‘Happy Ganjaman’ カテゴリーのアーカイブ

「地産地消」で拡大する米国の大麻業界、約25万人の雇用を創出

2020年10月5日 月曜日

「地産地消」で拡大する米国の大麻業界、約25万人の雇用を創出

米国では約25万人が大麻関連の業界で働いており、大麻の合法化が新しい州に拡大し、市場規模が膨らむにつれて、その数は大幅に増加するとの見通しが、Leafly.comの最新のレポートで示された。

大麻関連の雇用が最も多いのは、最も早く医療用マリファナを合法化したカリフォルニア州で、最初にレクリエーション使用を合法化したワシントン州とコロラド州が、それに次ぐ規模となっている。さらに、オクラホマ州のような保守的な州でも、大麻によって新たに何千もの雇用が創出される見通しだ。

大麻業界に特化した人材派遣企業FlowerHireのCEOであるデビッド・ベルスキーによると、この業界では農業やマーケティング、化学試験に関わる高度な専門的知識が求められている。給料は州によって大きく異なるが、あらゆる教育レベルの人々にふさわしい仕事が、この業界には用意されている。

大麻プロダクトの配送を行うドライバーや、栽培を手がける職種に加え、小売店の販売員や金融の専門家、博士号を持つ化学者など、様々なカテゴリで働き手が求められている。

伝統的な企業での経理や法務、セキュリティ、製造、小売などの職務の経験を持つ人々は、大麻業界にその専門的な知識を適応させ、活かすことが可能だ。さらに、「コンプライアンス・ディレクター」や「大麻栽培ディレクター」などのポジションでは、より専門性の高い知識や経験が求められる。

ベルスキーによると大麻関連の仕事のユニークな点は、「州外への移動ができないこと」だという。これは、大麻が州境をまたいで移動することを連邦政府が禁じているからだ。大麻は、消費される州で栽培、加工、販売されなければならない「地産地消」のルールに縛られている。

転職サイトのGlass Doorで最近掲載された大麻関連の人気の職種リストには、ブランド・アンバサダーやセールス・マネージャー、リテール・アソシエイト、デリバリー・ドライバー、セキュリティなどが並んでおり、大麻関連の店舗数の増加を反映している。

テクノロジー企業でも雇用創出の期待

各州の大麻市場は地域の事情に応じた発展を遂げており、求人にもその特性が反映されている。デリバリーが許可された州では、ドライバーや警備員、車両メンテナンス関連の求人が増えている。小売店が増加している州では、マーケティング関連の人材が求められている。さらに、クラブなどでの使用の合法化が検討されている地域では、飲食業や娯楽産業で新たな雇用が創出されることも考えられる。

また、新規に合法化が進む全ての地域で、シード(種)や販売を追跡するソフトウェアの需要が高まり、テクノロジー関連の雇用も新たに生まれそうだ。

「医療目的や娯楽目的を問わず、大麻の需要は伸びており、この分野の雇用も拡大していく見通しだ」と、ベルスキーは話した。「その他の業界の雇用は減少傾向にあるが、大麻業界の雇用は伸びている」と彼は続けた。

参考:Forbes Japan – 「地産地消」で拡大する米国の大麻業界、約25万人の雇用を創出

地産地消も悪くないケド、やっぱ連邦法で合法になってほしいナァ

ジップアップスウェットパーカ No.314「ワンポイント ボング刺繍」
【PR】左胸にさりげなく、ボングの刺繍をあしらったZIPアップパーカの登場です。






イスラエルでマリファナが降ってくる珍事件発生

2020年9月9日 水曜日

イスラエルでマリファナが降ってくる珍事件発生
配達サービスを宣伝するドローンが、あちこちにマリファナ入りの小袋を落とした後のテルアビブ

先週木曜、イスラエルのテルアビブにあるラビン・スクエア上空のドローンが大麻入りの小袋数百個を投下したところ、それを手に入れようと人々が群がって騒ぎになったとJerusalem Postは報じています。

報道によれば、バラまきを画策したのはイスラエルでのマリファナ合法化を主張するGreen Droneというテレグラムグループ(5月時点でイスラエルでは医療大麻は合法であり、主要な輸出品となっています。国防省は2017年に娯楽目的での大麻使用の処罰を一部緩和しましたが、完全な合法化については未だ交渉中)。このグループはテレグラムのフォロワーに、これは「カンナビスの雨」という名の新たな配達サービスの開始を祝う一環だと語っていたとか。

彼らはバラまく前、無料の大麻を空から配ることをほのめかすメッセージをテレグラムに投稿していました。

さらに「私たちは『カンナビスの雨』プロジェクトを始めます。1kgの大麻を無料の2g小袋に小分けして国内各地に毎週、配達することも含まれます」と付け加えています。

バイラルマーケティングではないかとの見方も

Times of Israelは、大麻投下のドローンは合法化を主張する運動よりバイラルマーケティングといった面に関係があったのではないかと報じています。Green Droneは大麻の配達サービスも行なっていて、投下された小袋には見込み客用に連絡先が記載された名刺も入っていたからです。

ドローンの操縦者が風を見誤ったようで、小袋の中にはラビン・スクエアに落とされず、近くのイブン・ガビロル通りに着地したものもあるとTimes of Israelは書いています。小袋を手に入れようと、道路に出る人も現れる事態に…。
警察はドローンを操縦した容疑で2人を逮捕しました。ロイターは、当局が袋には「危険なドラッグ」が入っていた疑いがあり、数十個の小袋を回収したと語っていたと報じています。

参考:Gizmodo – イスラエルでマリファナが降ってくる珍事件発生

日本にも降ったらいいな カンナビスの雨

大麻堂オリジナル ガラスボング「ジェットバブルボング ★サンドブラスト ラージ」
【PR】直径6センチの大盤ハニーコンボフィルターから気泡が大量に発生する!
大人気の《ジェットバブルボング》に【サンドブラスト加工で和の麻柄】を刻印しました!
3デザイン登場!






タイの医療大麻、栽培法拡大を閣議決定

2020年8月5日 水曜日

タイの医療大麻、栽培法拡大を閣議決定

タイ内閣は2020年8月4日(火)、医療大麻に関する麻薬法を改正する保健省の提案を原則として承認しました。政府の報道官が明らかにしました。

改正案は大麻解禁を推進するタイ誇り党の党首であるアヌティン・チャーンビラクル保健相兼副首相のもので、改正案が国会で可決されれば、開業医、伝統医学事業者、農家、登録患者が、医療用大麻を栽培できるようになります。

なお改正案では、押収した大麻の管理責任を保健省に委ね、保健省が破棄や保存をすることができるようになります。さらに、医療製品の製造業者が大麻の製造、所持、輸入、輸出することが可能になります。

政府はこの改正案によって、医療大麻製品の製造業者が、国際市場で競争できるようになることを期待しているとのことです。

参考:タイハイパーリンクス – タイの医療大麻、栽培法拡大を閣議決定

タイの医療大麻、栽培法拡大を閣議決定

チェンマイにある大学が運営する農場で大麻を収穫するるアヌティン・チャーンビラクル保健相(20年1月15日)

ムハー、保健相が大麻収穫だなんて・・・♪ 日本政府もこういうことを閣議決定してほしいですネ☆

シリコン・ガラスパイプ「Session Pipe (セッションパイプ)」
【PR】耐熱強化ガラス製の円錐型パイプに、耐熱シリコンカバーとステンレスキーホルダーがついたスタイリッシュな喫煙具
「セッションパイプ」