‘High Grade Items’ カテゴリーのアーカイブ

Greenstopが大麻自動販売機をカリフォルニアの大麻販売薬局に設置

2020年9月11日 金曜日

Greenstopが大麻自動販売機をカリフォルニアの大麻販売薬局に設置

大麻(カナビス)は、カリフォルニアの一部のディスペンサリー(大麻販売薬局)の自動販売機で買えるようになった。カリフォルニアを拠点とするGreenstop(グリーンストップ)が開発したこのセルフサービス式売店は、現地の規制に準拠しつつ、同時に4人までが利用できる。この販売機の登場は、まさに最高のタイミングだった。

新型コロナウイルス禍において、カナビスはカリフォルニアには欠かせないビジネスと考えられており、このシステムは、利用者と販売員の双方の安全を保つソリューションをディスペンサリーにもたらした。しかも、私のような内向的な人間は、Budtender(バテンダー、カナビスの相談販売員)と話をしたくないときでも、ただ行って買って帰って来られる。購入は数秒で済むと、Greenstopの幹部はTechCrunchに話した。

Greenstopはこれを「スマート・ディスペンサリー」と呼び、この自動販売機をスーパーのセルフ会計レジのようなものと位置づけている。この場合、店員、つまりバテンダーは、客の身分証を確認し、必要ならば相談に応じた後に販売機のアクセスを許可するという販売の監視を行うことになる。この監視役の店員を配置するればディスペンサリーは規制をクリアして、販売機を導入して運用できるようになる。

Greenstopは2015年、Timothy Island(ティモシー・アイランド)氏とJames Edwards(ジェームズ・エドワーズ)氏が創業し、自己資金で運営してきた。2018年にはプロトタイプを発表している。2020年9月現在、製品をローンチした同社は、10人の従業員を擁し、まずはロサンゼルスで、次にカリフォルニア全土、ゆくゆくは全米に事業を拡大する資金として500万ドル(約5億3000万円)の調達を目指している。

スマート・ディスペンサリーは、ローンチ時点で2カ所に設置された。カリフォルニア州マリーナ・デル・レイのMarina Caregivers(マリーナ・ケアギバーズ)と、カリフォルニア州エンシノのThe Healing Touch(ザ・ヒーリング・タッチ)だ。1台で同時に4人に対応できるため、小さなディスペンサリーなら1台導入するだけで、新たにバテンダーを雇わなくても販売能力を高めることができる。

当初、Greenstopのマシンは、速度のことだけを考えて開発されていた。ビールの6本パックを買うときのように、店に入って大麻を買って出てくるまでの時間をできるだけ短くすることに注力していた。しかし、共同CEOのティモシー・アイランド氏は、開発途中で別の利点を発見したとTechCrunchに話している。

「セルフサービスでは、買うときに自分が運転席に座っている感覚になれるのです」とアイランド氏。

Greenstopのマシンには完全にインタラクティブなディスプレイが備えられていて、ディスペンサリーは、リッチメディアを用いてすべてのメニューを更新できる。客はゆっくり時間をかけて、カナビスの系統や品種に関する説明を読むことができる。ディスペンサリーで人と話さずにこの種の情報を得るのは、これまでは不可能だった。

もうひとつは、販売機なので人の体に触れることなく買い物ができるという点だ。同社は、新型コロナが流行している間は、臨時のアクリル遮蔽板を設置して、ソーシャルディスタンスの確保に務めている。

共同CEOのアイランド氏とエドワーズ氏は、将来的にモバイルアプリを立ち上げ、モバイル機器で情報を調べたり、注文ができるようにしたいと考えている。

現在、Greenstopは、ディスペンサリーとの共同ブランドでマシンを展開している。双方のブランドを表に出すことで、客には合法的な購入であるという安心感を与え、同時にGreenstopの知名度を高めることができる。

まずはロサンゼルスで力をつけ、その後、周辺地域に拡大させてゆく考えだ。いずれは、カリフォルニアと米国全土のディスペンサリーに導入されることを期待している。2人の共同CEOは、同社はディスペンサリーを経営しているわけではなく、販売用製品のメーカーであるため、他州に素早く移動できるのだと説明していた。

共同CEOのエドワーズ氏は、同社の製品は新型コロナウイルス禍の影響で注目度が高まっていると話す。「全国的にバテンダーと話をしなければカナビスが買えないことになっているので、多くの人がバテンダーと話さずに買えることを願っているのです」

