‘Happy Ganjaman’ カテゴリーのアーカイブ

ボブ・マーリーも吸った幻の在来種大麻を現代に、ある研究者の挑戦 ジャマイカ

2019年6月22日 土曜日

ボブ・マーリーも吸った幻の在来種大麻を現代に、ある研究者の挑戦 ジャマイカ
ジャマイカの首都キングストンにある西インド諸島大学で、大麻を栽培するマシェル・エマニュエル博士(2019年5月18日撮影)

【6月22日 AFP】ラスタファリ(Rastafari)運動の提唱者やレゲエ・ミュージシャンのボブ・マーリー(Bob Marley)らが1970年代に吸っていた最高級のガンジャ(大麻)が味わえる?──誇り高い全てのガンジャ愛好家の夢が、園芸の才を持つ研究者の手によってジャマイカで再び現実となりつつある。

 マンゴーやライチといった熱帯の果実に囲まれた一画でマシェル・エマニュエル(Machel Emanuel)博士(35)が育てているのは、大麻だ。博士はジャマイカの首都キングストンにある西インド諸島大学(University of the West Indies)の屋外、温室、生物学科の植物園内の研究室で大麻を栽培している。

 エマニュエル博士の研究対象は、かつてジャマイカに自生していたが、人為的に処分されたために姿を消してしまった在来種の大麻だ。「1950年代、60年代、70年代、ジャマイカの在来種の大麻は世界的に有名だった」。ドレッドヘアを背中まで伸ばしたエマニュエル博士は、そう語る。

 在来種はジャマイカの環境に適応する過程で、「花、香り、風味、そして(大麻を使用する人たちにもたらす)陶酔感において独特の特徴を備えていった」という。

 有名なレゲエバンド「ザ・ウェイラーズ(The Wailers)」のオリジナルメンバーであるマーリー、ピーター・トッシュ(Peter Tosh)、バニー・ウェイラー(Bunny Wailer)が使用していたのは在来種の大麻だったと、博士は、小さなエデンの園(Garden of Eden)、ラスタ用語で言えば「ジャー(Jah、「神」の意味)」の庭の中で請け合った。

 エマニュエル博士いわく、レゲエ界のレジェンドたちが吸っていたガンジャは、人工栽培された現代の大麻に比べると、主要な精神活性成分のテトラヒドロカンナビノール(THC)の含有量が少なく、効き目はもっと穏やかだった。だが、1980年代に米国が麻薬撲滅戦争に乗り出すと、背が高い在来種の株は目立ちやすいために引き抜かれ、以来、栽培されなくなった。そうして時がたつにつれ、背の低い交配種が在来種に置き換わっていった。

■原産種の大麻の種子を求めてラスタファリアンたちを探し歩く

 カリブ海のドミニカ共和国出身のエマニュエル博士は、2001年から大麻の栽培を始め、研究を深めるために2007年にジャマイカに移って来た。生物学で博士号を取得し、園芸学と植物の気候への適応を専門としている。大麻の愛好家でもある博士は──吸うのではなく、蒸気吸引やアロマテラピーで使用するという──失われたジャマイカの大麻の在来種を自分の研究室でよみがえらせることを決意した。

 この試みは容易ではなかった。ジャマイカ原産の大麻の種子は、長年の間にカリブ海の隅々でしか見られなくなっていた。博士はドミニカ、仏海外県グアドループ(Guadeloupe)、トリニダード・トバゴといった国々をめぐり、地方に暮らしながら今もジャマイカ原産種を育てているラスタファリアンたちを探し歩いた。

 そうしてついに、「40年間、文明と一切接触せずに」暮らしてきたラスタファリアンの男性を見つけた。その場所にたどり着くために「山の中を6時間」歩いたが、帰る際には、希少なジャマイカ在来種の種を手にしていた。

 エマニュエル博士が研究を行っているのは、園芸学への愛からだけではない。研究と同時に、ジャマイカ在来種の大麻を広めるための販売計画も練ってきた。

■生産者にフェアトレードの条件を、それがラスタファリ思想

 宣伝では、古来からの「純粋な」品種であること、マーリーが使用していたことなどをうたっている。カナダや米国の一部の州など、大麻の使用が合法化されている国や地域の愛好家にアピールするためだ。

「マーケティングとしても、ノスタルジックな付加価値を与えることができる」と博士は言う。「ジャマイカを有名にしたのは、基本的にこの植物だから」

 ジャマイカは「フランスのシャンパンのように」、大麻の原産地としての地位を確立する上で世界をリードしていると博士は語る。在来種の風味の良い香りに引かれ、すでに企業や個人からも問い合わせが相次いでいるという。

 ラスタファリ思想に従って博士が求めるのは、発展途上国の生産者たちにとってより公平な「フェアトレード(公正取引)」の条件だ。博士は自らが育てるガンジャの「ナチュラルさ」を強調し、「今の消費者が商品を応援しようとするときに参考にするのは、栽培過程における倫理性や、きちんとした手順、有機栽培、完全菜食主義に基づいて作られているかどうかだ」と述べた。

 エマニュエル博士は最後にジョークで宣伝を締めくくった。「幸せはお金では買えないが、大麻はお金で買える」

参考:AFP BB News – ボブ・マーリーも吸った幻の在来種大麻を現代に、ある研究者の挑戦 ジャマイカ

やりがいのある研究っすね~☆
ジャマイカ在来種、ぜひ試してみたい! ジュル♪

大麻堂オリジナルTシャツ No.299「natural collie (ナチュラルコリー)」
【PR】“マリファナ”を意味するジャマイカのスラングを
フロントに さりげなくデザインした「ナチュラル コリー」Tシャツ






