‘Happy Ganjaman’ カテゴリーのアーカイブ

ゴルフ「新薬物検査プログラム」に大麻愛好家は拍手喝采 ~匿名ツアープロの報告

2017年11月30日 木曜日

ゴルフ「新薬物検査プログラム」に大麻愛好家は拍手喝采 ~匿名ツアープロの報告

すでにご存じかもしれないが、PGAツアーは2017年10月の新シーズン開始に合わせて、新しい薬物検査プログラムを展開している。これまでの採尿に加え、身体能力を向上させるドーピングを検査するため、採血も行うことになったのだ。我々に対する禁止薬物のリストはオリンピック選手と同じ内容となり、検査で引っ掛かった場合にはその事実が公表されることになった。これで3カ月間、トーナメントでプレーをしていない選手がいたとしても、その選手が本当に背中を痛めているのか、実際は検査で引っ掛かり「暗黙の出場停止」が課されているのか、あれこれ推測する必要はなくなる訳だ。

とても厳しくなったように思えるかな?でもこの数年間、定期的に大麻を吸ってきた選手である私は、さほど気にしていない。むしろツアーの決定に拍手を送りたいくらいだ。

肝(きも)は数値にあると言える。新たな規定では、体内に残留していてもいい大麻の量がこれまでの10倍に引き上げられたのだ。検査で失格となる基準値が、これまでの15ナノグラムから150ナノグラムとなった。これは一体どれくらいの量なのだろう?大麻は長く体内に残るから厄介なのだ。しかし友人である医者によると、1ヵ月に12日間大麻を吸引しても、基準値に達することはないそうだ。それでも私は常に水をたくさん飲むことで、検査で検出されにくいよう心掛けているよ。

ツアーは、国際オリンピック委員会(IOC)の決定を踏襲している。国際オリンピック委員会は、2013年に基準値を150ナノグラムに引き上げた訳だが、私は妥当だと思っている。重要なのは選手が競技上、優位性を得るのを防止することであり、彼らに恥をかかせることではない。PGAツアーの選手で娯楽用の薬物の使用を気にかける者はいないし、一般ゴルファーでもそうだろう。水パイプで大麻を吸ったり、ビールを一杯引っかけることが、バーディを奪う上でどれだけ有効なのか?ただし「スイングの潤滑油だ」などと自分を信じ込ませることはできても、賞金の懸かった大会で吸引をすれば、対戦相手を喜ばせるだけだろう。

これまでPGAツアーの大会中にハイになっていたことはあるかって?もちろん。そんなに頻繁にではないけれどね。最下位付近で順位が上がる見込みがほとんどなく、日曜にティオフをするのなら、その日は少しでも楽しく、少なくとも違った日にしたい。そんな時に同組の選手たちと、スタート前に一服したことはあるよ。

毎週、ツアーはランダムに多くの選手を検査する。担当者がスコア記入トラックの外で待っているのだ。スポンサーやメディアに対する対応義務がある場合は、「検査エリア」へ出向くのを遅らせることができる。尿のサンプルを提出すると、その数日後に検査をパスした旨がメールで通知される。ただし、自分の電話が鳴り、発信者がPGAツアーで、自分が他の用件でツアーの事務所に留守電を残した覚えがなければ、それは検査が陽性だったことを意味する。私も一度、これを経験したことがあるからね。

娯楽用薬物の使用で検査に引っかかったのはそれが初めてのことだったので、その時は軽い処罰で済んだ。抗議する選択肢もあるにはあったが、それで事が公になるのは馬鹿げている。私は結果を受け入れ、ノースカロライナ州シャーロットへと飛び、ツアーが任命した心理学者と1時間ほど面談をした。これと同じ旅をした何人かの選手を知っているよ。心理学者の男は「どれくらいの量を、どれくらいの頻度で?」といった、ありきたりなカウンセリングの質問をしてくる。私は正直に答えたが、彼はそれにまったく無関心だった。我々は形式的な問答をして、問題について対処したということを紙に記録しただけだった。その後も私は、地元のカウンセラーと3つのセッションに出席しなければならなかったけれどね。

合法化が広がるにつれ、大麻を巡る状況が変化しているのは明らかで、ツアーが改訂した情け深い基準値などささいなことだ。血を抜かれることに気乗りはしないが、実際に不正行為で力をつけて、飛距離を稼ごうとしているインチキ野郎が捕まるのであれば、喜んでこの腕を差し出そう。

この新しいプログラムの開始に伴う懲戒に関する噂では、全員のこれまでの記録が一旦クリーンにリセットされるそうだ。そうすると、私が再度大麻の検査に引っかかった場合、最悪のシナリオはシャーロット行きのフライトということになるだろう。

聞き手:マックス・アドラー
(米国ゴルフダイジェスト誌 2017年10月号掲載)

参考:ゴルフダイジェスト・オンライン – 「新・薬物検査プログラム」に大麻愛好家は拍手喝采 ~覆面ツアープロの報告

大会中にハイになっていたことはあるかって?もちろん。<中略>同組の選手たちと、スタート前に一服したことはあるよ。」
yeah~♪

メタルワンヒッターパイプ「Pitch N Puff (ピッチアンドパフ / ティー型ワンヒッター、ゴルフボール型ケース)」
【PR】ほっこりゴルファーにおすすめしたい
ティー型パイプとゴルフボール型隠しケースのセット。