彼は正しい。一部のディスペンサーでは、そのために長い行列ができてしまう。ソーシャルディスタンスが求められる中では、空間は大変に貴重だ。

新型コロナウイルスは、Greenstopに他にはない好機をもたらした。人々が感染蔓延に見舞われる中で、カナビスの人気は急上昇している。ソーシャルディスタンスは社会的な義務になりつつある。2020年のこの最悪の事態を少しだけ和らげようと、Greenstopの製品は作られ、次の展開を待ち構えている。

参考:Tech Crunch – Greenstopが大麻自動販売機をカリフォルニアの大麻販売薬局に設置

この自販機で大麻の品種について勉強したいナア

大麻堂オリジナルTシャツ No.318「DRINK DA! BONG WATER (ボングの水でも飲んでろ!)」
【PR】“ボングの水でも飲んでろ!”

「F x x K!」なみのパワーワードを、イラストとともにデザインしました。
大麻取締法をはじめとした、この世にあふれる むしゃくしゃに、怒りを込めて、メッセージをぶつけてほしい1枚です。






一発でノックアウト!? マイク・タイソンが”世界最凶”のマリファナを発売

2020年3月11日 水曜日

一発でノックアウト!? マイク・タイソンが”世界最凶”のマリファナを発売

 ボクシング界のレジェンド、元世界ヘビー級チャンピオンのマイク・タイソン氏が、マリファナ販売が合法化されたアメリカ・カリフォルニア州で大麻ビジネスに進出している件は、以前にお伝えした通りだ(「売り上げは月5,000万円以上! マイク・タイソンが大麻の売人に転身していた!!」)。

 そのタイソン氏が、新たな大麻ブランド「Undisputed87」を創設した。「Undisputed」はそのまま訳せば「議論の余地がない」という意味だが、ボクシング界では、複数あるボクシング団体のすべでてチャンピオンになっているボクサーを指す言葉だ。タイソン氏は1987年にわずか21歳で、WBA、WBC、IBFの3つの世界ヘビー級タイトルを獲得し、「Undisputed Champion」となっている。つまり「Undisputed87」のブランド名は、タイソン氏の輝かしい栄冠へのトリビュートなのである。

 そのUndisputed87ブランドの大麻を、タイソン氏は「この地球で一番凶悪なマリファナ」と称し、米ネバダ州ラスベガスにある世界最大級のマリファナ関連製品販売ストア「プラネット13」で販売を始めた。

 嗜好用マリファナの品質を測る尺度として用いられるのがTHC濃度だ。これはマリファナの「ハイ」になる成分であるTHC(テトラヒドロカンナビノール)が、重量当たりどれだけ含まれているかを示す数値だ。THC濃度が高いマリファナほど強力ということになり、酒類でいうところのアルコール度数のようなものだ。

 公式サイトによれば 、Undisputed87のTHCは25.23%。これは一般的なマリファナの2倍近い数値。現役時代のタイソン氏の右アッパーのように、強力なのだ。

 タイソン氏はカリフォルニア州に、 マリファナを大規模に栽培する「タイソン農場」を所有しており、今回の新たなビジネスは、その農場の経営会社と、タイソン氏の ビジネスパートナーであるロブ・ヒックマン氏によって立ち上げられた。

「Undisputed87は、マイクがベガスだけでなく 格闘技の世界に残した偉業に対する賛歌だ。だから、マリファナ販売ストアのプラネット13以上に、このブランドを始動するのにピッタリなところはないね。この独占的パートナーシップと、マイクをベガスに連れ戻せたことに、すごく興奮している」と、ヒックマン氏は述べている。

 プラネット13の販売・マーケティング部門担当 の副社長であるデビッド・ファリス氏も、Undisputed87との提携と、タイソン氏がラスベガスに戻ってきたことに喜びを隠さない 。

「わが社は、世界中から何万人もの観光客とマリファナ愛好家が集まる場所にある、世界で唯一の販売店です。それがプラネット13を、あらゆる大麻ブランドが名声を得るのにピッタリの場所にしているのです。わが社は、長年にわたりマイク・タイソンを応援してきました。彼がプラネット13を選んでくれて、本当に興奮しています」