米国で進む大麻の合法化 雇用ランキング1位はフロリダ州

2019年6月22日 土曜日

2018年の1年間で新たに加わったマリファナ関連雇用数を、米国の州でランキングにした。米国では、大麻(マリファナ)の合法化が進んでいる。すでに34州で医療目的使用が認められており、それとは別に10州で医療目的だけでなく、嗜好品としての使用が認められている。

その結果、マリファナ業界では推計21万1000人がフルタイムで働いているとみられる。合法マリファナに関連する仕事につく人は29万6000人に及ぶ見込みだ。なお、米国の醸造業従事者は6万9000人、石炭鉱業従事者は5万2000人程度。

合法マリファナ市場は年間100億ドル以上とも言われ、フルタイム雇用は2018年と比較して44%の増加。最も急速に雇用が成長している業界だ。

米国で進む大麻の合法化 雇用ランキング1位はフロリダ州

参考:Forbes Japan – 米国で進む大麻の合法化 雇用ランキング1位はフロリダ州

もっともっと増えそうですね♪

ヴェポライザー「Weepor Click (ウィーパー クリック) ★ワックス、リキッド用」
【PR】リキッド用カートリッジとワックス用ヒーティングチャンバーが使用できるヴェポライザーです。
軽量かつ、吸い口部分を収納でき、未使用時はコンパクトに保管できます。






2500年前の遺跡から大麻を吸った跡がみつかる – 中央アジア墓地遺跡から

2019年6月13日 木曜日

2500年前の遺跡から大麻を吸った跡がみつかる - 中央アジア墓地遺跡から
出土した火鉢と焼けた痕のある石

【6月13日 AFP】中央アジアのパミール高原(Pamir Mountains)で約2500年前に行われていた埋葬儀式では、ハープの音色、そして大麻とジュニパー香をたく匂いが辺りに満ちていた──。これは神、そして死者と心を通い合わせるための入念な儀式の一環だった。

 このほど発表された研究論文によると、この儀式は、精神活性作用を求めてマリフアナ(大麻)を使用した、知られている中で最も古い事例を示すものだという。研究チームは、中国西部・新疆ウイグル自治区(Xinjiang Uighur Autonomous Region)で発見された考古学的遺物を、法医学技術を用いて分析した。

 論文は、12日の米科学誌サイエンス・アドバンシズ(Science Advances)に発表された。研究を主導した植物考古学者のロベルト・スペングラー(Robert Spengler)氏は、リンゴからクルミまで、シルクロード(Silk Road)沿いで現代の形態に進化したと考えられる作物の数が増えていることを指摘しながら、今回の研究結果によって大麻もそうした作物の一つに名を連ねることになるとの考えを示した。

 独マックス・プランク人類史学研究所(Max Planck Institute for the Science of Human History)のスペングラー氏は、「初期のシルクロードの交易ルートは、1本の長距離道というよりはむしろ荷馬車の車輪のスポークのように機能し、中央アジアを古代世界の中心に据えていた」と話す。

「大麻の喫煙と化学物質の生成量が高い大麻草の特定の品種に関する知識は、これらの交易ルート伝いに広まった文化的伝統の一つだったことを、今回の研究は示唆している」

 これは、中国東部で精神活性性がより低い種類の大麻がより早い時期に栽培化されたことと対照をなしている。中国東部では、油分を多く含む種と衣類やロープ類などに適した丈夫な繊維を得るために、6000年以上前から麻の栽培が行われていた。

 今回の研究では、タジキスタン国境近くにあるジルザンカル共同墓地(Jirzankal Cemetery)を調査。標高3000メートル以上に位置するこの古代の共同墓地遺跡では2013年から発掘調査が行われていた。

 研究チームは、墓8基から木製の火鉢(もしくは炉)を10個発見した。この中には、明らかに焼けた跡がある複数の石が入っていた。

■人身供犠

 研究チームはガスクロマトグラフィー質量分析法(GCMS)を用いて、この木製の炉と焼けた石を分析した。法医学的分析で利用されることの多いこの技術が、古代の遺物の調査に用いられるようになったのはごく最近のことだ。GCMSは、化学物質の混合物を分離して、構成要素を分子レベルで同定する。

 今回の研究で化学分析を主導した中国科学院大学(University of the Chinese Academy of Sciences)の楊益民(Yimin Yang)教授は、「大麻の指標化合物、とりわけ精神活性作用に関連する化学物質が同定されたことにワクワクしている」と述べた。

 木製の容器から検出された大麻の活性化合物カンナビノイドは主にカンナビノール(CBN)だった。大麻の主要な精神活性成分であるテトラヒドロカンナビノール(THC)が空気にさらされると分解され、このカンナビノールに変化する。

 この物質に加え、古代の葬儀で重要な楽器だった角型ハープや、強いテレビン油の芳香を放つジュニパー材でできた香炉などの遺物も回収された。このことが示しているのは、人々を変性意識状態に導く幻覚作用のある煙が立ち込める中で儀式が行われていたということだ。

 興味深いことに、墓の一つからは、自然死したとみられる個人の遺体とともに、切られた痕が残る遺骨も複数見つかったと楊教授はAFPの取材に語った。これは人身供犠が行われた痕跡だと、発掘チームは解釈しているという。現在、これらの人々の血縁関係について調べるためのDNA鑑定が試みられている。

参考:AFP BB News – 大麻の精神活性作用、最古の利用例か 中央アジアの墓地遺跡

大麻を禁止しているのは、たかだか100年にも満たないわけで(1948年 大麻取締法制定)
早く大麻を活用する生活に戻りましょう~♪

大麻堂オリジナルTシャツ No.306「令和 NEW ERA OF LEGALIZATION (合法のための新時代 令和)」
【PR】目指せ マリファナ合法化!
新時代 令和を記念したTシャツの発売です。