‘医療大麻・医療マリファナ’ カテゴリーのアーカイブ

カナダの大麻関連企業、19億円で米製薬会社を買収

2017年6月15日 木曜日

カナダの大麻関連企業、19億円で米製薬会社を買収

大麻関連事業を専門とするカナダのアイアンザス・キャピタル・ホールディングス(iAnthus Capital Holdings)は6月12日、ニューヨークを拠点とする製薬会社バリー・アグリスーティカルズ(Valley Agriceuticals、Valley Ag)を1730万ドル(約19億円)で買収すると発表した。

アイアンザス側によると、米国子会社アイアンザス・キャピタル・マネジメントを通じて行う今回の買収は、同社にとって過去最大の規模となる。同社はすでに大麻関連事業を行う米国企業に出資しており、バリーAgの買収により、同国内の5州で関連事業に携わることになる。

バリーAgは、ニューヨーク州が2015年12月から運用を開始した医療用大麻プログラムの下、今夏にも州内での医療用大麻の栽培・販売許可を正式に取得する予定だ。認可を取得すれば、州内に調剤薬局4か所を開設する計画。同州はこのプログラムに基づき10社までに州内での事業許可を与える方針で、バリーAgはその6社目となる。

アイアンザス・キャピタル・マネジメントのハドリー・フォード最高経営責任者(CEO)によれば、買収にあたって同社が重視したのは、ニューヨーク州内で医療用大麻の処方を受けるための登録患者数が大幅に増加しており、長期的にも一層の増加が見込める点だ。カナダでは新規の登録患者数は1日当たり40人のペースで増えているが、ニューヨーク州内では同90人のペースで増加している。

アイアンザスはまた、バリーAgが医療用大麻をイスラエル保健省に供給している同国企業と提携していることも重視した。アイアンザスは買収により、バリーAgが所有する栽培用の土地0.5平方キロメートルと、面積約604平方メートルの栽培・加工施設も取得する。買収手続きの完了は、今年第3四半期中となる見通しだ。

アンザスは2014年に創業。2016年9月にカナダ証券取引所に上場した。上場後の調達額は、5350万カナダドル(約44億5200万円)に上っている。

市場拡大に期待

アイアンザスによると、ニューヨーク州の医療用大麻の関連市場は2020年に9億7500万ドル規模にまで拡大する可能性がある。カナダの市場規模は13億ドル程度で、現時点ではニューヨーク州よりわずかながら大きい。ただ、認可を取得した事業者1社当たりの売上高は、ニューヨーク州が大きく上回ることになると見られている。認可を受ける企業数が10社に限定されていることから、各社の売上高は9700万ドル程度が見込めるということになる。

ニューヨーク州が医療用大麻プログラムを開始した当初、登録患者数は2万1009人だった。その後、慢性痛への処方が許可されたことを受け、登録者数は大幅に増加。今後は心的外傷後ストレス障害(PTSD)や生理痛への処方が認められる可能性があり、事業者らの間では期待が高まっている。

参考:Forbes Japan – カナダの大麻関連企業、19億円で米製薬会社を買収

「嗜好用大麻」はこれからに期待するとして、「医療用大麻」はもはや常識となっていますね~

大麻でつくった葉巻紙(ブラント)「Cyclones Hemp Wraps (サイクロン ヘンプラップ)」
【PR】タバコ葉不使用、大麻(ヘンプ)でつくられたブラント(葉巻紙) です。
すでに巻かれた状態のブランドが入っており、中身を詰めるだけですぐに喫煙できます。

ケースをブラント・巻きタバコ入れとして利用できるのも便利!






