‘医療大麻・医療マリファナ’ カテゴリーのアーカイブ

新型コロナの死因となる重篤な肺炎に大麻の有効成分「THC」が効果、動物実験で100%が生存

2020年7月8日 水曜日

新型コロナの死因となる重篤な肺炎に大麻の有効成分「THC」が効果、動物実験で100%が生存

医療大麻が現在世界で猛威を振るう新型コロナウイルスに対抗する助けになる可能性が示されています。詳細は以下から。

アメリカ合衆国のサウスカロライナ大学のAmira Mohammed博士らの研究チームは、新型コロナの大きな死亡原因とされる「急性呼吸窮迫症候群(ARDS)」に大麻の有効成分である「THC」を用いる動物実験を行い、100%のケースで効果が確認されたことをジャーナル「Frontiers In Pharmacology」に報告しています。

急性呼吸窮迫症候群は重症肺炎、敗血症などの原因によって肺で炎症性細胞が活性化されることにより、肺胞や毛細血管に損害を与え、肺に水が溜まって重度の呼吸不全が引き起こされる、極めて重く危険な症状の総称です。

新型コロナウイルスによる肺炎が原因でこの急性呼吸窮迫症候群(ARDS)が引き起こされることはすでに知られていますが、その肺炎の発症時に起こるのが神経伝達物質サイトカインの放出です。

サイトカインは細胞から分泌される低分子のタンパク質の総称ですが、この中で免疫の働きを高めるものが「暴走」し、正常な細胞を攻撃して、炎症が広がって重篤化したり血栓症を引き起こす状況を「サイトカインストーム(免疫暴走)」と呼びます。

新型コロナの感染症においてはこのサイトカインストームが肺炎を重篤化させて急性呼吸窮迫症候群のトリガーとなり、最悪の場合は死に至ることになります。

大麻に含まれる、ハイになることでも知られる有効成分「THC」は、医療大麻の研究の中で抗炎症性物質として機能することがすでに広く知られています。

Mohammed博士らはTHCが肺の炎症を食い止める可能性があるのではないかとの仮説を立て、急性呼吸窮迫症候群を発症したマウスに投与しました。

するとTHCがサイトカインストームに対して炎症性サイトカインを強く抑制。免疫細胞が炎症を拡散させるのを抑え込んで致命的な症状を防ぐことができ、100%のマウスが生存しました。

現時点ではあくまで動物実験での成果という段階ですが、重症化を防ぐという意味でワクチンとは違ったアプローチでの新型コロナへの治療薬としての活躍が期待できそうです。

参考:Buzzap! – 新型コロナの死因となる重篤な肺炎に大麻の有効成分「THC」が効果、動物実験で100%が生存

得体の知れないワクチンより、断然大麻っしょ~!

大麻堂オリジナルTシャツ No.316「アダムスジョイント」
【PR】「アダムは、ジョイントを片手に神と何を語り合うのか?」

ミケランジェロ作 “アダムの創造(Creazione di Adamo)”をテーマにした1枚です。






マリファナが新型コロナウイルスの感染防止に効果的であるとする研究がカナダで発表される

2020年5月22日 金曜日

マリファナが新型コロナウイルスの感染防止に効果的であるとする研究がカナダで発表される

新型コロナウイルスことCOVID-19の治療薬やワクチンの研究が日夜進められている昨今。そんな中、新型コロナウイルスの感染抑制にマリファナが効果的であるとする研究がカナダから発表された。

Complexによると、マリファナが新型コロナウイルスの感染予防に効果的であるとする研究はカナダのアルバータ州の研究者によってPreprintsというプラットフォーム上に発表された。レスブリッジ大学に所属する研究者は、カナダ保健省によって承認されたTHCとCBDを含む400以上の品種を調査したところ、そのうち13の品種、とくにCBDを多く含むサティバが肺や消化器官などでCOVID-19の標的となるタンパク質受容体ACE2を抑制することを発見したという。つまりサティバなどの品種のマリファナを吸うことで新型コロナウイルスに感染するリスクを減らせるというのだ。この研究は未だ査読が行われていないため信憑性が高いものとは言い難いが、興味深いものであることは確かだ。

研究者たちは、これらの品種がオイルやマウススプレーといった商品によって経口摂取された場合に、感染予防に特に効果を発揮しやすいとしている。主任研究者のIgor Kovalchuk博士は「CBDを多く含有するサティバからの抽出物は、さらなる調査を保留していますが、COVID-19の補助療法として安全かつ有用なものとなる可能性があります」と語っている。

果たしてマリファナが本当に新型コロナウイルスの感染予防に効果的なのかどうか確かなところは未だ不明だが、もし本当だったとすればマリファナを愛する人々にとって良いニュースと言えるだろう。

参考:fnmnl- マリファナが新型コロナウイルスの感染防止に効果的であるとする研究がカナダで発表される

Mラバーなら誰しも考えたのではないでしょうか?「新コロに大麻が効く研究」
来冬はこれで安心!ってくらいになっていたら良いのにね。

ニオイ漏れしない魔法の袋「スティンクサック ★ジェネリック ブラック(遮光)」
【PR】ニオイ漏れしない魔法の袋
遮光タイプがお求めやすい価格になりました!

カンペキな防臭・防水・防砂機能を備え、再利用も可能な保存バッグです。
遮光性のある「ブラック」タイプ。2サイズ展開。






レバノンが中東で初めて医療・産業用大麻を合法化、経済立て直しを理由に

2020年5月3日 日曜日

レバノンが中東で初めて医療・産業用大麻を合法化、経済立て直しを理由に

中東初の大麻合法化が行われましたが、その理由は少々意外なものでした。詳細は以下から。

新型コロナウイルスのパンデミックで世界中の国が大きな打撃を受ける中、レバノンが中東初となる大麻の合法化法案を成立させました。

この法案で合法化されるのは医療用及び産業用の大麻のみとなり、レクリエーション用大麻は合法化されません。

この合法化で大麻の栽培者は法による規制に基づいて合法的に大麻を栽培できるようになり、医療・産業向けの輸出品として扱われるようになるとのこと。また、CBDオイルなどを含む合法大麻産業の育成も行われることになります。

もともとレバノンでは、東部のベッカー高原で広く違法な大麻の栽培がおこなわれてきました。今回の合法化はこうした地域での栽培を認めて税収を増やし、産業を育てることで苦境にあるレバノン経済を立て直すことが大きな目的です。

特に今回の新型コロナでさらなる打撃を受けたレバノンにとっては緊急性が高かったため、パンデミック中の合法化になったとのこと。

また大麻の密輸はヒズボラの大きな収入源になっていたため、今回の合法化は地域の治安の安定化にも役立つとの指摘もあります。

新型コロナの予防にCBDが有効な可能性があるとの論文が提出されていることもあり、経済を立て直すきっかけになるかもしれません。

参考:Buzz ap! – レバノンが中東で初めて医療・産業用大麻を合法化、経済立て直しを理由に

パンデミック中の合法化、こういう決断ができるリーダーがほしいナァ~

大麻堂オリジナルTシャツ No.313 10Hundred コラボ 「California Dreaming (カリフォルニアドリーミング)」
【PR】米国・シアトルで活動するアーティスト 10ハンドレットが描く
ガンジャマン3人衆 「カリフォルニアの夢」Tシャツ発売!