‘Know Marijuana’ カテゴリーのアーカイブ

大麻、少量所持の罰則ゆるむ 合法化には至らず、NY州議会

2019年6月22日 土曜日

大麻、少量所持の罰則ゆるむ 合法化には至らず、NY州議会
クオモ知事

 ニューヨーク州議会は21日までに、娯楽用大麻の所持に対する罰則をゆるめる法案を通過し、閉会した。各メディアが報じた。全面合法化には至らなかったものの、合法化に向けて大きく前進した。
 州は1977年、25グラム以下の少量の大麻所持を合法化。今回の法案では、1オンス(約28.3グラム)未満の大麻所持を罰金50ドル(約5370円)の違反とする。また、現在B級軽罪として「罪」となる1オンス以上2オンス(約56.7グラム)未満の大麻所持は、罰金200ドル(約2万1500円)以下の「違反」に。2オンス以上の所持は今後も「罪」として扱われ、公共の場での大麻吸引も変更はなく「違反」となる。医療用大麻は2014年に合法化されている。
 クオモ知事は17年、大麻を「ゲートウェードラッグ」と断じ、薬物依存へのきっかけになるとして合法化に反対していた。しかし知事は昨年姿勢を一転、大麻合法化を19年の最優先課題にすると表明していた。
 今回の法案成立の背景には、少量の大麻所持により逮捕や罰則の対象になるのが、白人に比べて黒人やヒスパニックに偏っているとの調査結果がある。ニューヨーク市ではマンハッタンとブルックリンの地区検事局は、大麻関連の逮捕者の大部分を起訴しない方針をとっている。

参考:Daily Sun New York – 大麻、少量所持の罰則ゆるむ 合法化には至らず、NY州議会

1オンスで50ドルの罰金かあ。1グラムあたり1.77ドル。
罰金というか、“税金”が掛かっていると考えると、合法化するより安いかも??

大麻堂オリジナルTシャツ No.308<br />
「TAIMADO Farms BLUEBERRY (大麻堂ファーム ブルーベリー)」 【マリファナ名品種】
【PR】スムース&アップリフティング!

大麻堂ファームの人気品種ブルーベリー 3.5グラム入りパッケージがTシャツになりました。






仏専門家、大麻合法化に「賛成」

2019年6月22日 土曜日

仏専門家、大麻合法化に「賛成」

仏首相府経済分析会議は20日、大麻(マリファナ)を合法化し、薬物密売対策費用を別の問題に向けるよう提言する報告書「いかに大麻管理を取り戻すか」を発表した。

報告書は50年にわたる仏政府の大麻栽培対策をまとめ、失敗に終わったと結論づけた。合法化のメリットには複数の論拠が挙げられた。まず、1グラム9ユーロに設定した場合、年間20億ユーロ(約2400億円)を超える収益が見込めるうえ、数万人の雇用が創出される。さらに報告書は、現在の大麻密売対策費用、年9億ユーロ強を個人に対する犯罪防止に向けることも可能だと強調する。

報告書では政府が独占的に大麻の栽培と流通に携わるよう推奨。フランスは西欧最大の大麻消費国で、2017年には人口5000万人のうち500万人が定期的に大麻を利用していた。

ボルヌ仏交通担当相はニュースを受けて、仏政府に娯楽用の大麻使用を合法化する方針はないが、医療用大麻の法的規制問題は検討する可能性があると述べた。EU加盟国ではドイツ、オランダ、イタリア、デンマーク、ポルトガル、オーストリアでこうした規則がある。現時点で大麻の完全合法化に踏み切った国はウルグアイとカナダの2国だ。

参考:Sputnik 日本 – 仏専門家、大麻合法化に「賛成」

「政府が独占的に大麻の栽培と流通に携わる」のはイヤだな~~

無漂白ペーパー「OCB Organic Hemp Papers (オーシービー オーガニックヘンプ)」★1 1/4サイズ
【PR】「OCBしか使わない」 というコアなファンまでついている
フランスの上質巻紙「オーシービー」にオーガニックヘンプ(大麻)・無漂白タイプが登場!






ボブ・マーリーも吸った幻の在来種大麻を現代に、ある研究者の挑戦 ジャマイカ

2019年6月22日 土曜日

ボブ・マーリーも吸った幻の在来種大麻を現代に、ある研究者の挑戦 ジャマイカ
ジャマイカの首都キングストンにある西インド諸島大学で、大麻を栽培するマシェル・エマニュエル博士(2019年5月18日撮影)

【6月22日 AFP】ラスタファリ(Rastafari)運動の提唱者やレゲエ・ミュージシャンのボブ・マーリー(Bob Marley)らが1970年代に吸っていた最高級のガンジャ(大麻)が味わえる?──誇り高い全てのガンジャ愛好家の夢が、園芸の才を持つ研究者の手によってジャマイカで再び現実となりつつある。

