‘Know Marijuana’ カテゴリーのアーカイブ

大麻取締法に「使用罪」創設へ 法改正の準備進める方針 厚労省

2021年5月14日 金曜日

大麻取締法に「使用罪」創設へ 法改正の準備進める方針 厚労省

大麻の乱用が若者を中心に深刻化する中、厚生労働省は、法律ですでに禁止されている所持や栽培などに加え、使用そのものを規制する「使用罪」を創設することを決めました。

警察庁によりますと、去年1年間に、大麻を所持したなどとして検挙された人は、全国で合わせて5034人と、4年連続で過去最多を更新し、20代以下が7割近くを占めています。

厚生労働省は14日、有識者会議を開き、すでに大麻取締法で禁止している所持や栽培などに加え、使用そのものを規制する「使用罪」を創設して罰則を設ける方針を示しました。

委員からは「薬物を使用した人や家族が相談できない状況がさらに強まり、犯罪者とされる人の数だけが増えてしまう懸念がある」などと、使用罪の創設に反対する意見が聞かれた一方、「使用を禁止しない合理的な理由がない」などと支持する意見が多く聞かれました。

これを受け、厚生労働省は来月、有識者会議で報告書を取りまとめ、使用罪の創設に向けて法改正の準備を進める方針です。

また、現在、規制の対象になっている、大麻草を原料にした医薬品については、国内での使用や製造・販売などを認める方針を明らかにしました。

参考:NHK – 大麻取締法に「使用罪」創設へ 法改正の準備進める方針 厚労省

大麻草を原料にした医薬品を認める代わりに、やっぱり使用罪ですか。
世界的な大麻解禁の流れに、厳罰派も必死な様です。
一方で、逮捕された7割が20代以下と、若年層の大麻理解が進んできているのも明らか。
合法化こそが皆ハッピーになる手立てだと気づいてもらえるように、まだまだここからー★

無漂白ペーパー「RAW Classic Challenge (ロウ・クラシック)」 コーンタイプ ★チャレンジサイズ
【PR】挑戦者 求ム!
全長60センチのクレイジーペーパー!

中にタバコを詰めるだけですぐに喫煙できる!
コーンタイプの巻紙に、人気のRAWクラシック チャレンジサイズが登場!






ニューメキシコ州で嗜好品としての大麻利用が合法化

2021年4月16日 金曜日

ニューメキシコ州で嗜好品としての大麻利用が合法化

米ニューヨーク州、ヴァージニア州とその他14州に次いで大麻が解禁された。ニューメキシコ州知事のミシェル・ルーハーン・グリシャムは米現地時間2021年4月12日、同州を大麻の娯楽目的での使用を認める17番目の週にする法律に署名した。

グリシャム州知事は2021年3月から大麻の使用に関する法律の議会通過を肯定しており、今回署名を行ったことでそれが公式のものとなった。州知事は自身のオフィシャルTwitterにて「今回の法律制定は私たちの州にとって極めて大きな一歩となります。大麻の嗜好品としての使用を合法化したことにより、雇用や経済、私たちの将来に関するニューメキシコ州への見方が良いものに変わっていくことでしょう」と投稿した。

3月末にニューメキシコ州が大麻合法化法案を認めたほんの数時間前には、ニューヨーク州知事のアンドリュー・クオモが同州での大麻の合法化に署名した。この2州がわずか24時間のうちに同様の大麻合法化を認めたことは、全米において極めて早いペースで大麻解禁の動きが進んでいることの証だろう。

ニューヨーク州の場合と同様に、ニューメキシコ州における今回の法案にも、過去に軽微な犯罪で有罪判決を受けた者の犯罪歴を抹消するという修復的司法としての特徴がある。それに加え、ニューメキシコ州の複雑な歴史的背景を考慮に入れた上で、同州の労働市場における多様性を促進するという点においても法案の提唱者たちを満足させるものだった。

ニューメキシコ州のドラッグ・ポリシー・アライアンスに所属するエミリー・カルテンバックは、今月初めにローリングストーン誌に「ニューメキシコにはアセキアと呼ばれる古来から続く独特の土地や、その他にも様々な歴史的なコミュニティが存在しています」、「ニューメキシコは他の多くの州と同様に、大麻による不当な逮捕を多く経験してきました。今回の法案でニューメキシコにおける生活は、過去の不当な犯罪歴の抹消という点だけでなく、産業における平等性や大麻使用者の保護という点においても良い変化を遂げることでしょう」と語った。

