‘Chill Spot’ カテゴリーのアーカイブ

世界の合法大麻市場、2021年には3.5兆円規模に成長の見通し

2017年11月10日 金曜日

世界の合法大麻市場、2021年には3.5兆円規模に成長の見通し

世界の合法大麻市場は、2021年には314億ドル(約3兆5700億円)規模にまで成長する見通しだ。現在の市場規模はおよそ77億ドルと推定されているが、合法化する国が増えると見られる中で、今後60%の年平均成長率(CAGR)が予想されている。

大麻専門の市場調査会社、米ブライトフィールド・グループの報告書によると、現在は大麻の世界市場における売上高の90%を米国市場が占めている。だが、この割合は2021年には57%に縮小すると見られている。カナダで2018年7月までに嗜好(しこう)用大麻が合法化される見込みであり、市場の拡大が期待されることが主な理由だ。

カナダは大麻企業の多くが医療用の製品を手掛け、欧州や中南米向けに輸出している。そして、輸入している両地域でも、医療用大麻を合法化する国が増加している。9月に連邦議会選挙が行われたドイツでは、連立政権の樹立に向けた協議の中で嗜好用大麻の合法化が検討されており、各党は合意に達する見込みだと伝えられている。

医療用大麻の合法化を目指す国の間では、カナダの制度を参考にする例が増えているという。ただ、カナダにならって医療用大麻を認めた場合、製品は高額になることから、市場は規模・範囲ともに一定程度の成長までにとどまることになる。また、カナダの医療用大麻の多くを占めるオイルは、食用の製品に比べて顧客の忠誠度が低いことも分かっている。

一方、国連薬物・犯罪事務所(UNODC)の報告書によると、欧州で「過去1か月間に大麻を使用した人」の割合が最も高い国の一つとなっているのがスペインだ。同国の市場規模は、2021年には2億600万ドル規模になると予想されている。

市場規模に関する予測は、政策改革がどのように進展するかに左右されることになる。ブライトフィールドの主任研究員、ベサニー・ゴメスは、報告書には「保守的な」見通しを採用していると強調する。「高すぎる評価に基づく数字を示し、ヘッドラインを飾ることがないよう努めている」という。

ゴメスはまた、大麻市場には今後、大きな成長の可能性があると指摘する一方、投資家や起業家は世界市場への投資について、慎重になる必要があると警告している。「数多くの機会がある。だが、注意しなければならない。宣伝の大半には誇張が含まれている」という。

参考:BLOGOS – 世界の合法大麻市場、2021年には3.5兆円規模に成長の見通し

2021年のニッポンは???

ペットボトル用水パイプキット「Puff All-In-One Travel Water Pipe (パフ オールインワントラベルウォーターパイプ)」
【PR】ペットボトル用水パイプが好評のPuff(パフ)から
「スプレー缶ボトルの形をした水パイプキット」新発売!






英議員ら、大麻入り飲食物提供の「お茶会」参加 合法化目指す

2017年10月11日 水曜日

英議員ら、大麻入り飲食物提供の「お茶会」参加 合法化目指す
英ロンドンの国会議事堂前で、大麻入りの飲食物が提供された「お茶会」に参加する労働党のポール・フリン議員(右)ら(2017年10月10日撮影)。

【10月11日 AFP】英ロンドン(London)で10日、医療用大麻の合法化を訴える試みとして、推進団体が国会議事堂前で大麻入りの紅茶やケーキを提供する「お茶会」を開催し、野党・労働党のポール・フリン(Paul Flynn)議員など複数の国会議員が参加した。

 国会への大麻合法化法案の提出を前にして開かれたイベントの主催団体は、慢性痛に悩まされている患者のために国民的な議論を促したいと訴えている。

英議員ら、大麻入り飲食物提供の「お茶会」参加 合法化目指す
英ロンドンの国会議事堂前で、医療用大麻の合法化を訴えるプラカードを持つ支持者(2017年10月10日撮影)。

参考:AFP BB News – 英議員ら、大麻入り飲食物提供の「お茶会」参加 合法化目指す

日本でコレ計画すると、共謀罪???

ペン型ヴェポライザー「Brillian ブリリアン ★セラミックドーナツチャンバー ★ワックス用」
【PR】ドーナツ型のセラミックプレートをチャンバーに搭載したワックス用ヴェポライザー。

「熱ムラが起きにくく、WAXを乗せ易い」のが、
WAXユーザーから高評価を得ている1本です。 おすすめ品!






カナダ首相、大麻合法化に向け連邦税の導入提案 州政府は慎重

2017年10月4日 水曜日

カナダ首相、大麻合法化に向け連邦税の導入提案 州政府は慎重

10月3日、カナダのトルドー首相は、大麻使用の合法化を実現させるため、連邦物品税の導入を提案した。一方、合法化のプロセスに関与する州からは慎重な意見が出ている。写真は9月、ニューヨークで行われたビル&メリンダゲイツ財団のイベントで発言する同首相(2017年 ロイター/Elizabeth Shafiroff)

[オタワ 3日 ロイター] – カナダのトルドー首相は3日、大麻使用の合法化を実現させるため、連邦物品税の導入を提案した。一方、合法化のプロセスに関与する州からは慎重な意見が出ている。

トルドー政権は、嗜好品としての大麻使用を2018年半ばまでに合法化する計画。大麻の販売に関する責任は10州に任せる考えだが、流通網の確立や取締り強化で財政負担が増えるとの懸念が州政府側からは出ている。

首相は、物品税の税収を各州に平等に分配する考えだと説明し、今後詳細を協議する必要があると明らかにした。また、州政府側との会談後に記者会見で、コスト負担に対する懸念が多く出たと述べた。

首相は、嗜好品としての大麻使用を合法化することで、未成年の大麻使用を防ぎ、薬物関連の犯罪を減らすことができると考えている。

参考:REUTERS – カナダ首相、大麻合法化に向け連邦税の導入提案 州政府は慎重

カナダ、楽しみです☆

タバコトレイ「RAW (ロウ ローリングトレイ) ★RAWガール / Rockin'Jelly Bean」
【PR】覆面画家 Rockin’Jelly Bean (ロッキン ・ ジェリー ・ ビーン) デザイン!
ビキニ姿でタバコを巻くRAWガールをデザインしたタバコトレイ