‘Happy Ganjaman’ カテゴリーのアーカイブ

24時間年中無休で「大麻栽培」を配信する海外ゲーマー達は何を考えているのか…コミュニティーリーダーに突撃インタビュー

2019年12月4日 水曜日

24時間年中無休で「大麻栽培」を配信する海外ゲーマー達は何を考えているのか…コミュニティーリーダーに突撃インタビュー

映像配信プラットフォームTwitchでは、「ゲームの生配信(実況プレイ)」以外にも「イラスト制作」や「雑談」「食事(ソーシャルイーティング)」「プログラミング」といったジャンルが人気を集めています。そんななか、日頃からハードコアなゲーム情報を求めるべく(仕事として)アダルトサイトを閲覧したりと奔走している私が出会ったのは、「Twitchで大麻栽培の様子を配信し続ける海外ゲーマーたち」でした。

日本のゲーマーにとって「大麻×ゲーム」の組み合わせは非日常的で、ショッキングに感じる方もいらっしゃるかもしれません。大麻ストリーマーの配信は「ガーデニング」「植物」「料理」とカテゴライズされているようですが、いくら海外の文化とは言えど、私も脳内に浮かぶ疑問符を止めることはできませんでした。

そんなわけで、Game*Spark編集部は大麻栽培配信コミュニティーのリーダーであるPotQuestさんにインタビュー。彼の活動やコミュニティーが目指すもの、Twitchを選んだ理由、ゲーマーとしての側面などなど、気になる質問を投げかけてみました(PotQuestさんはアメリカ・カリフォルニア州在住の成人男性。すべての活動が合法的に行われています)。

―― 「大麻栽培配信」はどのような視聴者に向けて放送しているのでしょうか。

PotQuest 医療用大麻のユーザーや、成人済みで責任を持って大麻を利用できる方をターゲットとして配信しています。DIYでガーデニングを楽しんでいる仲間や、大麻栽培のテクニックについて話すこともありますね。

―― コミュニティーには、24時間年中無休で配信されている方もいらっしゃいますよね。PotQuestさんはどのような形式で配信されていますか?

PotQuest 私は年中無休の配信は行わないのですが、オフライン時には他の大麻栽培配信をホストすることがあります。TheBudLabCA419streamCBDmicrogrowCaboose710あたりは24時間配信しています。彼らは栽培する植物のライフサイクルの全体を紹介するためにそうしていますが、タイムラプス映像を制作して、より短時間でプロセスを紹介することもできますね。

―― なぜ配信プラットフォームとしてTwitchを選んだのですか?

PotQuest 自宅で大麻を収穫するときはいつもTwitchを観てたんです。そこにはいろいろな人がいますし、ゲームを遊びながら大麻を利用することが好きな方もたくさんいます。そこで大麻栽培のプロセスをシェアしたら、とても楽しいだろうと思いまして。そのアイデアが浮かんだ当時、他にTwitchでそういう配信をしてる人はいませんでしたし。

―― なるほど。YouTubeなど他のサービスは選択肢になかったのでしょうか?

PotQuest InstagramやYouTubeといった他のサービスでは、合法性のために大麻関連のコンテンツを削除しているんです。その点、Twitchは非常に寛容なんですよね。始めてから3年ほど経ちますが、植物の育ちっぷりを何段階かに分けて紹介したり、同じように栽培している人たちとノウハウを共有するためにディスカッションしていました。

―― PotQuestさんはどんなゲームが好きなのですか?

PotQuest 友達と遊べるマルチプレイゲームが大好きです。子どもの頃はセガのハードや初代プレステ、プレイステーション2で育ちました。レトロゲームやCo-opが楽しいゲーム、サバイバルRPG、大規模なロビーがあるオンラインゲームなんかも好きです! コミュニティーのみんなとPCゲームを遊ぶ会をよく開いているのですが、次はニンテンドースイッチ/Xbox Oneでもやってみようと思ってます。

―― レトロゲームもお好きなんですね。あまりレトロな作品を遊んでいないゲーマーにオススメなタイトルがあれば、教えてください。

PotQuest 『メタルスラッグ』シリーズが鉄板ですかね。『Zombies Ate My Neighbors』というルーカスアーツのゲームもぜひ遊んでもらいたいです。こちらも古典的名作です。

―― ちなみに、今はどんなゲームにハマっていますか?

PotQuest コミュニティーのみんなと一緒に『7 Days to Die』を遊んでます! 日曜日には7~14時間くらいプレイしてますね。ゾンビが蔓延る世紀末世界で友達とサバイバルするのは最高ですよ。

―― ゾンビものは良いですよね。日本のゲーマーの間でも『7 Days to Die』は人気です!

