2021年3月 のアーカイブ

タイ・タバコ専売公社が大麻を栽培、抽出物を製造

2021年3月24日 水曜日

タイ・タバコ専売公社が大麻を栽培、抽出物を製造

タイ・タバコ専売公社(The Tobacco Authority of Thailand)は政府薬務機関と協力して、医療目的のために大麻と大麻の抽出物を製造することになりました。

サンティ・プロームパット(สันติ พร้อมพัฒน์)財務副大臣によるとタイ・タバコ専売公社は、医薬品やその他の製品に使用するための抽出物を製造するための大麻を供給するために、製薬機構と提携するよう指示されているといいます。

この提携は、タイ・タバコ専売公社がたばこ葉の購入を減らしたため、收入が減少したたばこ農家の収入を増やすことを目的としています。

財務副大臣によると以前は年間3,000万キログラムだったという、タイ・タバコ専売公社が農家から購入するタバコ葉は、現在は年間1,300万キログラム減少しています。しかし大麻の規制緩和が進んだことで、たばこ農家がたばこ栽培から大麻栽培にシフトすることで、より多くの收入を得られるようになったとのこと。調査によると、現在大麻の生産による1ライあたりの収入は平均15万バーツで、タバコの生産による1ライあたりの収入2万3,000バーツをはるかに上回っているといいます。

タイ・タバコ専売公社パヌポール・ラッタナカンジャナパトラ総裁は3月初め、医療や化粧品に使用できる大麻を栽培・生産する権限をタイ・タバコ専売公社に与えるための省令を起草していると述べています。

参考:タイランドハイパーリンクス – タイ・タバコ専売公社が大麻を栽培、抽出物を製造

JTの未来がここにある☆

エアーフレッシュナー「TAIMADO エアフレッシュナー チルアウトシリーズ」
【PR】大麻堂オリジナルエアーフレッシュナー誕生!
車内、部屋、靴箱やクローゼットに吊るしてご利用ください。

4デザイン。吊り下げタイプ。






次世代のビールになるか!?リラックス効果が期待される大麻草成分CBD入りビールを飲み比べてみた

2021年3月16日 火曜日

次世代のビールになるか!?リラックス効果が期待される大麻草成分CBD入りビールを飲み比べてみた
WCBのセッションIPA「Green Light」500ml×4本で4,100円。CBD含有量15mg。アルコール度4.5%

CBDをご存知? 大麻草に含まれるカンナビジオールという成分の略だが、CBDオイル、CBDドリンク、CBDパイプなどなど、すでに健康業界、美容業界では大注目されている夢の合法成分なのだとか。そのCBDを配合したビールが昨年から日本で発売されている。飲み比べてみた。

リラックス効果が期待されるCBD

あらためて、CBDとは大麻の種子や茎から週絀される大麻草特有の成分カンナビジオールのこと。日本では大麻の葉や花、根からの抽出物の利用は違法だが、種と茎は規制から外れている。医療用大麻やマリファナにはハイな気分にさせるTHCという成分が含まれ、それが日本では御法度なのだが、CBDにはそれが含まれていない。

CBDにはリラックス効果があるとされ、ストレス解消、疲労回復、安眠効果、集中力アップなどのさまざまな効果が期待されている。記者はCBD入りビールを見るまでCBD自体を知らなかったのだが、CBDを検索するとCBDオイル、リキッド、ワックス、ドリンク類などがワッとヒットし、すでに市場が形成されていることを知った。

後に残るちょっとした苦みがCBDの味? 

この記事を書いている3月12日現在、手に入る日本のCBDビール3種類を飲み比べてみた。

昨年11月、日本初となるCBDビール「 Wink CBD CRAFT ALE」を発売したのはクラフトビール界の老舗アウグスビール。

11月6日に発売以降、売り上げは好調。アウグスビール代表の坂本健二さんによると、「夢の次世代ビール」を実感していると好評を得ているとのこと。

液色は若干にごりがあり、一瞬、ベルジャンホワイト系? と思わせる。柑橘系のフレーバーを感じるが、後味にちょっとした苦みが残り、グレープフルーツ系? と思わせる。アウグスビール坂本さんによると、「その後味の苦みがCBDの味です。原料は、表示の通り、麦芽、ホップ、カンナビジオール・オイルのみです」ということで、柑橘系の副原料など入っていなかった。

「Wink CBD CRAFT ALE」に含まれるCBDは10mg。諸説あるようだが、1日の最適摂取量が10mgだという。

ちなみに日本の国税庁はCBDをビールの副原料として認めていないため、1%以上含有した場合、ラベル表記は「発泡酒」になる。逆に言うと、CBD配合で「ビール」表記されているものはCBD含有量が1%未満となる。

ビール原料のホップはCBDの原料である麻(ヘンプ)と同じアサ科に分類される植物である。その点からもCBDとビールの相性はいいようだ。

「私はお酒を飲むときは舌下にCBDオイルを吸収させています」と話す坂本さん。アルコールも適量飲めばリラックス効果があることは認められている。ビールとCBDの相乗効果で、より高いリラックス効果が期待できるという。