インドで大麻合法化法案が国会提出へ

2017年11月28日 火曜日

インドで大麻合法化法案が国会提出へ

元循環器専門医のDharam Vira Gandhi下院議員

あのインドが大麻合法化への最初のステップを踏み出しました。詳細は以下から。

インドの冬期国会に議員立法の大麻合法化法案が提出されることが分かりました。この法案の提出議員であるパンジャーブ州選出のDharam vira Gandhi下院議員は元循環器専門医であり、大麻の非犯罪化と合法化を長年支援してきました。

Gandhi議員は1985年の「Narcotic Drugs and Psychotropic Substances Act(NDPS Act:麻薬及び向精神薬法)」が望まれた結果を出しておらず、薬物の需要が変わっていないと批判しています。提出される法案は罰則を無くし、医療用及びレクリエーション用の大麻を合法化して統制することを柱としています。

30年間に渡ってNDPS Actで戦われたいわゆる「ドラッグ戦争」は、2009年にアメリカ合衆国議会が表明したように失敗だったとGandhi議員は考えており、厳しい懲罰による禁止法が望んだのと真逆の効果しかもたらしていないと指摘します。

ではこの合法化法案は実際の大麻合法化に繋がるものなのでしょうか?実は既に2017年8月にManeka Gandhi大臣が医療大麻の合法化を要求しており、同月にインド政府は科学・工業研究評議会に対し、てんかんと化学療法の副作用のケアのための研究用大麻の栽培を許可しています。また、中央麻薬局のRomesh Bhattacharji前長官も大麻規制の見直しについて言及しています。

インドではサドゥーと呼ばれるヒンドゥー教の苦行者を筆頭に、宗教上の理由から大麻を吸引する人が少なからず存在しています。実際にヒンドゥー教の主神の一柱であるシヴァは大麻を司る神としても知られており、法律と宗教の間で大きな齟齬が生じているのが現状です。

すぐにインドで大麻が合法化される可能性は高くはありませんが、欧米を中心に大麻規制が大幅に見直されており、産業としても顕著な伸びを示している現状がある以上、遅かれ早かれ合法化もしくは非犯罪化に向かうものと考えられます。

その場合、インドがアジアで最初の大麻合法化国となり、既に数千年に渡る大麻栽培のノウハウが蓄積されている以上、極めて大きなマーケットとなり、供給地となる事は間違いありません。

インドで大麻合法化法案が国会提出へ

参考:Bazzap – インドで大麻合法化法案が国会提出へ
India Times – A Private Member’s Bill To Legalise Marijuana To Be Tabled In Parliament During Winter Session

ボン・シャンカール!

Master of Life (マスターオブライフ) 長袖TシャツCutsigh ∞ SHOHEI コラボ 「LOOP (ループ)」★チラム [MOL036]
【PR】ギタリスト Cutsighと 画家 SHOHEIによる 共同プロジェクト「LOOP」
話題のSMOKE ボールペン画の長袖Tシャツが入荷!!!






大麻入りクリスマスカレンダーに注文殺到、カナダ

2017年11月28日 火曜日

大麻入りクリスマスカレンダーに注文殺到、カナダ

【オタワAFP=時事】カナダ・バンクーバーにある大麻(マリフアナ)専門の通販会社がクリスマスシーズンを前に大麻入りのアドベントカレンダーを売り出したところ、注文が殺到し、うれしい悲鳴を上げている。(写真はマリフアナを吸う女性)
 大麻入りカレンダーを売り出した「コースト・トゥ・コースト・メディシナルズ」のロリリー・フェドラー氏がAFPに語ったところによると、すでに700個を発送したが、在庫不足で2000件の注文に対応できていないという。
 「注文はせいぜい20件とか30件くらいだろうと見積もっていた」とフェドラー氏。殺到する注文に対応するため「友人を総動員」し、トナカイやプレゼントの絵柄や「メリー・カナビス(大麻)」というメッセージが描かれたカレンダーを制作しているという。
 アドベントカレンダーは乾燥大麻26グラム入りのものや、大麻入りのジンジャーブレッドや雪の結晶形のクッキーが入ったものなどがあり、価格は200~230カナダドル(約1万7000円~約2万円)。
 ただ、カナダで嗜好(しこう)用大麻が合法化されるのは来年7月で、現在は医療目的でしか法的には認められていない。
 コースト・トゥ・コーストも通常は医療用大麻を扱っているが、カレンダーが違法であることはフェドラー氏も自覚している。だが警察からの連絡はなく、自分が刑務所送りになることはないだろうと同氏は楽観している。
 大麻入りアドベントカレンダーの人気を受け、フェドラー氏はバレンタインデーやイースター用の類似商品も企画しているという。

大麻入りクリスマスカレンダーに注文殺到、カナダ

これがウワサの大麻入りアドベントカレンダー。
Xマスに向けて、1日1箱ずつカレンダーを開けていくと、そこにはマリファナが♪

参考:
時事ドットコム – 大麻入りクリスマスカレンダーに注文殺到、カナダ
Coast to Coast Medicinals

大麻堂カレンダーにも早く“オマケ”をつけたいナ~♪

オールインワン メタルパイプ「The High Knife (ハイナイフ)」
【PR】スモーキングパイプ他、12のツールを ひとつにまとめた
ステンレス製のオールインワン メタイルパイプ「ハイナイフ」