‘医療大麻・医療マリファナ’ カテゴリーのアーカイブ

イスラエル 大麻の輸出を検討

2018年12月30日 日曜日

イスラエル 大麻の輸出を検討

イスラエル国会は解散前日に、医療用大麻の輸出を許可する法案を承認した。 地元メディアが報じた。

政府が法案を支持した場合、イスラエルからの大麻の輸出は半年後以降に開始される。「ザ・タイムズ・オブ・イスラエル」紙によると、多くの主要な大臣が法案を支持している。

イスラエルの医療用大麻メーカー「アイ・キャン(ⅰCAN)」のサウル・カイ社長によると、輸出量はすぐに10億ドルを超える可能性がある。

医療用大麻の使用は、1993年以来イスラエルでは許可されている。 現時点で医療用大麻の輸出が合法な国はオランダとカナダだ。

参考:Sputnik 日本 – イスラエル 大麻の輸出を検討

大麻を輸出入したいナ~♪

プルオーバーパーカ No.297「Cannabis City Canada (カナビスシティカナダ)」
【PR】「カナビスシティ」
カナビス(大麻)が合法になったカナダをモチーフにしたパーカが登場!






タイ、医療・研究目的の大麻使用を認める

2018年12月26日 水曜日

タイ、医療・研究目的の大麻使用を認める
 12月25日、タイの議会は、医療や研究目的での大麻(マリフアナ)使用を認めた。プラカードを持ち集まる大麻合法化を求める活動家ら。11月にバンコクで撮影。提供写真(2018年 ロイター)

[バンコク 25日 ロイター] – タイの議会は25日、医療や研究目的での大麻(マリフアナ)使用を認めた。

タイでは1930年代まで、痛みの緩和や疲労回復目的で大麻が使われてきた。軍事政権の国家立法議会(NLA)はこの日、1979年の麻酔薬に関する法律を改正し、医療・研究目的の大麻使用が合法化された。

大麻は、医療用や嗜好品としての使用がコロンビアやカナダなどで認められているが、東南アジアの大半の国では禁止されている。シンガポールやインドネシア、マレーシアで大麻売買を行えば、死刑に処される。

タイでの大麻使用の合法化を巡っては、特許申請をした外資企業が市場で優位な立場になり、国内の患者が医療用大麻を入手することが困難になることなどが懸案されている。

医療関係者は、法律発効前にこうした申請を取り消すよう政府に要請すると説明した。

医療用の大麻使用が認められたことで、嗜好品としての使用も今後承認されるとの期待が一部で高まっている。

参考:Reutors – タイ、医療・研究目的の大麻使用を認める

名産地タイ、懸案事項も解決されて、嗜好目的もOKになることを願っております☆

ガラスパイプ「Pulsar Cyclone Spoon Pipe (パルサー サイクロンスプーンパイプ)」
【PR】パイプ内部で乱気流が発生!
火皿から吸い込んだ煙が渦を巻きながら口元に届くタバコ用パイプ「サイクロンスプーンパイプ」






韓国が医療大麻を合法化、東アジアでは初

2018年11月30日 金曜日

韓国が医療大麻を合法化、東アジアでは初

大麻合法化の波が東アジアにもやってきています。詳細は以下から。

韓国で東アジアとしては初めて医療大麻が合法化されたことをFinancial Timesなどが報じています。

それによると韓国の国会は11月23日に麻薬取締法を改正し、てんかんを始めとした難病患者への非幻覚性の医療大麻の処方を合法化しました。

ただし、今回の法改正で可能となった医療大麻の処方は厳格な規制の下に行われることになります。

患者はKorea Orphan Drug Centreに医療大麻の申請をする必要があり、同時に医師の処方箋も求められます。なお、許可が降りるかはケースバイケースだとのこと。

韓国は最も大麻への罰則が厳しい国のひとつとされており、海外で合法な大麻を使用した場合でも逮捕、起訴されるため、今回の医療大麻の合法化は世界中で驚きをもって迎えられています。

先日G7として初めてレクリエーション目的の大麻が合法化されたカナダのトロントを拠点とする大麻ベンチャーキャピタル「Ela Capital」のCEO、Vijay Sappaniさんは以下のように述べています。

韓国の医療大麻合法化は厳しい規制と製品の制限があるとは言え、世界的な大麻産業からすれば特筆すべきブレイクスルーだ。韓国が東アジアで最初に医療大麻を国家レベルで合法化した重要性はなかなか理解されないだろう。今、関心は他のアジアの国々が韓国に続くかどうかではなく、いつ続くかになった。

実際問題として、以前BUZZAP!でもお伝えしたようにタイでも医療大麻合法化の動きが現実のものとなっている他、世界で最も厳しい大麻規制と言われるマレーシアでも医療大麻を合法化する動きが始まっています。

遠からず違法とする国が少数派になっていくのかもしれません。

参考:Buzzap – 韓国が医療大麻を合法化、東アジアでは初

今、関心は他のアジアの国々が韓国に続くかどうかではなく、いつ続くかになった。ネ♪

ヴェポライザー「Firefly2 (ファイヤーフライ2) ★ドライハーブ&ワックス用」
【PR】ドライハーブとワックスが楽しめる
ヴェポライザー「ファイヤーフライ2」

スマホアプリで操作できます。