生理痛にも医療大麻適用か NY州で新法案可決に期待

2017年6月7日 水曜日

生理痛にも医療大麻適用か NY州で新法案可決に期待

 【1日付ゴッサミスト】ニューヨーク州議会で、医療大麻の適用疾患リストに生理痛を追加する法案が可決されるか注目を集めている。
 州議会のリンダ・ローゼンタール議員(民主)が起案し、このほど州議会の保険委員会で承認を受けた同法案は、今月末にも可決される見通し。現在適用されているのは、がんやHIV、パーキンソン病など11の疾患のみで、「激痛」を伴う疾患も対象になっているが、生理痛はそれに含まれていない。「女性は毎月痛みや不快感に耐えながら生活している」と同議員は話しており、中には痛みを和らげるために中毒性の高いアヘンを服用する女性もいるため、「安全にその痛みを軽減する方法がある以上、生理痛を対象疾患とするべきだ」と訴えた。
 しかし州では、医療大麻は保険適用外である他、処方できる保健機関も4つにとどまっている。これには多くのニューヨーカーから批判の声が上がっていることもあり、州保健局は近いうちに処方できる保健機関を6つに増やすとしている。
 同議員は最近、生理用品に課していた消費税を廃止する法案も通しており、「政治は男性主導だが、今後も女性が抱える諸問題に取り組んでいきたい」と意気込んでいる。

参考:Daily Sun New York – 生理痛にも医療大麻適用か NY州で新法案可決に期待

医療大麻に保険が適用されると助かりますね。


【PR】タバコが大幅に節約でき経済的!
本来の繊細な香りや味が楽しめる!大麻堂オリジナルのガラスきせる。
“ヤニ汚れで模様が変わる” 細工を施した「銀波模様」
麻柄入り。スクリーン、専用ケースが付属します。
大麻堂オリジナル ガラスきせる「硝子煙管(ガラスキセル) 銀波模様」

【PR】大麻種子油を配合した スティックタイプの国産インセンス(お香)です。
マリファナの名品種をモチーフにした4フレーバーが新発売!






てんかん発作約4割削減、大麻由来成分で 研究

2017年5月29日 月曜日

てんかん発作約4割削減、大麻由来成分で 研究

【5月25日 AFP】大麻由来成分「カンナビジオール(CBD)」の初めての大規模臨床試験が行われ、深刻なてんかん発作の発生頻度を39%低下させることができたとする研究論文が24日、米医学誌「ニューイングランド医学ジャーナル(New England Journal of Medicine)」で発表された。

 CBDは、大麻草に含まれる成分の一種だが、使用者の気分を高揚させる働きはない。

 研究を率いた米ニューヨーク大学ランゴンメディカルセンター(New York University Langone Medical Center)のオーリン・デビンスキー(Orrin Devinsky)教授(神経学、神経外科学、精神医学)は、「カンナビジオールをてんかんの万能薬とみるべきではないが、これまで多くの薬剤に対して反応がなかったとりわけ深刻な症状の患者にとっては、今回の結果は近い将来に別の治療法が見つかるかもしれないという希望を与えてくれる」と語った。

 研究チームは、米国と欧州の23医療機関で、てんかんの一種で難病のドラベ症候群を患う2~18歳の患者計120人を対象に臨床試験を実施。患者を無作為に2グループに分け、通常の治療薬に加えて偽薬またはCBDのいずれかを14週にわたって投与した。

 その結果、CBDを投与したグループでは発作の頻度が39%低下。発作の回数は、臨床試験前の月平均12回から約6回に減った。発作が一度もなかった患者も3人いた。

 一方、偽薬を投与したグループでは、発作の頻度はそれよりもかなり小幅な13%の低下にとどまった。

 研究チームが臨床試験で使用したのは、GWファーマシューティカルズ(GW Pharmaceuticals)が製造するCBDの液体試験薬「Epidiolex」。現時点で米食品医薬品局(FDA)による使用の認可は得られていない。

参考:AFP BB News – てんかん発作約4割削減、大麻由来成分で 研究

「発作の回数は、臨床試験前の月平均12回から約6回に減った。発作が一度もなかった患者も3人いた。」
患者の気持ちになったら、大麻を試したいと考えて当然の結果ですね。

【PR】ターンテーブルのスリップマットをサンプリングした
「カンナビス (大麻草)」 Tシャツ


【PR】医療大麻はがん治療の救世主か、法律で禁止するべき猛毒植物か!?末期がん患者が使用し逮捕された「山本正光医療大麻裁判」を通して大麻問題の本質を学ぶ。
書籍「がん治療の選択肢を増やそう! 医療大麻入門」長吉秀夫(著)