 ネット上には、早くもUndisputed87を試したという人によるレビューが公開されているが、

「3.5グラムで69.26ドルはかなり高いけど、これだけ強烈ならコスパはいい」

「最初に使用する時は量に気をつけて。油断すると一発ノックアウトされてしまう」

などなど、評判は上々のよう。ボクシング引退後はお騒がせキャラとして世間に話題を振りまいていたタイソン氏だが、マリファナ業界でもレジェンドになる⁉


参考:
日刊サイゾー – 一発でノックアウト!? マイク・タイソンが”世界最凶”のマリファナを発売

Undisputed87のTHCは25.23%☆ 値段は日本の流通価格と比べたら大したことないよね~(自虐)
まともにガツンと一発、食らいたいナ~♪

ガラスバブラー「Snoop Dogg × POUNDS Lightship (スヌープドッグ×パウンズ ★ライトシップ)」
【PR】スヌープドッグ ブランドのガラスバブラーシリーズ
パウンズ 「ライトシップ」 発売!!






カルロス・サンタナ、大麻ビジネス参入を発表

2020年1月24日 金曜日

カルロス・サンタナ、大麻ビジネス参入を発表
「大麻は意識を新たな方向に覚醒してくれる窓、あるいは扉」と、ロックの殿堂入りアーティストが語る。

米グラミー賞に輝くこと通算10回、ロックの殿堂入りも果たしたギタリストが、オリジナルブランドの大麻およびCBD商品を立ち上げる。知名度を活かして大麻事業に乗り出す有名ミュージシャンの最新の事例だ。

ボブ・マーリーの遺産管理団体やグレイトフルデッドのドラマー、ミック・ハートの大麻ブランドを手がけた企業Left Coast Ventures社との提携によるものだが、サンタナ本人はもちろん、彼のラテンを効かせたブルージャムロックはもう何十年もマリファナ文化と密接に関わってきた。

「大麻はまったく違う意識の世界へ導く窓、あるいは扉なんだ」と、サンタナは声明を発表した。「大麻は、今までとは別の覚醒や癒しのフィルターを通して知覚する選択肢を与えてくれる。それを幻覚だというのは間違いだ。それでは本来の自分に近づくことができない。大麻のおかげで、喜びと共に生きる人生の真髄を知り、受け入れ、手に入れる境地に達することができる」

サンタナは長年大麻の合法化を擁護してきた。2009年にはAP通信との取材で当時のバラク・オバマ前大統領に対し、大麻を合法化してアメリカの教育費に充てるべきだと語った。

発表によると、サンタナ印の大麻製品はこの夏から、CBD商品は秋からカリフォルニアの販売所に並ぶ予定だ。具体的なブランド名などは明かされていないが、『ムーンフラワー』『スーパーナチュラル』『シャーマン』といったアルバムなど、候補はいくらでもありそうだ。「サンタナのようなダイナミックな伝説のミュージシャンと手を組むことができ、本当に光栄です。彼は音楽を通して何百万人もの人々に影響を与えてきました。大麻の未来を確立するという我が社の理念と情熱にも共感してくれています」と、Left Coast Vetures社のブレッド・カミングスCEOは声明を発表した。

サンタナ以外にも、近年多くのミュージシャンが人気急上昇の大麻ビジネスに乗り出している。ウィリー・ネルソンは2015年にWillie‘s Reserveを起業して自社ブランドをスタート。2018年にはカントリーシンガーのマーゴ・プライスと組んで、プライスのブランドAll American Madeも立ち上げた。スヌープ・ドッグは2015年にLeafs by Snoopという会社を興している。

参考:Rolling Stone 日本版 – カルロス・サンタナ、大麻ビジネス参入を発表

「大麻は、今までとは別の覚醒や癒しのフィルターを通して知覚する選択肢を与えてくれる。それを幻覚だというのは間違いだ。それでは本来の自分に近づくことができない。大麻のおかげで、喜びと共に生きる人生の真髄を知り、受け入れ、手に入れる境地に達することができる」
さすが 良いこというねぇ~♪

ニオイ漏れしない魔法の防臭・防水・防塵袋、ジップバック「健康野草茶」
【PR】ニオイ漏れしない魔法の袋に【日本語パッケージ】登場。
無添加100% 健康野草茶 袋そっくりの偽装タイプが新発売!

カンペキな防臭・防水・防砂機能を備え、再利用も可能な保存バッグです。