次に、昨年12月に発売された、LD&Kの「CBDビール#chill&relax」を飲んだ。

LD&Kは渋谷を中心に展開する宇田川カフェを運営する。2015年には、マカとグレープフルーツを配合したビール「シブヤビール」を発売している。醸造は「フルーツビールに定評があり、前例のないビールにも挑戦していただけるブルワリー」(LD&K佐々木祐穂さん)として、サンクトガーレン(神奈川県)に依頼。今回の「CBDビール#chill&relax」もサンクトガーレンが醸造している。

こちらは副原料にレモンが入ってフルーティー。アルコール度は7%と高めながら、それを感じさせないドリンカブルな1本。こちらも後味に苦みが残る。これがCBDの味か。

最後に、2月後半に発売された静岡県のクラフトブルワリーWCB(ウエストコーストブルーイング)のビール。IPAの「Starwatcher CBD(スターウォッチャー・シー・ビー・ディー)」と、セッションIPAの「Green Light(グリーン・ライト)」の2種類がある。「Starwatcher CBD」は3月2日に一般向けのプレスリリースが配信されるや注文が殺到し、2500缶が完売。そのため記者も飲みそこね、「Green Light」のみ試飲した。

WCBはIPA好きには知られたブルワリーだが、「Green Light」もひと口目からホップの香りがグッとくる。そのホップの香りと苦みにマスキングされるのか、前2つのビールに感じられた後味の苦みはあまり感じない。セッションIPAらしく軽めの後味だった。

WCB代表のバストン・デレックさんはCBDビールの製造について、「CBD単体で買い求めなくても、好きなビールといっしょに摂取できればこんなにいいことはないだろうと思って手がけました。CBDビールの需要が極端に広まることはないと思いますが、今後、日本でCBDの認知が高まるにつれて需要も伸びるだろうと思います」と話す。

早々に完売したIPAは4月中旬に販売が再開される予定。今後、定番化をめざしていくと言う。

さてCBDビールを3本飲んでみて、ふだんのビールと比べて、特に気分がリラックスしたとか眠くなったとか寝つきがよかったという印象はない。これについてはアウグスビールの坂本さんから「ふだんと変わらないということは、健康な証拠だと思います」というコメントをいただいた。

ふだん飲みするには値が張るが、最近ストレスが溜まっているとか、熟睡感が得られないとか、イライラするなんていうときは、いつもの1本をCBD配合ビールに代え、ゆるゆる飲むといいかもしれない。その意味では冷蔵庫に2〜3本、ストックしておくと安心なビールだと思う。

参考:@DIME – 次世代のビールになるか!?リラックス効果が期待される大麻草成分CBD入りビールを飲み比べてみた

日本全国、近所の酒屋や居酒屋・コンビニでCBDビールが楽しめる日も遠くない♪

でも「CBDビールを3本飲んでみて、ふだんのビールと比べて、特に気分がリラックスしたとか眠くなったとか寝つきがよかったという印象はない。」「ふだんと変わらない」んじゃ ちょっとね・・・w
茎じゃなく、花穂(フラワー、バッズ)からとったCBDが早く使用OKになりますよーに。

長袖Tシャツ「POT HEAD 3rd edition (ポットヘッド サード)」
【PR】人気デザイン「ポットヘッド(大麻 頭)」に第3弾 登場!

髪型がバッズ(大麻の花穂部分)になった女性をフロントに大きくデザインしました。
バッズの細部を細かく見てみると、数多くのマリファナモチーフやジョイントなどがコラージュされています。






バンコクで大麻イベント「ガンジャ & TTM インザシティ」開催

2021年3月16日 火曜日

バンコクで大麻イベント「ガンジャ & TTM インザシティ」開催

バンコク郊外のショッピングセンター・パラダイスパーク(Paradise Park)で2021年3月17日から21日まで、大麻イベント「ガンジャ & TTM インザシティ(Ganja & TTM In the City)」が開催されます。

タイでは2018年末に東南アジアで初めて医療大麻が合法化。今では規制緩和が進み、各地に大麻クリニックが開設され、大麻を使った料理の提供をするレストランも増加しています。

そんな中、バンコク郊外のショッピングセンター・パラダイスパークで開催される「ガンジャ & TTM インザシティ(Ganja & TTM In the City)」では、大麻の合法的な使用方法を体験でき、医療大麻について学べ、大麻料理を味わえます。さらに大麻オイル造りなどのワークショップも開催されるとのことです。

参考:タイランドハイパーリンクス – バンコク大麻イベント
ガンジャ&TTM インザシティ

Ganja & TTM In the City

ワークショップ、いいっすね~☆

Manastash (マナスタッシュ)「ヘンプ混ブーニー」 [7109039]
【PR】ヘンプウエアブランド マナスタッシュからヘンプ混コットンボディを使用したブーニーハットが登場。
柄テープがデザインアクセントになっています。フリーサイズ、アジャスターつき。