PotQuest ちなみに、今までで一番面白かったのは『A Way Out』です。友達に教えてもらったゲームだったんですけど、非常に難易度が高くてスリルも凄かったです。

―― やはり、大麻をお供にゲームを遊んでいるのですか?

PotQuest もちろん、いつもマリファナを吸ったりしながらゲームしてますよ。ゲームにはいろいろな楽しみ方がありますからね。ゲームを遊ぶ前から数時間くらい大麻を利用したり、遊びながらパイプやボングを用意しておいて、休憩中に吸う人もいます。

―― ゲームからいったん距離を置いて、PotQuestさんの活動について改めてお聞かせください。カリフォルニアに在住とのことですが、普段はどのようなお仕事をされているのですか?

PotQuest 本業はヘルパーのようなものです。それとは別に、医療用大麻協同組合で、栄養繁殖の専門家として活動しています。州の認可を受けている完全に合法的な活動です。販売ではなく、医療的な利益を目的としています。私の主な仕事内容は、種子を発芽させたり大麻のクローン(挿し木)を作ること。自分自身もそうですが、重度の精神的/肉体的な疾患があって医療用大麻を求めている人々のために、植物を育てています。実のところこの仕事は無給で、住居と食事が提供されるだけなのですが。

―― PotQuestさんは「大麻栽培配信」、ひいては「ストーナー」が集まるTwitchコミュニティーのリーダーということでしたが、そこにはどんな人々がいるのですか?

PotQuest 医療用大麻を使う患者や成人済みのユーザー、栽培をする人、商業的に大麻を扱う人がいます。それぞれの大麻にまつわる経験を共有したりしてますね。栽培や食べ物、ペット、“ミーム”について話すユルいDiscordサーバーもありますよ。ただし、未成年者は入室禁止としています。他にも「N.O.P.O.R.K(No Pets OR Kids)」というポリシーを掲げていまして、これは「ペットの所有者や子どもの保護者ではない」ということを意味しています。その代わり、コミュニティーの外側で個別でチャットすることはありますけどね。

―― 立ち上げから今に至るまで、大麻栽培配信コミュニティーにはどのような変化がありましたか?

PotQuest 時が経つにつれて、いろいろな方法でコミュニティーを盛り上げようとしたり、スポンサーシップや製品販売を通じて成功しようとする人々が増えました。それでも他のプラットフォームなどで活動する類似コミュニティーとは違って、私たちには「モノを売る必要」がありません。大麻に関する知識をつけたい人を主なターゲットにしていますからね。

―― 最後に、コミュニティーとしての今後の目標をお聞かせください。TwitchやDiscordを通して、これからどのように活動していこうと思っていますか?

PotQuest 大麻にまつわる私たちの経験をオンライン上で共有していくことが目標です。そして、大麻のことをあまり知らない人の理解を助けるべく、基礎知識を紹介して、正しい情報を得るための道を作っていきたいです。さらに、医療用大麻の薬効に関する意見をより明確にしていきたいと考えています。

―― 貴重な話を聞かせていただき、ありがとうございました!

24時間年中無休で「大麻栽培」を配信する海外ゲーマー達は何を考えているのか…コミュニティーリーダーに突撃インタビュー

参考:Game Spark – 24時間年中無休で「大麻栽培」を配信する海外ゲーマー達は何を考えているのか…コミュニティーリーダーに突撃インタビュー

良い時代になったもんだ♪

ニオイ漏れしない魔法の防臭・防水・防塵袋、ジップバック「ハーブティー」
【PR】ニオイ漏れしない魔法の袋に【日本語パッケージ】登場。
自然由来の天然ハーブティー袋そっくりの偽装タイプが新発売!

カンペキな防臭・防水・防砂機能を備え、再利用も可能な保存バッグです。






ラッパーのドレイクが大麻ビジネス参入、カナダの上場企業と提携

2019年11月8日 金曜日

ラッパーのドレイクが大麻ビジネス参入、カナダの上場企業と提携

ラッパーのドレイクが大麻ビジネスに参入する。ドレイクはニューヨーク証券取引所に上場するカナダの大麻企業キャノピー・グロースと組んで、「More Life Growth Company」を設立し、医療用大麻やハーブティー、Tシャツなどのマーチャンダイズを行っていく。

ドレイクの保有資産をフォーブスは1億5000万ドル(約164億円)と推定している。キャノピー・グロースは大麻業界で最大の時価総額を誇る企業で、More Life Growthの株式の40%は同社が保有することになる。ドレイクは60%を保有する。

