‘Know Marijuana’ カテゴリーのアーカイブ

カナダの11月失業率、1976年以降の最低に 大麻合法化が貢献

2018年12月8日 土曜日

カナダの11月失業率、1976年以降の最低に 大麻合法化が貢献
カナダ・オンタリオ州スミスフォールズにある大麻栽培農場(2016年12月5日撮影、資料写真)。(c)Lars Hagberg / AFP

【12月8日 AFP】カナダ統計局(Statistics Canada)は7日、同国の11月の失業率は前月比0.2ポイント減の5.6%となり、1976年以降の最低を記録したと発表した。大麻合法化が雇用の増加に大きく貢献した形。

 全国の雇用者数は同9万4000人増加。雇用の伸びは全土で見られたが、ケベック(Quebec)、アルバータ(Alberta)両州で特に大きかった。一方、東部の沿海州(Maritimes)の4州だけは横ばいだった。

 統計局によれば、つぼみの処理など大麻関連の就業者数は11月、前年同月比で266%増の1万400人に達した。

 カナダでは10月17日、娯楽目的での大麻使用が解禁され、まったく新しい産業が誕生。正規の大麻生産者の大部分がオンタリオ(Ontario)州に集中しており、関連の雇用も大半が同州で生まれている。

 大麻関連の就業者の賃金は時給29.58カナダドル(約2500円)で、全国平均の同27.03カナダドル(約2290円)をわずかに上回った。

参考:AFP BB News – カナダの11月失業率、1976年以降の最低に 大麻合法化が貢献

みんなで大麻収穫&トリミングしよーぜ~♪

プルオーバーパーカ No.297「Cannabis City Canada (カナビスシティカナダ)」
【PR】「カナビスシティ」
カナビス(大麻)が合法になったカナダをモチーフにしたパーカが登場!






フィリピン・ダバオの医療施設、医療大麻の特例使用法案の通過に期待

2018年12月6日 木曜日

フィリピン・ダバオの医療施設、医療大麻の特例使用法案の通過に期待


ダバオ市内にあるPhilippine Institute of Traditional and Alternative Health Care(PITAHC)では現在、医療大麻の利用についての調査研究が行われている。

PITAHCの局長であるAnnabelle Pabiona-De Guzman博士は、SM Lanang Premierにて開かれた記者会見の際、医療大麻を適切に利用することで、癌やてんかん、アルツハイマー病を持つ患者の痛みを和らげる効果があることが海外では証明されていると説明した。

Guzman博士は、フィリピン国内における医療大麻の特例使用の法案はすでに審査されていることを明らかにし、議会で可決されることを期待していると述べた。

さらに博士は、娯楽用大麻と医療大麻の違いについても説明し、前者は燃やした葉を、後者は大麻の種子より抽出したオイルを使用すると述べた。また、病気や苦痛で苦しむ市民を救うためにも、低温圧搾(コールドプレス)したシードオイルの使用を支持していることも発表した。

参考:DAVAWATCH – ダバオの医療施設、医療大麻の特例使用法案の通過に期待

シードオイル(麻の実油)は食用。医療用には向かないですよ~

Hemp Kitchen (ヘンプキッチン)「ORGANIC HEMP SEED OIL (有機 麻の実油) 230g」
【PR】【人気の麻の実フードが再入荷!】

有機栽培の麻の実からコールドプレス(低温圧搾法)で丁寧に作られた
高品質ベストセラーオイル!






マールボロが成長源模索、カナダの大麻業者クロノスへの出資で協議

2018年12月4日 火曜日

マールボロが成長源模索、カナダの大麻業者クロノスへの出資で協議

たばこメーカーの米アルトリア・グループは、喫煙率の低下を受け成長源を積極的に模索しており、大麻市場に参入する構えのようだ。

  「マールボロ」などたばこ製品を販売するアルトリアはカナダの大麻業者クロノス・グループへの出資の可能性について初期の交渉を行っている。クロノスが3日遅くに発表資料で確認した。クロノスの株価は発表を受けて時間外取引で一時9.2%上昇。ロイター通信が買収交渉について先に報じたことから、同社株は通常取引でも一時30%値上がりしていた。

  発表資料によると、クロノスは取引で合意しておらず、交渉が出資などの取引につながる保証はない。大麻業者の株式時価総額でカナダ4位のクロノスを買収すれば、アルトリアは急成長する大麻産業に進出する足掛かりを得ることになるほか、大手たばこメーカーによる同分野進出としては初の事例になる。

  5月に就任したハワード・ウィラード最高経営責任者(CEO)は、喫煙率の着実な低下を克服する方策を探している。事情に詳しい関係者1人が3日に語ったところによると、アルトリアは電子たばこメーカーのジュール・ラブズとの交渉は継続しているという。アルトリアの株価は年初来で20%強下落しているだけに、同社に新たな収益源の模索を求めるプレッシャーは強まっている。

原題:Altria Growth Quest Intensifies With Cronos Weed Talks (1)(抜粋)

参考:Bloomberg – アルトリアが成長源模索、カナダの大麻業者クロノスへの出資で協議

マールボロが成長源模索、カナダの大麻業者クロノスへの出資で協議

たばこメーカーは大麻分野に進出したほうがよい、というのは 合法化前から言われていたことですが、ようやくそれが現実になるのですね~♪ JTは何年後かしら??

グラインダー/クラッシャー「Kannastor GR8TR V2 (カナスター GR8TR V2)」
【PR】砕き具合の異なる2種類の歯、ステンレス製ファインメッシュ、保存ケースなど、
シュチュエーションに応じてパーツを組み替えて使える高品質グラインダー。