 マンゴーやライチといった熱帯の果実に囲まれた一画でマシェル・エマニュエル(Machel Emanuel)博士(35)が育てているのは、大麻だ。博士はジャマイカの首都キングストンにある西インド諸島大学(University of the West Indies)の屋外、温室、生物学科の植物園内の研究室で大麻を栽培している。

 エマニュエル博士の研究対象は、かつてジャマイカに自生していたが、人為的に処分されたために姿を消してしまった在来種の大麻だ。「1950年代、60年代、70年代、ジャマイカの在来種の大麻は世界的に有名だった」。ドレッドヘアを背中まで伸ばしたエマニュエル博士は、そう語る。

 在来種はジャマイカの環境に適応する過程で、「花、香り、風味、そして(大麻を使用する人たちにもたらす)陶酔感において独特の特徴を備えていった」という。

 有名なレゲエバンド「ザ・ウェイラーズ(The Wailers)」のオリジナルメンバーであるマーリー、ピーター・トッシュ(Peter Tosh)、バニー・ウェイラー(Bunny Wailer)が使用していたのは在来種の大麻だったと、博士は、小さなエデンの園(Garden of Eden)、ラスタ用語で言えば「ジャー(Jah、「神」の意味)」の庭の中で請け合った。

 エマニュエル博士いわく、レゲエ界のレジェンドたちが吸っていたガンジャは、人工栽培された現代の大麻に比べると、主要な精神活性成分のテトラヒドロカンナビノール(THC)の含有量が少なく、効き目はもっと穏やかだった。だが、1980年代に米国が麻薬撲滅戦争に乗り出すと、背が高い在来種の株は目立ちやすいために引き抜かれ、以来、栽培されなくなった。そうして時がたつにつれ、背の低い交配種が在来種に置き換わっていった。

■原産種の大麻の種子を求めてラスタファリアンたちを探し歩く

 カリブ海のドミニカ共和国出身のエマニュエル博士は、2001年から大麻の栽培を始め、研究を深めるために2007年にジャマイカに移って来た。生物学で博士号を取得し、園芸学と植物の気候への適応を専門としている。大麻の愛好家でもある博士は──吸うのではなく、蒸気吸引やアロマテラピーで使用するという──失われたジャマイカの大麻の在来種を自分の研究室でよみがえらせることを決意した。

 この試みは容易ではなかった。ジャマイカ原産の大麻の種子は、長年の間にカリブ海の隅々でしか見られなくなっていた。博士はドミニカ、仏海外県グアドループ(Guadeloupe)、トリニダード・トバゴといった国々をめぐり、地方に暮らしながら今もジャマイカ原産種を育てているラスタファリアンたちを探し歩いた。

 そうしてついに、「40年間、文明と一切接触せずに」暮らしてきたラスタファリアンの男性を見つけた。その場所にたどり着くために「山の中を6時間」歩いたが、帰る際には、希少なジャマイカ在来種の種を手にしていた。

 エマニュエル博士が研究を行っているのは、園芸学への愛からだけではない。研究と同時に、ジャマイカ在来種の大麻を広めるための販売計画も練ってきた。

■生産者にフェアトレードの条件を、それがラスタファリ思想

 宣伝では、古来からの「純粋な」品種であること、マーリーが使用していたことなどをうたっている。カナダや米国の一部の州など、大麻の使用が合法化されている国や地域の愛好家にアピールするためだ。

「マーケティングとしても、ノスタルジックな付加価値を与えることができる」と博士は言う。「ジャマイカを有名にしたのは、基本的にこの植物だから」

 ジャマイカは「フランスのシャンパンのように」、大麻の原産地としての地位を確立する上で世界をリードしていると博士は語る。在来種の風味の良い香りに引かれ、すでに企業や個人からも問い合わせが相次いでいるという。

 ラスタファリ思想に従って博士が求めるのは、発展途上国の生産者たちにとってより公平な「フェアトレード(公正取引)」の条件だ。博士は自らが育てるガンジャの「ナチュラルさ」を強調し、「今の消費者が商品を応援しようとするときに参考にするのは、栽培過程における倫理性や、きちんとした手順、有機栽培、完全菜食主義に基づいて作られているかどうかだ」と述べた。

 エマニュエル博士は最後にジョークで宣伝を締めくくった。「幸せはお金では買えないが、大麻はお金で買える」

参考:AFP BB News – ボブ・マーリーも吸った幻の在来種大麻を現代に、ある研究者の挑戦 ジャマイカ

やりがいのある研究っすね~☆
ジャマイカ在来種、ぜひ試してみたい! ジュル♪

大麻堂オリジナルTシャツ No.299「natural collie (ナチュラルコリー)」
【PR】“マリファナ”を意味するジャマイカのスラングを
フロントに さりげなくデザインした「ナチュラル コリー」Tシャツ