ドレイクはインスタグラムに「WELCOME TO MORE LIFE」の文字が回転する動画を投稿した。

しかし、キャノピー・グロースの事業は苦戦中で、2019年4月から6月の四半期決算では13億カナダドル(約1080億円)の赤字を計上した。同社の株価は今年に入り、60%の下落となっている。ブルームバーグによると、著名人との取り組みはブランドの認知度向上にはつながるが、株価にはさほどの影響を与えない見通しという。

キャノピー・グロースはラッパーのスヌープ・ドッグやカリスマ主婦出身で近年はライフスタイル界の大御所となったマーサ・スチュワート、俳優のセス・ローゲンとも提携を結んでいる。一方で、ジェイ・Zやウーピー・ゴールドバーグらは別の企業と大麻事業を立ち上げている。

米国では大麻の合法化が進行中ではあるが、米国やカナダの大麻関連企業の株価は、今年に入り低迷が続いている。ドレイクのMore Life Growth Companyは、彼が生まれ育ったトロントに本拠を置く。

参考:Forbes Japan – ラッパーのドレイクが大麻ビジネス参入、カナダの上場企業と提携

日本の著名人大麻愛好家も海外企業と組んだら良いかもね~

プルオーバーパーカ No.304「Rolling Paper Box 420 (ローリングペーパーボックス ★420)」
【PR】定番ペーパーから、レア巻紙のパッケージまで網羅!
人気デザイン「ローリングペーパーボックス」で420をデザインしたパーカです。






迫る2020年米国大統領選挙 民主党指名争いを繰り広げる候補者たちの大麻合法化におけるスタンスは?

2019年10月11日 金曜日

迫る2020年米国大統領選挙 民主党指名争いを繰り広げる候補者たちの大麻合法化におけるスタンスは?

 22020年米国大統領選挙の最初の予備選挙まで残り約半年。大麻はかつてリベラルのみが支持する者だったが、この4年で米国の大麻に対する認識は大きく変化した。それは候補者の大多数が大麻合法化を推進していることからも明らかだ。

 カナダでも、米国民主党指名争いを繰り広げる候補者たちがトランプ大統領に挑もうと列をなしているのをハラハラしながらニュースで追っている方もいるのではないだろうか?今回はその候補者たちの大麻に関するスタンスをチェックしてみよう。

Bernie Sanders バーニー・サンダース

迫る2020年米国大統領選挙 民主党指名争いを繰り広げる候補者たちの大麻合法化におけるスタンスは?

 すべての米国民への一律の医療保険適用や金融業界批判を提示し、最低賃金引き上げの政策を掲げているサンダース上院議員。乱立する民主党候補の中ではバイデン氏に続き、頭一つ抜き出た存在となっている。サンダースは2016年の選挙で大麻の合法化を支持した最初の主要党大統領候補で、20年前から大麻の合法化を推進しており、現在議会でのマリファナ正義法の主要なスポンサーの1人でもある。

 サンダースは現在大麻がコカインやヘロインなどの強力な麻薬と同じ範疇にあり、州によって規制物質法の下で依然として違法であることに関し、その区別が「正気ではない」と表明。「大麻の長所と短所を論じることはできるが、大麻はヘロインではない。大麻の禁止を終わらせなければならず、それは米国大統領としてやるべきことだ」と述べている。

Kamala Harris カマラ・ハリス

迫る2020年米国大統領選挙 民主党指名争いを繰り広げる候補者たちの大麻合法化におけるスタンスは?

 カリフォルニア州の32代目州司法長官を務め、カリフォルニア州選出の上院議員に就いるカマラ・ハリス上院議員は、初の女性大統領を目指す候補者だ。ハリス氏は米国内の大麻関連法を改正し、有色人種のコミュニティに多大な損害を与える麻薬戦争の被害者を支援する法案に取り組んでいる。

 法案は「大麻の機会再投資および免責法」と題され、数十年に及ぶ麻薬戦争で最も被害を受けた地域社会を支援することも目的とし、大麻産業によって生み出される年間税収の50%を職業訓練、再入国サービス、法的支援、識字プログラム、若者のレクリエーション、メンタリング、薬物乱用サービスを促進するプログラムに充てることで地域社会に投資するものだ。

 助成金は少数派が所有する大麻業界の小規模企業を支援に使われ、規制ライセンスの供与や麻薬戦争で不当に被害を受けた個人の雇用に対する障壁を最小限にする取り組みにも資金を提供する予定である。

Joe Biden ジョー・バイデン

迫る2020年米国大統領選挙 民主党指名争いを繰り広げる候補者たちの大麻合法化におけるスタンスは?

