★新着商品情報★

2017年9月21日

ガラスブラントバブラー (タバコ用水パイプ、ジョイントバブラー)

手巻きタバコの煙を水冷して、スムースに喫煙できる
ガラスバブラー(水パイプ)です。

価格、使い方、他の写真は詳細ページをご覧ください➡http://www.taimado.com/onlinestore2/products/detail.php?product_id=7429


 

シリコンブラントバブラー (タバコ用水パイプ、ジョイントバブラー)

こちらは、かわいいシリコンバージョン☆

価格、使い方、他の写真は詳細ページをご覧ください➡http://www.taimado.com/onlinestore2/products/detail.php?product_id=7426


 

T-Shirt “チャッカーズコラボ LEGALIZE (リガライズ / 大麻合法化)

出ました!!
一回聴けば忘れられない キャッチーな歌にやられちゃった人が続出!
匿名スーパーバンド “チャッカーズ”の公式Tシャツが登場!!!

浅草をベースに国内外で活動する絵描き ESOW (エソウ)が手がけた チャッカーズCD 日本解放最前線のイラスト画に「LEGALIZE / リガライズ、大麻合法化」のワンメッセージをセットしました!

チャッカーズCD、インセンス(お香)も発売中♪

価格、他の写真は詳細ページをご覧ください➡http://www.taimado.com/onlinestore2/products/detail.php?product_id=7428


 

ジャーニー3レプリカ

シンプルデザイン&ハンディサイズ、スクリーン不要のマグネットパイプ「ジャーニー3」のレプリカ品、再入荷!

レプリカといっても構造は本家と全く一緒!親指一本でフタの開閉ができる操作性のよさとお手入れ楽々のシンプル構造が特徴です。

ジャーニーシリーズを体験してみたい方やお手頃のパイプを探している方、ぜひお試しあれ☆
コストパフォーマンス抜群のパイプです。

価格、他の写真は詳細ページをご覧ください➡http://www.taimado.com/onlinestore2/products/detail.php?product_id=7339


 







ハワイ 医療大麻購入時の現金取引を禁止

2017年9月20日

ハワイ 医療大麻購入時の現金取引を禁止

ハワイ州当局は、州内の医療大麻薬局で販売されている医療大麻の売買に関し、現金取引を禁止すると発表した。現金取引が禁止された場合、ハワイ州は全米で初めて医療大麻の取引を現金以外の方法で行う州となる。

当局では今回、州内で医療大麻を合法的に売買する際、デビットカード口座と連携しているアプリ「CanPay」による支払いのみを受け付けるとしており、10月1日より、医療大麻が現金で購入できなくなるとみられている。

州当局は医療大麻の現金取り扱いを制限する理由として、医療大麻薬局などでの窃盗事件などを防ぐためとしている。

参考:
アロハストリート – 医療大麻購入時の現金取引を禁止
HAWAII NEWS NOW – Hawaii says its 1st state to go cashless for marijuana sales

いっそ物々交換とか、どお?

メタルパイプ「Genius Pipe Light (ジーニアスパイプ ライト)」
【PR】2000の渦が発生して、煙を冷却!

タフで薄型 高機能メタルパイプ 「ジーニアスパイプ」に
火皿カバーが無い「ライト」新登場!







大麻解禁のカリフォルニア州「ロボットでの配達」は禁止に

2017年9月19日

大麻解禁のカリフォルニア州「ロボットでの配達」は禁止に

嗜好用の大麻の販売が来年から解禁される米カリフォルニア州で、新たな規制法案が持ち上がった。ニュースメディアArs Technicaの報道によると、当局はドローンや宅配ロボットを使用して、大麻を消費者に届ける行為を禁止しようとしている。

当局が示すガイドラインでは大麻の輸送を行えるのは人間のみとされ、航空機や水上ボート、鉄道やドローン、自動運転車を用いた運搬は禁止されている。さらに「自動車を用いて個別の顧客に届けることは許されるが、その際は大麻が公衆の目にふれない状態に保つことが求められる」との規定もある。

また、大麻を配達する車両にはGPS機能の搭載が必須で、販売業者らは車両の位置を常に把握しておくことが求められている。嗜好用大麻の解禁が来年に迫るなか、当局は関連する法の整備を重要課題に位置づけて草案を練ってきた。

カリフォルニア州では2018年1月2日から、嗜好用大麻販売業者らへのライセンス発行が始まり、世界最大の大麻市場となることが期待されている。

解禁日が近づくにつれ、規制当局は自動運転車の利用用途の拡大を目指すグーグルやアマゾンなどの大手テック企業も含め、様々な企業からの問い合わせを受けるはずだ。しかし、州は大麻ビジネスに関しては比較的保守的なスタンスをとっており、連邦航空局(FAA)のドローン規制から考えても、大麻の配達にドローンが用いられることはないだろう。少なくとも当面の間は。

参考:Fobes Japan – 大麻解禁のカリフォルニア州「ロボットでの配達」は禁止に

少なくとも当面の間は。 笑

大麻堂オリジナルTシャツ No.286チャッカーズコラボ 「LEGALIZE (リガライズ / 大麻合法化)」
【PR】一回聴けば忘れられない キャッチーな歌にやられちゃった人が続出!
匿名スーパーバンド “チャッカーズ”の公式Tシャツが登場。