリック・スチュワート 「医療大麻は私には効果がある」

2017年3月24日 金曜日

『X-MEN』シリーズのパトリック・スチュワート 「医療大麻は私には効果がある」

『X-MEN』シリーズの“プロフェッサーX”としてお馴染みのイギリス人俳優パトリック・スチュワート(76)が、自身の関節炎に言及。その症状や痛みに対処すべく医療大麻を使用していると明かした。ドクターの許可も得ており違法ではないというパトリックは、「おそらく遺伝でこの症状が出たのではないか」「母も手の痛みを訴えていたから」「医療大麻は私には効果がある」とも話している。

このほど俳優パトリック・スチュワートが「関節炎を患っており、その症状に対処すべく医療大麻を使った軟膏やスプレー、食品などに頼っている」と告白した。

「そう、あれは2年前のこと。私はロスにいて、ある医師の診察を受けた。」
「その医師は、私が登録済みの店から大麻商品を法的に購入できるようメモを書いてくれてね。」

それらを使うことで「両手の状態が改善するかもしれない」とアドバイスを受けたというパトリックは、自身の母に触れこう述べている。

「おそらく、遺伝的なものではないかと。私の母の手は、酷くゆがんでいたし、痛みを訴えていたからね。」
「だから私は、(大麻を使用して作られた)軟膏、スプレー、そして食品を購入したんだ。軟膏は、少々不快感を和らげる効果があった。でも脂っぽくて日中には使用できなかったから、夜間のみ使用しているよ。痛みが減る分、眠るのもラクになる。」
「スプレーは、もっと有効だね。指、特に親指の関節に、1日に何度か使用しているんだ。」
「軟膏とスプレーは、硬かった手をずいぶんほぐしてくれた。今なら拳を握ることもできる。この治療を始める前には、できなかったことだ。」

今回この告白をしたのは、医療大麻の効果を検証するオックスフォード大学の研究に協力するためだそう。自分が話すことで「医療大麻の使用に対する偏見がなくなればいい」というパトリックは、『Daily Mail』にこう話している。

「偏見、恐怖、無知。それらによって、英国ではあまりにも長く研究が控えられてきたんだ。この研究は私のような人々、そして何百万という人々に利益をもたらすかもしれないね。」

本当にこれらに効果が期待できるのか、そして医学的根拠はあるのかなどは今後徐々に明らかになるだろう。

参考:exciteニュース – 『X-MEN』シリーズのパトリック・スチュワート 「医療大麻は私には効果がある」

医療大麻、きっとあなたにも効果がある♪

マグカップ「Cheech & Chong Think Green (チーチ&チョン 大麻を考える)」
【PR】チーチ&チョンデザインのマグカップ登場!
2人の顔、「Think Green (大麻を考える)」、リーフマークをグリーンカラーでセットしました。






2017年1月23日 BSスカパー BAZOOKA!!! マイノリティーの主張~大麻編~予告

2017年1月20日 金曜日

1月23日(月) 午後9時から生放送
BSスカパー BAZOOKA!!!

マイノリティーの主張~大麻編~

世界中で次々と大麻使用の合法化が進んでいる昨今、
日本では違法であるがゆえ大麻肯定派は所謂、「マイノリティー」である。
そこで今回のBAZOOKA!!!は生放送のスタジオに大麻肯定派の方々をお招きし、
その主張をとことん聞いて見る60分。
何故大麻は違法なのか?何故世界中で解禁の動きが進んでいるのか?
そもそも大麻は本当に身体に毒なのか?
題して、「マイノリティーの主張~大麻編~」。
お楽しみに。

出演 : 福田一典 医師、NPO法人 医療大麻を考える会代表 前田耕一

1月23日(月)!午後9時から生放送!
【追記】この番組の動画が追加されました♪


この番組のフル動画はココをクリック♪

【PR】今、日本で一番正しい情報が詰まった医療大麻DVD。
アメリカで開催された医療マリファナイベントをガンジャマンがレポート!


【PR】リアルなマリファナ味の電子タバコ「E-Njoint (エンジョイント)」 (ニコチンゼロ)


【PR】フルーティーなマリファナ味の電子タバコ用リキッド 「★E-リキッド PIMP カンナビス」(ニコチンゼロ)

【PR】大麻種子油を配合した スティックタイプの国産インセンス(お香)です。
マリファナの名品種をモチーフにした4フレーバーが新発売!






合法化進む医療用マリフアナ 薬価上昇の“特効薬”になるか

2016年11月21日 月曜日

合法化進む医療用マリフアナ 薬価上昇の“特効薬”になるか

 アメリカではマリフアナが徐々に合法化しているという話は、聞いたことがあると思います。特に医療用のマリフアナは、ニューヨークも含めて全米の半分の25州で合法化されています。医療用以外の嗜好品としてもコロラド州、ワシントン州など4州で合法です。そしてすでに、マリフアナはアメリカの医療に変化をもたらしています。

 特に注目されるのが高齢者の医療。アメリカの薬価は急激に上昇し、高齢者医療にも大きな影を落としています。アメリカには「メディケア」と呼ばれる高齢者に適用される国の医療保険制度がありますが、天井知らずの医療費の値上がりで、メディケアの未来に不安を感じているアメリカ人は少なくありません。

 メディケア利用者の薬の多くを占めているのが強い鎮痛剤や抗うつ剤です。ところが、医療雑誌に発表された調査結果によれば、医療用のマリフアナが合法化された州では、こうした薬の消費が減っているというのです。

 医療用のマリフアナは主に慢性の痛みやうつ症状の改善に効果があるとされています。つまりこうした州では、抗うつ剤などの代わりに値段が安いマリフアナが処方されているとみられているのです。

 血液希釈剤などマリフアナでは代わりにならない薬品には変化がないことも、この説の裏付けとなっています。最終的に「マリフアナは2013年のメディケアの支出を170億円以上も下げた」と結論付けています。

 アメリカのいくつかの州では、マリフアナの合法化の可否ついての住民投票が行われています。マリフアナが膨らみ続ける医療費に悩むアメリカの“特効薬”になる日が来るのでしょうか?

参考:日刊ゲンダイ – 合法化進む医療用マリフアナ 薬価上昇の“特効薬”になるか

日本の医療費削減にも、きっと貢献しますよ☆

大型ポスター「Medical Marijuana Consumption Area (医療大麻 消費エリア)」
【PR】ここは「医療大麻の消費エリア」
「どうぞゆっくり話してください」のひと言が笑える大型ポスターです。