 民主党候補争いでリードしている元副大統領のジョー・バイデンは、大麻合法化に反対し続けてきた唯一の2020年の民主党候補である。「数オンスの大麻で刑務所に誰かを送り込むこととそれを合法化することには違いがあります。大麻合法化は間違いだと思います。大麻はゲートウェイドラッグであると今でも信じています」と2010年に述べている。

 しかし、今年7月中旬にトランプ氏以外の唯一合法化に批判的な候補者であることに気づいたバイデン氏は、スタンスをやや変更。
 10ページにわたる正義改革提案を発表し、大麻の非犯罪化、コミュニティへの200億ドルの予防資金、警察による人種プロファイリングの削減努力、刑務所での職業訓練の増加、私設刑務所の終結などのアイデアを発表。「私の刑事司法改革パッケージは、他の誰のものよりも強力だと思います」とバイデンは述べている。

Elizabeth Warren エリザベス・ウォーレン

迫る2020年米国大統領選挙 民主党指名争いを繰り広げる候補者たちの大麻合法化におけるスタンスは?

 民主党最左派の一人で、オバマ前政権でリーマン・ショック後の消費者金融保護局設立の助言役だった、マサチューセッツ州選出の上院議員のウォーレン。先住民高水準の家計債務や学生ローンの状況を踏まえ、米経済情勢は不安定とし、リスク低減に向けて今後10年にかけて環境問題リサーチや製造業、輸出に2兆ドルの投資を行うことを提案。投資によって100万人強の雇用創出につながるほか、気候変動問題への対象を可能にすると主張している。

 ウォーレンは2016年の州の成人用大麻法案を支持していなかったが、その後スタンスを変更し、連邦禁止を終わらせるための広範な大麻改革法案を承認している。

Cory Booker コリー・ブッカー

迫る2020年米国大統領選挙 民主党指名争いを繰り広げる候補者たちの大麻合法化におけるスタンスは?

 ニュージャージー州選出の上院議員のブッカーは、オバマ前大統領に続く2人目の黒人米大統領を目指し、女性の権利拡大や同性婚支持を唱えるなど、党内でも最左派リベラルの一人に位置づけられている。一方で、2013年に金融界から多額の献金を受け取っている過去やウォール街への近さが批判されている。

 長年の麻薬戦争の批評家と大麻改革の提唱者で、薬物戦争によってもたらされた損害の修復を支援するための合法化と社会的公平性プログラムの両方への彼の支持していたが、「マリファナ正義法」のスポンサーになり、大麻法の水準を引き上げている。

Andrew Yang アンドリュー・ヤン

迫る2020年米国大統領選挙 民主党指名争いを繰り広げる候補者たちの大麻合法化におけるスタンスは?

 駆け出しの政治家でありながら、破竹の勢いで人気を上げている華人系起業家のアンドリュー・ヤンは、弁護士、慈善家、都市での雇用創出に焦点を当てた非営利団体の創設者で初のアジア系候補者である。

 現在候補指名争いでトップ6に食い込むまでになり、Yang Gangという熱狂的な支持者が多い。他の大統領候補者が取り上げない自動化とUBI(最低所得保障制度)を取り上げ、米国の全ての成人に1カ月あたり1000ドルの「自由の分配」を導入することで、貧困状態や賃金の停滞を緩和し、オートメーションに苦しむ米国民を守るという大胆な政策案を打ち出している。

 ヤンは連邦レベルでの大麻の完全な合法化を支持し、規制物質リストから削除すると表明。大麻関連使用あるいは所持犯罪の連邦有罪判決を抹消すると発表している。「一部の州では合法であるにも関わらず大麻が犯罪化されているのは、愚かで人種差別です。大麻の完全な合法化を進め、非暴力的な大麻に関連する犯罪によって刑務所にいる人たちを恩赦するべきです」と述べている。

参考:TORJA – 迫る2020年米国大統領選挙 民主党指名争いを繰り広げる候補者たちの大麻合法化におけるスタンスは?|特集「カナダ大麻合法化」から1年が経過して分かったこと

さっすが、もう【大麻解禁は当然】
その上で、それぞれ政策の違いを読み取る必要がありますね。

タバコトレイ「Kush My Ass Rollin Tray (クッシュマイアス ローリングトレイ)」
【PR】「わたしのお尻でクッシュ(大麻)して」

SEXYヒップと ンマそ~なKUSHジョイントが目を引くメタルトレイです。