今回の大麻合法化法案では、21歳以上の成人に2オンスまでの大麻所持、6鉢まで自宅での大麻栽培を認めるというものだ。ニューヨーク州と異なる点は、地方自治体も大麻の販売を行うということ。ニューメキシコでの公式の大麻販売は2022年の4月1日からを予定している。

クオモ州知事が大麻合法化・税収化法案に署名したことで、ニューヨーク州は全米で15番目の大麻認可州となった。そしてニューメキシコが16番目になるかと思われたが、グリシャム州知事が署名をするほんの少し前にヴァージニア州で大麻が合法化された。

ヴァージニア州では今年の初めにすでに法案が議会を通過していたが、実際に施行されるのは2024年以降となる予定だった。しかし先月末、ヴァージニア州知事のラルフ・ノーザムは、今年の7月1日までに同州内での大麻の使用を合法化することを宣言した。ヴァージニア州議会議員たちは、同州を16番目の大麻合法化州とするためだけに新たな法案に賛成したようだ。その結果として4月12日、ニューメキシコ州は17番目の大麻合法化州となった。

From:New Mexico Has Now Officially Legalized Marijuana for Recreational Use

参考:Rolling Stone – ニューメキシコ州で嗜好品としての大麻利用が合法化

「大麻の嗜好品としての使用を合法化したことにより、雇用や経済、私たちの将来に関するニューメキシコ州への見方が良いものに変わっていくことでしょう」
州知事のコメントがいいっすね~♪

灰皿「Fujima フジマ マンチーズドーナッツ灰皿」
【PR】カラフルなチョコレートコーティングのドーナッツをかたどったポリレジン製の灰皿です。
上部の傘部分が灰皿になっています。

小物入れにもナイスなデザインです!






米ミシガン州の大学、大麻化学を学ぶ学生に奨学金提供

2021年4月9日 金曜日

米ミシガン州の大学、大麻化学を学ぶ学生に奨学金提供
米ミシガン州のレイクスーペリア州立大学(LSSU)の大麻研究施設/From Lake Superior State University

(CNN) 全米で初めて大麻化学の専攻科を新設した米ミシガン州のレイクスーペリア州立大学(LSSU)で、大麻化学を学ぶ学生が奨学金を受給できることになった。

初の大麻化学奨学金は、同州ヘイズパークにある大麻研究施設のステッドファスト・ラボが提供。LSSUで大麻化学の学位取得を目指す学生に、年間1200ドル(約13万円)を給付する。

「教育は、この業界の安全性や完全性の水準を引き上げるための鍵を握る」。同研究所のエイブラム・ザレン最高経営責任者(CEO)はCNNにそう語った。

奨学金を申し込むことができるのは2年生以上で成績平均値(GPA)3.0以上の学生。同研究所のあるデトロイト圏の学生が優先される。

LSSUが2019年に大麻化学の専攻科を創設して以来、同科の入学者数は急増しているという。

2020年2月には大麻化学施設が開設され、学生たちは代理植物ではなく「バッズ」と呼ばれる本物の大麻の花穂(かすい)部分を扱えるようになった。「教育現場における規制対象物の限定的な利用については、法律で定められた条件を完全順守する」と同大は強調している。ミシガン州では娯楽用と医療用のマリフアナが合法化されている。

LSSUは大麻化学の専攻科を米国内で先駆けて設立しているが、ここ数年はマリフアナに関する講座を開講する大学も全米で増えている。

大麻業界では2022年までに50万以上の雇用が創出されると同大は予想。大麻化学の学位を取得した学生は、法執行機関の科学者や公衆衛生・安全規制管理といった新興の大麻市場に就職できるとしている。

参考:CNN.co.jp – 米ミシガン州の大学、大麻化学を学ぶ学生に奨学金提供

少年よ大麻を抱け。ってね。

デジタルスケール(計り)「CD Scale Death Row Records Doggy Style (CDケース型スケール ★デスロウレコード ドギースタイル)」
【PR】0.1g~500gまで計測できるデジタルスケールです。
光る液晶で暗いところでも使用できます。自動電源OFF機能つき。